共有チャンネルを作成する

共有チャンネル を使うと、 2 つのオーガナイゼーションが各 Slack ワークスペース内から 1 つのチャンネルで共同作業に取り組めます。共有チャンネルの作成点は 3 つあります :

  • オーガナイゼーションが相手の OrG に招待リンクを送信する。
  • 招待を受けたオーガナイゼーションが承諾か拒否を選ぶ。
  • 招待が承諾された場合、オーガナイゼーション同士がチャンネル共有のリクエストを承認する。

注意 : チャンネルを共有するには、両方のワークスペースで有料プランを利用している必要があります。無料版 Slack を使用している場合は、 無料ワークスペースをアップグレードする方法 をご確認ください。 


共有チャンネルを作成できるメンバー

メンバー全員が(ただしゲストを除く)共有チャンネルへの招待を送信、または受諾できます。チャンネルを共有するには、両方のオーガナイゼーションが招待を受諾しなければなりません :

  • スタンダードプランとプラスプランのデフォルト設定では、チャンネルの共有リクエストを承認できるのはワークスペースのオーナーと管理者のみとなっています。
  • Enterprise Grid プランのデフォルト設定では、チャンネルの共有リクエストを承認できるのは OrG オーナーと OrG 管理者のみとなっています。
  • Enterprise Grid プランを利用中の OrG オーナーまたは管理者、スタンダードプランとプラスプランを利用中のワークスペースのオーナーまたは管理者は、チャンネルを共有するための リクエスト承認権限 を他のユーザーに与えることができます。


共有チャンネルを作成する

新たに作成したオーガナイゼーション同士のチャンネル、または既存のチャンネルを共有できます。

気をつけてほしいこと

  • 相手のオーガナイゼーションは、チャンネルの共有で自身のワークスペースすべてではなく、招待を承諾したチャンネルのみにアクセスできます。
  • 既存チャンネルを共有すると、一方のオーガナイゼーションがメッセージの履歴、メンバー、ボットを表示できるようになります。
  • OrG 同士に所属するメンバーが共有のチャンネルを利用している場合は、お互いにダイレクトメッセージをやり取りできます。
  • #general チャンネル、またはマルチワークスペースと OrG 全体のチャンネル 以外のチャンネルはすべて、他の 1 つのワークスペースや Enterprise Grid OrG と共有できます


共有チャンネルへの招待を送る

チャンネルの共有を始める前に、メールアドレス、電話番号やよく使うコミュニケーションプラットフォームなど、相手側のオーガナイゼーションに所属するメンバーの連絡先情報が必要です。その後、リンクの共有と同じように、チャンネルへの招待リンクを相手先のオーガナイゼーションに送信できます。

新しいチャンネルを作成する

既存のチャンネルを共有する

  1. 左サイドバーの「チャンネル」の横にある プラスアイコンをクリックします。詳細は、 チャンネルを作成する を確認ください。
  2. リンクの横にある 「コピー」、その次に 「完了」をクリックします。
  3.  相手の連絡先情報を利用し、 Slack 外で招待リンクを共有可能です。リンクは、相手先のオーガナイゼーションに所属する 1 人または複数のメンバーに送信できます。 
  1. デスクトップで共有するチャンネルを開きます。
  2.  (歯車のアイコン) をクリックして「チャンネル設定」メニューを開きます。
  3. 「チャンネルにメンバーを追加する」選択します
  4. 「このチャンネルを共有する」をクリックします。
  5. リンクの横にあるコピー、その次に完了をクリックします。
  6. 相手の連絡先情報を利用し、 Slack 外で招待リンクを共有可能です。リンクは、相手先のオーガナイゼーションに所属する 1 人または複数のメンバーに送信できます。

注意 : 共有チャンネルへの招待は7日後に無効となります。承諾や承認されないまま招待用リンクの期限が切れた場合は、新しく共有リンクをコピー可能です。


共有チャンネルの招待を承諾する

別のオーガナイゼーションに所属するメンバーから共有チャンネルへの招待リンクが届くと、自分またはこの招待を受けたワークスペースの他のメンバーが受諾できます。招待を拒否する場合は、何もする必要はありません。

  1. 招待リンクをクリックします。
  2. 共有チャンネルが所属するワークスペースを選択するか、「別のワークスペースにサインイン」をクリックします
  3. 詳細を確認して承認するには、「招待を承認する」をクリックします
  4. チャンネル名の変更、または公開か非公開の設定を選びます。変更されるのは外部のオーガナイゼーションではなく、自身のワークスペースのみであることに注意してください。
  5. 「招待を承認する」をクリックします。

ヒント : 同じ共有チャンネルへの招待リンクは、複数の相手に送信可能です。承認待ちの状態で、自身のオーガナイゼーションに所属するメンバーの 1 人のみが招待を受けます。


共有チャンネルへの招待を受諾または拒否する

あなたのオーガナイゼーションに所属するメンバーが共有チャンネルへの招待を受諾すると、両方のオーガナイゼーションにその確認と承認を促すリクエストが送信されます。その方法は共有チャンネルを管理するを確認してください。


チャンネルの共有を停止する

プロジェクトが終了したり、チャンネルが不要となった場合には、チャンネルの共有を停止することができます。詳しい方法は他の組織とのチャンネルの共有を停止するを参照してください。

 

この機能を使えるのは誰?
  • オーナー管理者 (デフォルト)
  • スタンダードプラス Enterprise   Grid の各プラン

共有チャンネルを使うと、異なる2つの組織がそれぞれの Slack ワークスペース内からひとつのチャンネル内で共同作業を行うことができます。 共有チャンネルの作成点は 3 つあります :

