ワークスペースのデータをエクスポートする

Slack のデータエクスポート機能を使うと、ワークスペースや Enterprise Grid OrG からデータをエクスポートできます。プランに応じて、データエクスポートにいくつかの選択肢があります。

  • パブリックチャンネルのみを対象としたエクスポート
    どのプランでも、ワークスペースのオーナーと管理者は、パブリックチャンネルのデータをエクスポートできます(メッセージとファイルリンク)。
  • すべてのチャンネルと会話を対象としたエクスポート
    プラスプランのワークスペースのオーナーと、Enterprise Grid プランの OrG オーナーは、すべてのチャンネルと会話を対象としたデータのエクスポートを申請できます。このエクスポートにはパブリックチャンネル、プライベートチャンネル、ダイレクトメッセージ(DM)が含まれます。
  • 定期的なエクスポート
    プラスプランの場合、すべての会話を対象としたデータエクスポートの申請が承認されれば、ワークスペースのオーナーが定期的なデータエクスポートを設定できます。
  • シングルユーザーのチャンネルと会話のエクスポート
    Enterprise Grid プランの場合、OrG オーナーはシングルユーザーのデータエクスポートも申請できます。このエクスポートには、そのユーザーが参加したすべての会話が含まれます。

Tip :Slack のエクスポートのプラン別オプションと、Slack からエクスポートしたデータの読み方についてもっと詳しくご覧ください。


データのエクスポート

フリープランとスタンダードプラン

プラスプラン

Enterprise Grid プラン

Slack のフリープランとスタンダードプランの場合、ワークスペースのオーナーと管理者が、次の方法でパブリックチャンネルからデータをエクスポートできます。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定とその他管理項目」を選択し、「ワークスペースの設定」をクリックします。
  3. 右上の「データのインポート/エクスポート」を選択します。
  4. 「エクスポート」タブを選択します。
  5. 「日付範囲をエクスポートする」のドロップダウンメニューを開き、オプションを選択します。
  6. 「エクスポート開始」をクリックします。エクスポートが完了すると、メールで通知が届きます。
  7. 届いたメールに記載されている「ワークスペースのエクスポートページにアクセスする」をクリックします。
  8. 「ダウンロードを開始する」をクリックして zip ファイルにアクセスします。


zip ファイルには、すべてのパブリックチャンネルからエクスポートされた、ワークスペースのメッセージ履歴(JSON 形式)とファイルへのリンクが含まれます。

プラスプランの場合、ワークスペースのオーナーと管理者が、次の方法でワークスペース内のパブリックチャンネルからデータをエクスポートできます。すべてのチャンネルと会話を対象としたデータエクスポートのリクエストが承認されると、どのプランのワークスペースのオーナーも、同様の手順でパブリックチャンネル、プライベートチャンネル、ダイレクトメッセージからデータをエクスポートできます。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定とその他管理項目」を選択し、「ワークスペースの設定」をクリックします。
  3. 右上の「データのインポート/エクスポート」を選択します。
  4. 「エクスポート」タブを選択します。
  5. 「日付範囲をエクスポートする」のドロップダウンメニューを開き、オプションを選択します。
  6. 「エクスポート開始」をクリックします。エクスポートが完了すると、メールで通知が届きます。
  7. 届いたメールに記載されている「ワークスペースのエクスポートページにアクセスする」をクリックします。
  8. 「ダウンロードを開始する」をクリックして zip ファイルにアクセスします。


zip ファイルには、すべてのパブリックチャンネル、またはすべてのチャンネルと会話からエクスポートされた(エクスポート元はエクスポートのタイプに応じて異なる)、ワークスペースのメッセージ履歴(JSON 形式)とファイルへのリンクが含まれます。

OrG レベル

OrG オーナーは、OrG 内のすべてのチャンネルと会話、またはシングルユーザーが参加したすべての会話を対象にデータエクスポートをリクエストできます。リクエストが承認されると、OrG オーナーは以下の手順に従って、パブリックチャンネル、プライベートチャンネル、ダイレクトメッセージから、またはシングルユーザーの会話からデータをエクスポートできます。

注意 :OrG レベルのすべてのチャンネルと会話からのデータエクスポート、およびシングルユーザーの会話からのデータエクスポートを別のワークスペースにインポートすることはできません。

