共有チャンネルでメンバーがパートナー企業の人々に挨拶している様子
Slack コネクト

社外との仕事を、よりスムーズに進める方法

パートナー、ベンダー、顧客とのやり取りを 1 か所に集約。サイロ化しがちなメールの代わりに Slack コネクトを使えば、社外との仕事の進め方ががらりと変わります。

Slack コネクトで仕事をもっとスムーズに

ベンダーとの仕事も、顧客との商談も、Slack コネクトで。

  • 4 倍

    営業チームの商談サイクルが加速

  • 64%

    カスタマーサポート部門でのバックログチケット数が減少

  • 2 倍

    事業開発チームの企業買収スピードが向上

数字は特定の企業で Slack コネクトを利用するチームのデータです。結果は組織によって異なることがあります。

Slack での会話の連携例
abc-bigcorp
浅田 晶13:09ABC チームの皆さま、ありがとうございます。ぜひ、ご提案どおりに進めたいと思います。この後はどうすればよいですか?
🎉1
宮本 春香13:15ありがとうございます。こちらから契約をご確認のうえ、署名してください。
Big Corp がこのチャンネルに参加しています
#abc-bigcorp へのメッセージ

パートナーとの仕事をスピードアップ

  • コミュニケーションの場を受信トレイからチャンネルに移せば、社外の組織とのコラボレーションがすばやくスムーズに
  • チャンネルで顧客と密な関係を構築することで、リクエストに素早く応えてプレミアムなサポートを実現
  • リアルタイムでメッセージを送信してファイルを共有する間に、インサイトがその場で蓄積

Slack コネクトを始める

Slack での会話の連携例
abc-bigcorp
浅田 晶13:09ABC チームの皆さま、ありがとうございます。ぜひ、ご提案どおりに進めたいと思います。この後はどうすればよいですか?
🎉1
宮本 春香13:15ありがとうございます。こちらから契約をご確認のうえ、署名してください。
Big Corp がこのチャンネルに参加しています
#abc-bigcorp へのメッセージ

社外の組織と安全につながる

  • 安全な連携を可能にする、Slack のエンタープライズグレードのセキュリティ機能とコンプライアンス基準
  • パートナー組織と安心してやり取りやコラボレーションができる、安全なアクセス
  • チームへのメールフィッシングやスパム攻撃のリスクを回避

Slack のエンタープライズグレードのセキュリティについてもっと知る

Slack で安全にコミュニケーションを行うユーザーの画像
Slack で安全にコミュニケーションを行うユーザーの画像

ツールを連携&ワークフローを自動化

  • アプリで会議設定やドキュメント共有が簡単になるほか、さまざまな定型タスクがシンプルに
  • 組織を跨ぐ新たなワークフローを作成してつなげることで、プロセスが効率化しコラボレーションが加速

Slack コネクトで使えるアプリ

Slack に接続する Salesforce や Google Drive などのアプリのアイコン

Slack コネクトを始める方法

わずか数クリックで、パートナーやベンダー、顧客がぐっと近くに。

1. チャンネルを作成する

サイドバーの「チャンネル」の横にある +(プラスアイコン)ボタンをクリックします。チャンネルに名前をつけ、「作成」をクリックします。

2. 招待を送る

Slack から直接、パートナーを招待できます。ビジネスプラスプランまたは Enterprise Grid プランの方は、用意されたリンクをコピーして知らせることもできます。

3. パートナーを待つ

相手チームがリンクをクリックすると、Slack に移動して招待を承認できます。その後、相手側でもチャンネルを設定します。

4. 管理者から承認を得る

設定によっては、両チームの管理者に承認のための招待が送られます。

Peloton
Target
Uber
SEEK
Time
Autodesk
Airbnb

ビジネスコミュニケーションを変革する Slack のビジョン

Slack コネクトにおけるビジョンを説明するビデオの画像

よくある質問

いいえ。複数の組織が Slack コネクトのチャンネルで連携するには、各オーガナイゼーションが Slack の有料プランを利用する必要があります。Slack コネクトでチャンネル共有を開始できるのは有料プランのユーザーだけですが、Slack コネクトの DM 招待に対する受信や承諾は、どの Slack プランのユーザーでも可能です。

Slack に社外のメンバーを招待すれば、チャンネルを共有できます。あるいはチャンネルを使わずに、ダイレクトメッセージへの招待を送信することも可能です。使い方はほかの DM と同じです。

Slack コネクトはほんの数クリックで始められます。ご質問やご相談がある場合はこちらから Slack エキスパートとの 20 分間の無料通話を予約してください。

Slack のチャンネルを使うと、同僚との仕事の進め方が変わります。それと同じように、Slack コネクトを使うと、社外の人ともチャンネルで仕事を進められるようになります。その際、Slack ワークスペース全体へのアクセスを許可する必要はありません。コラボレーションに必要なチャンネルだけにアクセスしてもらえます。

Slack コネクトでは、管理者が組織のデータを管理しながら、外部からのアクセスを監視することができます。メールでのコラボレーションでは、スパムやフィッシングのリスクがありますが、チャンネルに届くのは検証されたメンバーからのメッセージやファイルのみです。Slack コネクトに組み込まれたエンタープライズグレードのセキュリティについて詳しくはこちらを参照してください。

Slack コネクトは、社外のパートナーやベンダー、顧客とのコラボレーションに最適です。メンバーは Slack で社内の同僚と連携するのと同じように、他社のメンバーとの仕事を素早くシンプルに進められます。複数の組織が Slack のチャンネルやダイレクトメッセージで効率よくやり取りすれば、次のことを実現できます

• 顧客との関係を強化
• 対応までの時間を短縮
• 営業サイクルをスピードアップ
• 新たな商機を獲得
• 組織を越えたワークフローを実現

これらはすべて、Slack のエンタープライズグレードのセキュリティに支えられています。詳しくは社外パートナーと連携するためのガイドやウェビナーを参照してください。