  • オーガナイゼーションが相手の OrG に招待リンクを送信する。
  • 招待を受けたオーガナイゼーションが承諾か拒否を選ぶ。
  • 招待が承諾された場合、オーガナイゼーション同士がチャンネル共有のリクエストを承認する。

注意 : チャンネルを共有するには、両方のワークスペースで有料プランを利用している必要があります。無料版 Slack を使用している場合は、 ワークスペースのアップグレード方法 を参照ください。 


共有チャンネルを作成できるメンバー

メンバー全員が(ただしゲストを除く)共有チャンネルへの招待を送信、または受諾できます。チャンネルを共有するには、両方のオーガナイゼーションが招待を受諾しなければなりません :

  • スタンダードプランとプラスプランのデフォルト設定では、チャンネルの共有リクエストを承認できるのはワークスペースのオーナーと管理者のみとなっています。
  • Enterprise Grid プランのデフォルト設定では、チャンネルの共有リクエストを承認できるのは OrG オーナーと OrG 管理者のみとなっています。
  • Enterprise Grid プランを利用中の OrG オーナーまたは管理者、スタンダードプランとプラスプランを利用中のワークスペースのオーナーまたは管理者は、チャンネルを共有するための リクエスト承認権限 を他のユーザーに与えることができます。


共有チャンネルを作成する

新たに作成したオーガナイゼーション同士のチャンネル、または既存のチャンネルを共有できます。

気をつけてほしいこと

  • 相手のオーガナイゼーションは、チャンネルの共有で自身のワークスペースすべてではなく、招待を承諾したチャンネルのみにアクセスできます。
  • 既存チャンネルを共有すると、一方のオーガナイゼーションがメッセージの履歴、メンバー、ボットを表示できるようになります。
  • OrG 同士に所属するメンバーが共有のチャンネルを利用している場合は、お互いにダイレクトメッセージをやり取りできます。
  • #general チャンネル、またはマルチワークスペースと OrG 全体のチャンネル 以外のチャンネルはすべて、他の 1 つのワークスペースや Enterprise Grid OrG と共有できます


共有チャンネルへの招待を送る

チャンネルの共有を始める前に、メールアドレス、電話番号やよく使うコミュニケーションプラットフォームなど、相手側のオーガナイゼーションに所属するメンバーの連絡先情報が必要です。その後、リンクの共有と同じように、チャンネルへの招待リンクを相手先のオーガナイゼーションに送信できます。

新しいチャンネルを作成する

既存のチャンネルを共有する

  1. 左サイドバーの「チャンネル」の横にある (プラスアイコン)をクリックします。
  2. 「チャンネルを作成する」を選択します。
  3. チャンネル名と説明を入力し、チャンネルをプライベートに設定するかどうかを決めます。詳細は、 チャンネルを作成する を確認ください。
  4. チャンネル詳細を入力したら、「作成する」をクリックします
  5. 「このチャンネルを共有する」をクリックします。
  6. 招待リンクの横にある「コピー」、その次に「完了」をクリックします。
  7. Slack 外の別のオーガナイゼーションに所属するメンバーと招待リンクを共有します。このリンクは、別のオーガナイゼーションの複数のメンバーと共有することができます。
  1. デスクトップで共有するチャンネルを開きます。
  2. 右上の 「詳細」をクリックします。
  3. 「その他」をクリックし、「その他のオプション」を選択します。
  4. 「他のオーガナイゼーションと共有する」を選択します
  5. リンクの横にある「コピー」、その次に「完了」をクリックします。
  6. Slack 外の別のオーガナイゼーションに所属するメンバーと招待リンクを共有します。このリンクは、別のオーガナイゼーションの複数のメンバーと共有することができます。

注意 : 共有チャンネルへの招待は 7 日後に無効となります。承諾や承認されないまま招待用リンクの期限が切れた場合は、新しく共有リンクをコピー可能です。


共有チャンネルの招待を承諾する

別のオーガナイゼーションに所属するメンバーから共有チャンネルへの招待リンクが届くと、自分またはこの招待を受けたワークスペースの他のメンバーが受諾できます。招待を拒否する場合は、何もする必要はありません。

  1. 招待リンクをクリックします。
  2. 共有チャンネルが所属するワークスペースを選択するか、「別のワークスペースにサインイン」をクリックします
  3. 詳細を確認して承認するには、「招待を承認する」をクリックします
  4. チャンネル名を変更するかどうかや、チャンネルをパブリックにするかプライベートにするかを選びます。変更されるのは外部のオーガナイゼーションではなく、自身のワークスペースのみであることに注意してください。
  5. 「招待を承認する」をクリックします。

Tip : 同じ共有チャンネルへの招待リンクは、複数の相手に送信可能です。承認待ちの状態で、自身のオーガナイゼーションに所属するメンバーの 1 人のみが招待を受けます。


共有チャンネルへの招待を受諾または拒否する

あなたのオーガナイゼーションに所属するメンバーが共有チャンネルへの招待を受諾すると、両方のオーガナイゼーションにその確認と承認を促すリクエストが送信されます。その方法は共有チャンネルを管理するを確認してください。


チャンネルの共有を停止する

プロジェクトが終了したり、チャンネルが不要となった場合には、チャンネルの共有を停止することができます。詳しい方法は他の組織とのチャンネルの共有を停止するを参照してください。

誰がこの機能を利用できますか?
  • オーナー管理者 (デフォルト)
  • スタンダードプラス Enterprise   Grid の各プラン