会話を見つける・開始する

メールの受信トレイでは会話や返信スレッドが入り乱れてしまい、最新情報を常に把握したり、適切なメンバーに連絡したりすることが難しくなることがあります。

このチュートリアルを通して、Slack で以下のことができるようになります。

  • 会話を見つけてアクセスする
  • 会話を開始する
 

 

 

会話を見つけてアクセスする

Slack では、会話はチャンネルダイレクトメッセージ(DM)で行われます。チャンネルは、特定のトピックについて他のメンバーとやり取りできるスペースです。DM は、チャンネル全体に知らせる必要のない、一度限りの会話を交わしたい時に便利な機能です。

チャンネル

DM

チャンネルでの会話には透明性があり、社内のメンバーがアクセスできます。特定のチームの最新情報を常に把握しておきたい場合は、そのチャンネルを見つけて参加し、上にスクロールしてこれまでのメッセージを確認できます。Slack で「チャンネル検索」を開く
DM は、チャンネル外で少人数が会話を行う場所です。例えば、チームメンバーに 1 対 1 のミーティングスケジュールを変更するよう頼みたい時などに利用します。2 人のチームメンバーの間で交わされるダイレクトメッセージの会話

ご存知でしたか?また、チャンネルや DM で社外のメンバーとも簡単に連携できます。もっと詳しく知るには、Slack コネクトのガイドにアクセスしてください。

 

会話を開始する

チャンネルまたは DM でメッセージを送信したり、ハドルミーティングを開始したりして、適切なメンバーと会話を開始します。

メッセージを送信する

ハドルミーティングを開始する

プロジェクトについて質問がある場合、専用のプロジェクトチャンネルへメッセージを送信し、適切なメンバーから回答をもらいます。特定のチームメンバーへのみ質問がある場合は、DM を送信することができます。Slack の「新規メッセージ」ボタンから新規メッセージを書く

試してみる :  「新規メッセージ」ボタンを使って、メッセージを下書きしてみましょう。

ブレインストーミングでも、ちょっとした状況確認でも、口で伝えたほうが簡単に済むことがあります。有料プランで Slack を利用している場合、チャンネルまたは DM を開いてハドルミーティングを開始できます。また、画面を共有することもできます。Slack チャンネルでハドルミーティングを開始して、リアルタイムで会話して画面を共有する

試してみる : 会話を開いて、サイドバーの左下隅にある ヘッドフォンのトグルボタンをクリックしてハドルミーティングを開始してみましょう。