無料で Slack コネクトを試してみるようパートナーを招待する

どの有料プランでも利用できる Slack コネクトを使えば、社外のメンバーとの共同作業を安全に進められます。Slack コネクトを使って、パートナー、顧客、ベンダーがチャンネルで自社のチームと仕事を進められるよう招待しましょう。有料の Slack プランを利用していないパートナーや、Slack をまったく使用していないパートナーでも、Slack チャンネルに招待できます。資格を満たしている場合、Slack コネクトと Slack スタンダードプランの無料トライアルを 90 日間利用できます。

詳細

  • 対象となるチームは、Slack フリープランを使用している(Slack コネクトのトライアルを体験したことがない)チームと、初めて Slack を使用するチームです。Slack アカウントやワークスペースは、サインアップ時に作成できます。 
  • 対象となるチームは、Slack のスタンダードプランとそのプレミアム機能(Slack コネクトなど)を 90 日間利用できるようになります。
  • トライアルは、各ワークスペースにつき 1 度だけ利用できます。


Slack コネクトのトライアルの共有方法

  1. Slack のチャンネルにパートナーを招待します
  2. パートナーが招待を承諾するのを待ちます。パートナーがリンクをクリックすると、招待を承諾するために Slack に戻ります(Slack を初めて使用する場合は、ワークスペースも作成します)。

注意 :招待リンクの有効期限は 14 日です。


トライアルのパートナー側での操作と仕組み

  • Slack を初めて使用するパートナーの場合、手順に従ってワークスペースを新規作成し、チャンネルへの招待を承諾します。Slack を使用しているパートナーの場合、すぐに招待を承諾できます。トライアルオファーを承諾するために、パートナーのクレジットカード情報が求められることはありません。 
  • Slack フリープランを利用しているパートナーの場合、ワークスペースのオーナーと管理者には Slackbot からのダイレクトメッセージとメールが送信され、承諾した招待とトライアルに関するアラートが通知されます。
  • パートナーは、トライアル期間中いつでもワークスペースをアップグレードできます。無料トライアル期間終了時にアップグレードしない場合、パートナーは Slack フリープランに戻され、ほかのパートナーと参加していたチャンネルへの接続は解除されます。パートナーがトライアル終了から 5 日以内にアップグレードした場合、そのパートナーと別のパートナー 1 社で共有されていたチャンネルは再接続されます。2 社以上のパートナーと共有していたチャンネルには、再度招待してもらう必要があります。