Enterprise Grid オーガナイゼーションの権限

Enterprise Grid オーガナイゼーション (OrG) では、メンバーの権限には OrG レベルとワークスペースレベルの 2 段階があります。以下の表では OrG レベルの権限の概要を説明しています。また、Slack でのメンバーの種別ワークスペースレベルの権限からも詳しい内容が確認できます。 

OrG ポリシー

各メンバー種別が持つ権限についてさらに詳しく知りたい時は、以下の表を参照してください。

✓ デフォルトで利用可能。
✷ OrG のオーナー/管理者が許可した場合にのみ利用可能。
✦ OrG のオーナー/管理者がワークスペースのメンバーでもある場合にだけ利用可能。

  OrG オーナー OrG 管理者 ワークスペースのオーナー ワークスペースの管理者 メンバー
表示名のガイドラインを設定   ✦    ✦    
デフォルトのおやすみモードを設定  ✓   ✦  ✦   
メッセージのカスタム保存ポリシーを設定  ✓   ✦  ✦
ファイルのカスタム保存ポリシーを設定  ✓         
#general に投稿できるメンバーを設定  ✓   ✦  ✦
ユーザーグループを作成 / 編集  ✓   ✦  ✦
編集・削除のポリシーを設定する  ✦  ✦  
ファイルの外部共有ポリシーを設定  ✦  ✦  
Enterprise Grid オーガナイゼーションでマルチワークスペースチャンネルを作成する  ✓   ✦  ✦  ✦ 


セキュリティとアクセス

  OrG オーナー OrG 管理者 ワークスペースのオーナー ワークスペースの管理者 メンバー
シングルサインオンの設定        
メールアドレスまたは表示名の変更をユーザーに許可する        
2 要素認証を必須にする        


その他管理項目

  OrG オーナー OrG 管理者 ワークスペースのオーナー ワークスペースの管理者 メンバー
IDP グループとワークスペースまたはチャンネルを連携  ✓       
メンバーのアカウントステータスと権限を管理  ✓       
メンバーの表示名またはメールアドレスを変更 ✓  ✓   ✦  ✦   
メールの表示を管理  
メンバーのアカウントの解除      
ドメインの申請を管理  ✓         
ワークスペースを新規作成  ✓   ✓       
ワークスペース の検索とアクセスを設定 ✓     
ワークスペース間でチャンネルを移動  ✷ ✓   ✓   
マルチワークスペースチャンネルの作成権限を管理  ✓  ✓       
共有チャンネルを管理  ✓  ✓       
名前 / URL / アイコンを選択  ✓      
Slack コール機能を有効化   ✓      
ワークスペースのアナリティクスを閲覧    ✓  ✦   ✦
カスタム絵文字を追加する  ✓ ✦   ✦   ✦
Slackbot のレスポンスのポリシーを設定  ✓  ✦     ✦     
ワークスペースを削除する*     ✦     
アプリ管理ポリシーを設定        
アプリを承認または制限する**    
チャンネル管理ツールを使用する** ✓  ✓   


* 具体的にはワークスペースのオーナーを指します。

**ワークスペースのオーナーが実行できるのは、OrG レベルで承認・制限されていないアプリに対する、自分のワークスペース内での承認または制限だけです。

***具体的には、OrG のプライマリーオーナーがこれらの機能をデフォルトで使用できます。デフォルトでは、ワークスペースのオーナーと管理者が管理できるのはパブリックチャンネルだけです。