Slack コネクト : オーガナイゼーションの連携を解除する

オーガナイゼーションの連携を解除して、Slack コネクトチャンネルやダイレクトメッセージ(DM)で行うそのオーガナイゼーションとのすべてのコミュニケーションをやめることができます。 

注 :必要に応じて、連携を解除する代わりに、ほかのオーガナイゼーションとの特定のチャンネルの共有を停止できます。

この機能でできること

Slack コネクトチャンネル内の権限に応じて、オーガナイゼーションとの連携を解除する際に想定されることを示します。

  • 招待済みのオーガナイゼーションは、投稿や招待などの権限を持っている場合は、チャンネルのアーカイブ済みコピーを保持しますが、持っている権限が投稿の権限のみの場合は保持しません。
  • 連携が解除されたチャンネルは、引き続きチャンネルのオーナーによる利用が可能です。
  • DM はすべての参加者に対してアーカイブされ、すべてのメッセージ履歴がそのまま残ります。
  • ほかのオーガナイゼーションのメンバーがチャンネルや DM で共有しているファイルには、アクセスできなくなります。

 

オーガナイゼーションの連携を解除する

プロプランとビジネスプラスプラン

Enterprise Grid プラン

デフォルトでは、ワークスペースのオーナーと管理者のみがオーガナイゼーションの連携を解除することができますが、Slack コネクトチャンネルの承認と管理の権限を付与することで、このアクションをすべてのメンバーが実行できるようにすることができます。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定とその他管理項目」を選択し、「ワークスペースの設定」をクリックします。
  3. 左サイドバーの「その他管理項目」で、「Slack コネクトのつながり」を選択します。左サイドバーが見当たらない場合、左上の「メニュー」をクリックして見つけます。
  4. 連携を解除したいオーガナイゼーションの横にある (3 つのドットアイコン)をクリックします。
  5. 「[organization name]の連携を解除する」をクリックし、 「連携を解除する」をクリックして確定します

OrG オーナーと OrG 管理者は、以下の手順に従ってオーガナイゼーションの連携を解除できます。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定とその他管理項目」を選択し、その後「オーガナイゼーションの設定」をクリックします。
  3. 左側のサイドバーの「Slack コネクト」をクリックし、「接続」をクリックします。
  4. 連携を解除したいオーガナイゼーションの横にある
     (3 つのドットアイコン)をクリックします。
  5. 「[organization name]の連携を解除する」をクリックし、「連携を解除する」をクリックして確定します
誰がこの機能を利用できますか?
  • ワークスペースのオーナー(プロプランとビジネスプラスプラン)
    OrG オーナーOrG 管理者(Enterprise Grid)
  • 有料プランでご利用いただけます。