共有チャンネルを作成する

共有チャンネルを使うと、異なる複数のオーガナイゼーションがそれぞれの Slack ワークスペース内からひとつのチャンネル内で共同作業を行うことができます。 共有チャンネルの作成には 3 つの手順があります。

  • 一方のオーガナイゼーションが相手の OrG に招待リンクを送信する。
  • 招待を受けたオーガナイゼーションが承諾か拒否を選ぶ。
  • 招待が承諾された場合、オーガナイゼーション同士がチャンネル共有のリクエストを承認する。

注意 : チャンネルを共有するには、両方のワークスペースで有料プランを利用している必要があります。無料版 Slack を使用している場合は、ワークスペースのアップグレード方法 を参照ください。 

気をつけてほしいこと

  • 相手のオーガナイゼーションは、チャンネルの共有によって招待を承諾したチャンネルのみにアクセスでき、こちら側のワークスペースのほかの部分にはアクセスできません。
  • 既存チャンネルを共有すると、一方のオーガナイゼーションがメッセージの履歴、メンバー、ボットを表示できるようになります。
  • OrG 同士に所属するメンバーが共有チャンネルを利用している場合は、お互いにダイレクトメッセージを送信できます。
  • #general チャンネル、またはマルチワークスペースと OrG 全体のチャンネル以外のチャンネルはすべて、他の 1 つのワークスペースや Enterprise Grid OrG と共有できます


共有チャンネルを作成できるメンバー

メンバー全員がチャンネル共有への招待を送信、または受諾できます (ただしゲストを除く)。チャンネルを共有するには、両方のオーガナイゼーションが招待を受諾しなければなりません。

  • スタンダードプランとプラスプランのデフォルト設定では、ワークスペースのオーナーと管理者のみがチャンネルの共有リクエストを承認できます。
  • Enterprise Grid プランのデフォルト設定では、OrG オーナーと OrG 管理者のみがチャンネルの共有リクエストを承認できます。
  • Enterprise Grid プランを利用中の OrG オーナーまたは管理者、スタンダードプランとプラスプランを利用中のワークスペースのオーナーまたは管理者は、チャンネルを共有するためのリクエスト承認権限を他のユーザーに与えることができます。


共有チャンネルのオーナーの権限

共有チャンネルは、作成したオーガナイゼーションが所有します。一方のオーガナイゼーションのメンバーがチャンネルの共有を停止した場合も、共有チャンネルのオーナーは自分の OrG 内のチームとそのチャンネルを引き続き使うことができます。ほかのオーガナイゼーションには、チャンネルのアーカイブされたバージョンが保存されます。


共有チャンネルを作成する

オーガナイゼーション同士で新たに作成したチャンネル、または既存のチャンネルを共有できます。

共有チャンネルへの招待を送る

開始するには、ほかのオーガナイゼーションに所属する 1 人以上のメンバーの連絡先情報が必要です。ワークスペースを離れずにメンバーにメールで招待を送信したり、招待リンクを任意の数のメンバーと共有したりできます。

新しいチャンネルを作成する

既存のチャンネルを共有する

  1. 左サイドバーのチャンネルの横にある  (プラスアイコン) をクリックします。
  2. 「チャンネルを作成する」を選択します。
  3. チャンネル名と説明を入力し、チャンネルをプライベートに設定するかどうかを決めます。詳細は、チャンネルを作成するを確認してください。
  4. チャンネル詳細を入力したら、「作成する」をクリックします
  5. 「このチャンネルを共有する」をクリックします。
  6. 招待を送信するメンバーのメールアドレスを入力し、「送信」をクリックします。または「共有リンクをコピー」をクリックして、ほかのオーガナイゼーションのメンバーと、Slack 外で招待リンクを共有できます。
  1. デスクトップで共有するチャンネルを開きます。
  2. 右上の 「詳細」をクリックします。
  3. 「オーガナイゼーション」をクリックします。
  4. 「このチャンネルを共有する」を選択します。
  5. 招待を送信するメンバーのメールアドレスを入力し、「送信」をクリックします。または「共有リンクをコピー」をクリックして、ほかのオーガナイゼーションのメンバーと、Slack 外で招待リンクを共有できます。

招待は 7 日後に無効になるので注意してください。承諾や承認されないまま招待リンクの期限が切れた場合は、新しいリンクを共有できます。

Tip : 共有チャンネルの招待について、未承諾のうちに気が変わった場合は、オーナーか管理者に Slack へのメール連絡を依頼してください。Slack があなたの代わりに招待を取り消します。 


共有チャンネルの招待を承諾する

別のオーガナイゼーションに所属するメンバーから共有チャンネルへの招待リンクが届くと、自分またはこの招待を受けたワークスペースの他のメンバーが受諾できます。招待を拒否する場合は、何もする必要はありません。

  1. 招待リンクをクリックします。
  2. 共有チャンネルが所属するワークスペースを選択するか、「別のワークスペースにサインイン」をクリックします
  3. 詳細を確認して承認するには、「招待を承認する」をクリックします
  4. チャンネル名を変更するかどうかや、チャンネルをパブリックにするかプライベートにするかを選びます。変更されるのは自身のワークスペースのみで、外部のオーガナイゼーションには適用されないことに注意してください。
  5. 「招待を承認する」をクリックします。


共有チャンネルへの招待を受諾または拒否する

あなたのオーガナイゼーションに所属するメンバーが共有チャンネルへの招待を受諾すると、両方のオーガナイゼーションにその確認と承認を促すリクエストが送信されます。その方法は共有チャンネルを管理するを確認してください。


チャンネルの共有を停止する

プロジェクトが終了したり、チャンネルが不要となった場合には、チャンネルの共有を停止することができます。詳しい方法は他の組織とのチャンネルの共有を停止するを参照してください。

この機能を使えるのは誰?
  • ワークスペースのオーナー/管理者Org のオーナー/管理者、共有チャンネルの管理権限を持つメンバー
  • スタンダードプラス Enterprise   Grid の各プラン