メッセージのショートカットを使って連携アプリへ情報を移動する

アプリを利用していつも使っているツールを Slack へ連携させれば、チームの業務効率が向上し、格段にスピードアップします。一部のアプリには、ビルトインのショートカット機能が付属しているものもあり、Slack からタスクを接続されたアプリへと移すのに便利です。このようなアプリを使って、Slack のどのメッセージからでも、タスクやコメントの作成、既存の作業のフォローアップなどができるようになります。

Tip : メッセージのショートカットを使うアプリの使用方法の例をチェックしてみましょう。

メッセージからタスクを作成する

デスクトップ

モバイル

  1. Slack 内でメッセージにマウスを重ねます。 
  2.  (3 つのドットアイコン) をクリックします。 
  3. メニューからメッセージのショートカットを選択します。ショートカットの横にアプリの名前が表示されるので、正しい送信先であるかなどの送信情報を簡単に確認できます。
  4. 探しているショートカットが見つからない場合は、「その他のメッセージショートカット」をクリックして、完全なリストを表示します。

アプリでは、チャンネル内、ダイレクトメッセージ (DM)、スレッドにメッセージが投稿されるため、チームメートは別のツールで作成したタスクの資料を表示できます。

  1. Slack でメッセージを長押しします。
  2. リストからメッセージのショートカットを選択します。ショートカットの横にアプリの名前が表示されるので、正しい送信先であるかなどの送信情報を簡単に確認できます。
  3. 探しているショートカットが見つからない場合は、「その他のメッセージショートカット」をタップして、完全なリストを表示します。

注意 : アプリを共有チャンネルに追加した場合、メッセージに関連付けられたショートカットを使用できるのはワークスペースのメンバーのみになります。