マークアップを使ってメッセージの書式を設定する

自動の書式設定ではなく、マークアップを使ってデスクトップでメッセージをフォーマットしたい場合は、いつでも環境設定を変更できます。

注意 : Slack でメッセージの自動の書式設定を使うための詳しい方法は、メッセージの書式設定を参照してください。

 

デスクトップで書式設定を行う

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. Menu から環境設定を選択します。
  3. 左側の「詳細設定」を選択します。
  4. 「入力オプション」から、「マークアップでメッセージを書式設定する」の横にあるボックスにチェックを入れます。

 

設定による影響

マークアップで書式設定をする場合は、いくつかの制限事項がありますので注意してください。

  • 書式設定したメッセージのコピーと貼り付け時には、メッセージがプレーンテキストとして表示されます。
  • Mac で箇条書きリストを書式設定するには、追加したい各ポイントで Option8 を押します。現時点では、Mac、Windows、または Linux 版 Slack でアスタリスク (*) を入力して箇条書きを書式設定することはできません。
  • 番号付きのリストを書式設定するには、追加したい各番号に続けてピリオドを入力します。現時点では、自動的に番号付きのリストを書式設定することはできません。
  • 現時点では、マークアップの環境設定が有効になっている場合、メッセージ書式設定のキーボードショートカットには対応していません。
  • ハイパーリンクを作成するオプションはメッセージに表示されません。
  • メッセージフィールドに書式設定のツールバーが表示されません。