すべてのチャンネルと会話からのデータエクスポート

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定と管理」を選択し、その後「オーガナイゼーションの設定」をクリックします。
  3. 左側のサイドバーで、「セキュリティ」をクリックしてから、「エクスポート」を選択します。
  4. 使用するエクスポートのタイプの横で、「エクスポート」をクリックします。
  5. OrG 全体と特定のワークスペースのどちらを対象にデータエクスポートを実行するか選び、日付範囲を選択します。
  6. 「スタート」をクリックします。エクスポートが完了すると、メールで通知が届きます。
  7. 届いたメールに記載されている「ワークスペースのエクスポートページにアクセスする」をクリックします。
  8. 「ダウンロード」タブをクリックします。
  9. エクスポートの横で「ダウンロード」をクリックして zip ファイルにアクセスします。

zip ファイルには、すべてのチャンネルと会話からエクスポートされた、OrG のメッセージ履歴(JSON 形式)とファイルへのリンクが含まれます。


シングルユーザーのデータをエクスポートする

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定と管理」を選択し、その後「オーガナイゼーションの設定」をクリックします。
  3. 左側のサイドバーで、「セキュリティ」をクリックしてから、「エクスポート」を選択します。
  4. 使用するエクスポートのタイプの横で、「エクスポート」をクリックします。
  5. メンバーを指定し、OrG 全体と特定のワークスペースのどちらを対象にデータエクスポートを実行するか選びます。続いて、日付範囲とエクスポートする形式を選びます。
  6. 「スタート」をクリックします。エクスポートが完了すると、メールで通知が届きます。
  7. 届いたメールに記載されている「ワークスペースのエクスポートページにアクセスする」をクリックします。
  8. 「ダウンロード」タブをクリックします。
  9. エクスポートの横で「ダウンロード」をクリックして zip ファイルにアクセスします。

この zip ファイルには、1 人のユーザーのメッセージ履歴とファイルが、JSON または TXT 形式で格納されます。

注意 :OrG 全体から TXT 形式でデータをエクスポートすることを選んだ場合、エクスポートに含まれるのは OrG 全体のマルチワークスペースチャンネルのみです。


ワークスペースレベル

所属 OrG がすべてのチャンネルと会話を対象にデータエクスポートを申請していない場合、Enterprise Grid Org のワークスペースのオーナーと管理者は、以下の手順で自分が管理するワークスペース内のパブリックチャンネルからデータをエクスポートできます。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定とその他管理項目」を選択し、「ワークスペースの設定」をクリックします。
  3. 右上の「データのインポート/エクスポート」を選択します。
  4. 「エクスポート」タブを選択します。
  5. 「日付範囲をエクスポートする」のドロップダウンメニューを開き、オプションを選択します。
  6. 「エクスポート開始」をクリックします。エクスポートが完了すると、メールで通知が届きます。
  7. 届いたメールに記載されている「ワークスペースのエクスポートページにアクセスする」をクリックします。
  8. 「ダウンロードを開始する」をクリックして zip ファイルにアクセスします。


zip ファイルには、すべてのパブリックチャンネル、またはすべてのチャンネルと会話からエクスポートされた(エクスポート元はエクスポートのタイプに応じて異なる)、ワークスペースのメッセージ履歴(JSON 形式)とファイルへのリンクが含まれます。

注意 :特定のチャンネルのみを対象にして、データをエクスポートすることはできません。データを別のワークスペースにインポートする場合、特定のメッセージやファイルを選択してインポートできます。


すべてのチャンネルと会話のデータエクスポートを申請する

プラスプラン

Enterprise Grid プラン

ワークスペースのオーナーは、法律によって許可されている場合は必要に応じて、ワークスペース内のすべてのチャンネルと会話からデータをエクスポートするためのセルフサービスツールの使用を申請できます。このタイプのエクスポートには、パブリックチャンネル、プライベートチャンネル、ダイレクトメッセージのコンテンツが含まれます。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定とその他管理項目」を選択し、「ワークスペースの設定」をクリックします。
  3. 右上の「データのインポート/エクスポート」をクリックします。
  4. 「エクスポート」を選択します。
  5. 「申請書を提出する」リンクをクリックします。

OrG オーナーは、法律によって許可されている場合は必要に応じてSlack のサポートチームに連絡し、OrG 内のすべてのチャンネルと会話からデータをエクスポートするためのセルフサービスツールの使用を申請できます。このタイプのエクスポートには、パブリックチャンネル、プライベートチャンネル、ダイレクトメッセージのコンテンツが含まれます。

また、OrG オーナーは、Slack のサポートチームに連絡し、OrG 内のシングルユーザーを対象にデータエクスポートを申請できます。このエクスポートには、そのユーザーが参加した会話において、そのユーザーが送信したすべてのメッセージとファイルが含まれます。


定期的なデータエクスポートのスケジュールを設定する

プラスプランで、すべてのチャンネルと会話を対象としたデータエクスポートの申請が承認されている場合、ワークスペースのオーナーは、エクスポートが毎日・毎週・毎月といった頻度で定期的に実行されるようスケジュールを設定できます。

注意 :定期的なデータエクスポートを実行できるのは、プラスプランのみです。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定とその他管理項目」を選択し、「ワークスペースの設定」をクリックします。
  3. 右上の「データのインポート/エクスポート」を選択します。
  4. 「エクスポートをスケジュールする」を選択し、頻度を指定します。
誰がこの機能を利用できますか?
  • データをエクスポートできるのは、ワークスペースのオーナー管理者OrG のオーナー・管理者です。
    ワークスペースのオーナープラスプラン)と OrG オーナーEnterprise Grid プラン)だけが、すべてのチャンネルと会話を対象としたエクスポートを申請できます。