生産性

Google カレンダーのリマインダー機能が Slack で利用可能に

プロジェクトやイベントをチームで管理し、最新情報を常に把握するための新しい方法

Slack チーム一同作成2015年7月23日

Slack ユーザーの皆さまなら、物事をよく整理し、変化に敏感で、チームとうまく連携していることでしょう。でも、時には、何かの拍子にミーティングを忘れてしまうこともあります。あるいは、ミーティングの場所がわからなかったり、時間の変更に気づかなかったりして、一日の時間を無駄にしてしまった、ということがあるのではないでしょうか。そのような失敗は、もうすぐ過去のものになります。

新たな Slack と Google カレンダーの連携機能により、どのカレンダーからでも(複数の Google アカウントからでも)任意のチャンネルにメッセージを送信できるようになります。自分自身にも、@slackbot により非公開のメッセージが届くよう設定できます。これにより、イベント前のカスタムリマインダーを設定したり、毎朝、日々のダイジェストを受け取ったり、好きな曜日や時間に週間ダイジェストを受け取ったりできます。

使用例

  • マーケティングチームでカレンダーを共有している場合は、毎週の進捗ミーティングの 15 分前に、#marketing チャンネルにリマインダーを送ることで、全員が忘れず参加できるようになります。
  • 毎週火曜日に上司と 1 対 1 で話す時間を設けているなら、その日の午前 9 時に @slackbot にカレンダーリマインダーが届くようにすれば、準備不足のまま上司と話す事態を避けられます。
  • チームメンバーの誕生日や祝日を #office チャンネルに自動投稿するように設定しておけば、みんなで絵文字を使ってお祝いできます。

チャンネルのカレンダーメッセージ

使用方法

Google カレンダーと Slack の連携は、あっという間です。

  • チームのインテグレーションページGoogle カレンダーを選びます
  • Google アカウントを Slack に接続して、カレンダーの一覧から選択します。複数の Google アカウント(個人用と仕事用など)を追加して、複数のカレンダーにアクセスすることもできます。
  • Google アカウントに関連付けられた任意のカレンダーを選択し、メッセージ投稿先の Slack チャンネルを選びます。
  • 新しいルールのオプションをカスタマイズします。デフォルトのイベントリマインダーは調整したり無効にしたりできます。カレンダーの更新を無効にできるほか、オプションで日次・週次のサマリーが最適な曜日や時間帯に届くよう設定できます。
  • インテグレーションを保存すれば完了です。

 

カレンダーを Slack に連携させる

 

カレンダーのリマインダー(祝日、出張、会議、ボランティア、学校行事など)をさらに追加するには、この手順を繰り返して、共用チャンネルまたは自分あて(@slackbot)に Google カレンダーの通知を追加します。

すべての設定が完了すると、カレンダーからのメッセージが、指定した時間にチャンネルに表示されるようになります。チームメンバーは、Google カレンダーのイベントページへのリンクを直接開いたりフォローしたりして、Google カレンダーの機能を利用できます。

この記事はお役に立ちましたか?

0/600

助かります!

ご意見ありがとうございました!

了解です!

ご意見ありがとうございました!

うーん、システムがなにか不具合を起こしてるみたいです。後でもう一度お試しください。

読み進める

生産性

厳しい経済状況下での営業活動に Slack を活用する方法

Slack の大企業担当営業メンバーが実践している、成約をスピーディーにまとめる方法とは

ニュース

Slack セキュリティアップデート

Slack はセキュリティ、プライバシー、透明性を非常に重要視しており、先日発生した問題の詳細を公開します。

コラボレーション

ディスコミュニケーションとは?発生する原因と弊害、解消法を解説

意思伝達ができていない状態であるディスコミュニケーションは、業務に多大な悪影響を及ぼします。ディスコミュニケーションが起こる原因や弊害、解消法について解説します。

変革

デジタル化とは?その意味とメリット、取り組み方法を紹介

ビジネス改革をする上で欠かせないのがデジタル化です。デジタル化とは何か、そのメリットやDXとの違い、実現に必要なことなどについて解説します。