Slack アナリティクスダッシュボードを閲覧する

アナリティクスダッシュボードを使えば、チームでの Slack の利用状況を様々なデータから確認できます。 多彩なフィルターを利用してソートすることで、探している情報 (過去30日間に送信されたメッセージ合計数、会話が行われている場所など) を簡単に見つけられます。


アナリティクスの概要 

アナリティクスダッシュボードには、ワークスペースの使用状況を把握するために必要なすべての情報が含まれています。

  • パブリック/プライベートチャンネルとダイレクトメッセージなどを比較し、メッセージとファイルが最も送信されている場所を確認できます。
  • パブリックチャンネルを名前、メンバー合計数、送信されたメッセージ数などの指標別に整理できます。
  • ワークスペースのメンバー合計数と送信されたメッセージ数を確認できます。


アクティブメンバー数

週間アクティブメンバー数 とは、過去7日間に少なくとも1件のメッセージを投稿したメンバー (ボットを除く ) の数を指します。

日間アクティブメンバー数 とは、前日に少なくともカーソルの移動が1回記録されたメンバー (ボットを除く ) の数を指します。


メッセージとファイル

算入対象となるのは、チャンネルやダイレクトメッセージでメンバーが送信したメッセージやファイルのみです。Slackbot やサードパーティ製アプリからのボットメッセージはアナリティクスの対象に含まれません。

注意 : ワークスペースのアナリティクスは1日に1回更新されます。手動での更新はできません。


アナリティクスページを表示する

フリープラン、スタンダードプラン、プラスプラン

Slack Enterprise Grid

注意 : フリープランで利用できるアナリティクスは一部に限られますが、プランをアップグレード することで他のメトリクス (と機能) も利用できるようになります!

ゲスト以外のメンバーなら誰でも参加しているワークスペースのアナリティクスを閲覧できます。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから 「アナリティクス」 を選択します。 
  3. 「概要」タブから 「チャンネル」または「メンバー」をクリックします。
  4.  「列を編集する」 をクリックしてテーブルをカスタマイズし、表示する列を選択します。

 

必要に応じて、 「CSV のエクスポート」 をクリックして Slack の外でデータを確認することもできます。 

OrG オーナーと OrG 管理者は、管理者ダッシュボードで OrG のアナリティクスを閲覧することができます。以下の方法で、ワークスペース、チャンネル、メンバー別にフィルタリングすることも可能です :

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「その他管理項目」を選択し、「オーガナイゼーションの設定」をクリックします。
  3. 管理者ダッシュボードの 「アナリティクス」 ページにアクセスします。
  4. 「ワークスペース」、「チャンネル」または「メンバー」のセクションをクリックして詳しい内容を表示します。
  5. 「列を編集する」をクリックしてテーブルをカスタマイズし、表示する列を選択します。

 

必要に応じて、「CSV のエクスポート」をクリックして Slack の外でデータを確認することもできます。

注意 : OrG レベルとワークスペースレベルでは、メンバーとメッセージの数はそれぞれ異なります。


アナリティクスを確認できるメンバーを制限する

フリープラン、スタンダードプラン、プラスプラン

Slack Enterprise Grid

デフォルトの設定では、メンバーなら誰でもアナリティクスにアクセスすることができます。ワークスペースのオーナーは、ワークスペースの設定から以下の方法でアクセス権限をオーナーと管理者のみに制限することができます :

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「その他管理項目」を選択し、「ワークスペースの設定」を選択します。
  3. 「権限」から、「アナリティクス」を開きます。
  4. アナリティクスにアクセスできるメンバーを選択します。
  5. 「保存」をクリックして終了です。

OrG レベルでアナリティクスと使用状況を閲覧できるのは OrG 管理者と OrG オーナーのみです。

Tip : 短いメッセージを多数投稿するメンバーもいれば、長文のメッセージ1つに内容をすべて盛り込むメンバーもいます。このデータは、メンバー個人のパフォーマンスではなく、チーム全体の Slack 利用状況を把握するのに最適です。

誰がこの機能を使用することができますか?
  • ゲスト以外の メンバー全員 (デフォルト設定)。
  • フリースタンダードプラスEnterprise Grid の各プラン