コラボレーション
Slack お役立ち情報

スレッドを最大限に活用する

チームの会話をわかりやすく整理するためのアイデア

Slack チーム一同作成2019年9月18日イラスト: PeteRyan

フォーラムやプラットフォームでは、多くの人がスレッド形式での会話に慣れ親しんでいるようですが、Slack を使った皆さんの仕事のやり方が少し変化するかもしれません。

Slack のスレッドは、特定のメッセージに関するディスカッションをすっきりさせます。ファイルに関するフィードバックを伝えたり、他のメンバーの見解にコンテキストを加えたいような場合、これはスレッドを開始するのに最適なタイミングであり、またスレッドが役に立つケースを示す例でもあります。Slack 社内でスレッドを活用して会話をスムーズに進めている多数の方法をご紹介します。

スレッドを使うケースとチャンネルを使い続けるケース

誰かにコメントするときに、チャンネル内の新しいメッセージを使用するか、スレッドを開始するか迷ったら、次の点を考えてみましょう。

  • 現在このチャンネルは頻繁に使用されている?現在アクティブな会話が進行中?
  • このチャンネルを見ている人は何人?自分のコメントは全員に関係する?
  • メッセージへの自分のコメントは具体性がある?

何百人ものメンバーが参加する活発な Slack チャンネルでは、メインチャンネルの会話の代わりにスレッドで議論を深める方がマナーが良く、多くの人を煩わすこともないため、スレッドが使われています。また、特定のトピックや投稿に関する議論を深めたい時は、チャンネルをメッセージで埋めつくす代わりに、スレッドを使う傾向があります。

スレッドにはさらに、フォローアップの質問や回答にダイレクトメッセージを使わなくてよくなるというメリットもあります。代わりに、関連する質問はパブリックチャンネル内のスレッドで行われ、パブリックチャンネル内では検索により詳細を確認できます。

スレッドの 3 つのメリット

それでは本題に入りましょう。スレッドがチームのコミュニケーションにどのように役立つかいくつかご紹介します。

1.リアルタイムでなくてもよい

活発なチャンネルでは、会話が先に進んだ後で数時間前のメッセージに返信するのが難しいこともあります。スレッドを使えば、以前のメッセージに応答を簡単に結びつけることも、現在の会話を邪魔せずに他のメンバーに回答することもできます。その場合、古いメッセージへの回答であることを該当メンバーに知らせるために、返信で @ユーザー名 を使ってそのメンバーをメンションするようにしましょう。

2.すっきりとしたわかりやすい場所

大規模な組織の多くは、指導者的なメンバーが更新情報を定期的に投稿する、社内通知のための系統立ったチャンネルを持っています。こうした通知は全員が確認すべき重要な情報なので、通常このようなチャンネルには、情報が埋もれてしまわないように、投稿できる人を決めるルールとチャンネル内の会話を制限するガイドラインを設けます。

スレッドが役立つのは、例えば人事チームが来年の新しい医療保険の補償についてのリンクを投稿する時などです。スタッフがスレッドで質問できるようにしておけば、チャンネル内の他の通知を邪魔せずに済みます。

3.ロボットを交えて会話する

以前の記事に従って、チャンネルを使ってアプリの自動メッセージを整理すると、誰かがコードを更新した時の Github チェックインや会社のアカウントに送られたツイートだけでチャンネルがいっぱいになることがあります。今までは、このような自動生成されたチャンネルを使うチームの多くは、特定のメッセージに関する会話を別の場所で行う傾向がありましたが、スレッドを使えば、チャンネルの流れを中断したり混乱を招いたりせずに、ディスカッションと成果物を直接結びつけることができます。

Start a thread from an automated message in Slack

話し合いの拡張と公開

スレッドの中でも特に便利な機能は、メッセージを元のチャンネルにブロードキャストするチェックボックスオプションです。

Send a message from a thread into a Slack channel

この機能を使って、特にチーム全体に影響する会話の決定事項を公開できます。この機能を使わないと、チームの半分のメンバーが次回のミーティングの日程を変更しても、残りの半分はそれに気づかないという事態を招くおそれがあります。しかし、チャンネルに日程の変更をブロードキャストすれば、チームのメンバー全員にそのことが伝わり、必要に応じて調整できます。

予想外の使い方

私たちが考えていなかったスレッドの便利な使い方もいくつか見つかっています。その一つが「ネタばれ注意」。ドラマの最終回、試合結果、パズルの答えをチャンネル全体に知らせないように、スレッドを使って解決するやり方です。例えば、あるメンバーが 「#テレビ」 に「みんなシャーロックの最終回見た?ネタばれ有り!」というメッセージを投稿すると、その後のスレッドをこの投稿への返信として整理し、さらに他のメンバーにドラマを見終わるまでこのスレッドをスキップするように警告することもできます。

また、スレッドは簡潔さも強化しました。例えば Slack 社内の 「#released」 チャンネルは、製品チームがソフトウェア更新を全社に通知するチャンネルです。ざっと目を通すだけで更新を簡単に把握できるように、更新通知の投稿では基本的な事実だけを簡潔に書き、各通知にぶら下がるスレッドで最初のレスポンスとして詳しい情報を記載しています。さらに詳しい説明や議論はスレッドの中で続けるようにしています。

Add details in the thread

皆さんのチームはスレッドやワークフローをどのように使っていますか?@slackhq にツイートして皆さんのアイデアを教えてください。

この記事はお役に立ちましたか?

0/600

助かります!

ご意見ありがとうございました!

了解です!

ご意見ありがとうございました!

うーん、システムがなにか不具合を起こしてるみたいです。後でもう一度お試しください。

読み進める

仕事効率化

本当の「働き方改革」をするために、従業員に問うべき 3 つの視点

自社の従業員は「理想の働き方」を語れますか?そして企業は従業員の理想を把握していますか?

コラボレーション

テレワーク管理の不安を解消!シンプルな 4 つのステップ

「適した仕事がない」「進捗管理が不安」「チームのつながりが希薄に」などをさくっと解決

コラボレーション

Chief Product Officer の Tamar Yehoshua が紹介する、Slack での Slack の使い方

先の見えない時代に改めて目を向けたい、スピード感とチャンネルにできること

仕事効率化

最新の Slack 探検ガイドツアー

シニアライター Matt Haughey が案内する、最新の Slack デスクトップアプリの機能と変更点