ワークフロービルダー

ワークフロービルダーで新しい働き方を実現

あらゆる定型タスクを自動化しましょう。コーディングは必要ありません。

像を形作るためにブロックを組み合わせているクレーン車

時短、簡単、自動

繰り返し発生する定型タスクを Slack のワークフローに任せれば、さまざまな仕事がぐっと楽に。承認や回答もすぐに得られます。

時間を節約

進捗共有など毎日のタスクを自動化できるほか、研修からフィードバック収集まであらゆるプロセスを効率よく進められます。

リクエストの処理も簡単

標準のリクエストプロセスを作成しておけば、いつでも必要な情報を得られるため、すばやい成果につながります。

Slack におまかせ

普段使うツールと連携した独自のワークフローを使えば、Slack でできることがもっと増えます。

Slack ユーザーが有給休暇の申請をワークフロービルダーで送信しているアニメーション

あらゆるタスクにワークフローを

リクエストを集めたり、お祝いメッセージを送ったり、新しいアイデアを募ったり。可能性は無限です。

ワークフローを使ってみる
Slack ユーザーが有給休暇の申請をワークフロービルダーで送信しているアニメーション
Slack ユーザーが新しいワークフローを数クリックで作成しているアニメーション

今すぐ自動化しましょう

100 万人以上が使っている Slack のワークフローは、作成するのも簡単。ワークフローを開始するトリガーを選び、それからステップごとに次の動作を決めていくだけです。

Slack ユーザーが新しいワークフローを数クリックで作成しているアニメーション

たくさんのチームがワークフローを活用しています

ワークフロービルダーに連携するさまざまなアプリを表す、積み重なったアイコン
ワークフロービルダーに連携するさまざまなアプリを表す、積み重なったアイコン

ワークフローによく使うアプリを連携

ワークフローにアプリを連携させて、さらなる自動化を進めましょう。人気ツールのステップをワークフローに組み込むことで、それぞれの働き方にぴったり合ったオールインワンプロセスを作れます。

ワークフロービルダーとアプリをつなげる

よくある質問

ワークフロービルダーは有料機能であり、Slack のプロ、ビジネスプラス、Enterprise プランで利用できます。フリープランと有料プランについては、料金プランページをご覧ください。

ワークフロービルダーは非常に柔軟性が高く、幅広いタスク向けにワークフローを作成できます。多くのユーザーが、新しいチームメンバーへの情報共有、休暇の承認申請、サポートチケットの作成、同僚へのフィードバック依頼、Q&A セッションの進行補助などさまざまな用途のワークフローを作成しています。可能性はほぼ無限です。サンプルワークフローを参考にしてみてください。

ワークフローは、一連のアクションとリアクションと考えることができます。Slack のワークフローはすべて、トリガーによって開始します。スケジュールした日時などのトリガーに基づいて自動的に開始されるワークフローもあれば、誰かがショートカットメニューで特定のアクションを選択した場合など、アクションに対応して開始されるワークフローもあります。

トリガーとして設定したアクションのいずれかが実行されると、ワークフローのステップが自動的にスタートします。ステップとは、ユーザーがワークフローを操作する方法です。メッセージやカスタムフォームを送信するステップを追加できるほか、Slack アプリのステップを使用してほかのツールにリンクすることも可能です。

試してみたくなりましたよね?さっそくワークフロービルダーを開いて、始めましょう!

はい!アプリのステップを使ってワークフローを作成すれば、Jira、Salesforce、Google Sheets、Trello などのツールに情報を自動的に送信したり、それらのアプリから Slack に情報を取り込んだりすることができます。ワークフロービルダーと連携できるツールについて詳しくはこちらを参照してください。