チャンネル管理ツール

OrG プライマリーオーナーは、オーガナイゼーションダッシュボードで、Enterprise Grid OrG にあるすべてのパブリックチャンネルとプライベートチャンネルを表示・管理できます。プライマリーオーナーは、チャンネルを表示・管理する権限を OrG オーナーと OrG 管理者にも付与できます。


チャンネルの管理権限を設定する

OrG プライマリーオーナーは、パブリックチャンネルまたはプライベートチャンネル、あるいはその両方を管理する権限を OrG オーナーと OrG 管理者に付与できます。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定とその他管理項目」をクリックし、その後「オーガナイゼーションの設定」をクリックします。
  3. 左サイドバーの「設定」をクリックし、「チャンネルの管理」を選択します。
  4. チャンネルタイプの横にある「編集」をクリックします。
  5. 環境設定を行い、「設定を保存する」をクリックします。


チャンネルを表示・管理する

OrG プライマリーオーナーと、権限のある OrG オーナーまたは OrG 管理者は、OrG ダッシュボードで以下の情報を表示したり、以下のアクションを実行したりできます。

入手できる情報

  • チャンネルが属するワークスペース
  • チャンネル内のメンバーとゲストの数
  • チャンネルの作成者
  • 最近のチャンネルアクティビティの日付
  • チャンネルの作成日時

実行できるアクション

  • メンバーを追加する
  • ワークスペースを編集する
  • 投稿権限を編集する
  • メッセージの保存設定を編集する
  • チャンネル名を変更する
  • チャンネルをプライベートチャンネルに変換する
  • チャンネルをアーカイブまたは復元する
  • チャンネルを削除する

注意 : チャンネルの保存設定を変更するには、まず管理者がこれを変更できるように OrG のポリシーを追加する必要があります。まずは、サポートチームにお問い合わせください。

チャンネルを表示する

OrG プライマリーオーナーと、権限のある OrG オーナーまたは OrG 管理者は、以下の手順を使って、OrG 内のチャンネルの情報を表示できます。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定とその他管理項目」をクリックし、その後「オーガナイゼーションの設定」をクリックします。
  3. 左サイドバーの  「チャンネル」をクリックします。
  4. リストをスクロールし、OrG 内のすべてのチャンネルを表示します。また、チャンネルタイプまたはワークスペース別にチャンネルをフィルタリングすることもできます。「アーカイブしたチャンネルを表示する」のとなりにあるボックスにチェックを入れると、アーカイブしたチャンネルを表示できます。プライベートチャンネルを管理する権限がある場合は、「すべてのプライベートチャンネルを表示」のとなりにあるボックスにチェックを入れることができます。

注意 : プライベートチャンネルを管理する権限のあるユーザーは、チャンネル管理ツールではプライベートチャンネルで送信されたメッセージを表示することはできません。 コンテンツはほかのツールを使用して表示できる場合があります。もっと詳しく知りたい場合は、オーナーまたは管理者にお問い合わせください。


チャンネルを管理する

OrG プライマリーオーナーと、権限のある OrG オーナーまたは OrG 管理者は、以下の手順を使って、OrG 内のチャンネルに対してアクションを実行できます。

  1. OrG ダッシュボードのチャンネルリストで、チャンネル名の右側にある   (3 つのドットアイコン) をクリックします。
  2. 実行するアクションを選択します。
  3. 変更して保存します。

チャンネルでアクションを実行すると、その旨をメンバーに知らせるメッセージが Slack からそのチャンネルに投稿されます。 メッセージでは、チャンネル管理ツールを使ってアクションを実行した管理者の名前と、管理者はこのツールを使ってチャンネルのコンテンツを表示できないことをチャンネル内のメンバー通知します。 

この機能を使えるのは誰?
  • OrG プライマリーオーナーと、権限のある OrG オーナー/OrG 管理者
  • Enterprise Grid プラン