OrG 内の社外メンバーを管理する

組織が Slack コネクトで外部パートナーと連携している場合、チャンネル管理権限が割り当てられた OrG オーナーと OrG 管理者は、これらの社外メンバーがアクセスできるチャンネルを表示し管理できます。


Slack コネクトのチャンネルに参加している社外のメンバーを表示する

OrG オーナーまたは OrG 管理者は、以下の手順で、OrG が管理するチャンネルに参加しているすべての社外メンバーのリスト(所属する OrG、表示名、メールアドレスなど含む)を表示できます。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定と管理」を選択したら、「オーガナイゼーションの設定」をクリックします。
  3. 左サイドバーの「メンバーディレクトリ」をクリックし、「社外のメンバー」を選択します。
  4. 名前またはメールアドレスで個人を検索するか、OrG 名でフィルタリングします。
  5. あるメンバーが参加しているチャンネルの一覧を表示するには、その名前をクリックして「詳細」ビューを開き、「チャンネル」タブをクリックします。

注 : そのメンバーが所属する OrG のチャンネルで投稿権限しかない場合、メンバーの名前の横にあるメニューにそのメンバーをチャンネルから外すオプションが表示されます。


Slack コネクトのチャンネルに参加している社外のメンバーを外す

OrG が所有するチャンネルから、投稿のみ許可されている社外のメンバーを外すことができます。これらのチャンネルから外部のメンバーを削除しても、そのメンバーのダイレクトメッセージや、OrG に接続され、そのメンバーが参加するほかのチャンネルへのアクセス権は失われません。必要に応じて、複数のチャンネルからメンバーを一括して外すこともできます。

注 :これらのチャンネルからメンバーを削除しても、その OrG とのコミュニケーションができなくなるわけではありません。すべてのアクセスを完全に無効にするには、必ず OrG との接続を解除してください。

チャンネルからメンバーを外す

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定と管理」を選択したら、「オーガナイゼーションの設定」をクリックします。
  3. 左サイドバーの「メンバーディレクトリ」をクリックし、「社外のメンバー」を選択します。
  4. メンバーを検索したら、メンバーの名前をクリックしてプロフィールを開きます。
  5. 「チャンネル」タブをクリックします。
  6. 社外のメンバーを外したいチャンネルの横にある  (3 つのドットアイコン)をクリックします。このオプションが表示されない場合、このメンバーをチャンネルから外すことはできません。
  7. 「チャンネルから外す」を選択し、「削除」をクリックします。


チャンネル名の横に (3 つのドットアイコン)がない場合、その社外メンバーは投稿や招待などの権限を持っているか、そのチャンネルのオーナーであるため、外すことができないという可能性があります。

Tip : 「チャンネルのオーナー」でメニューをフィルタリングすると、メンバーが所属する Enterprise Grid OrG 内の接続された各チャンネルのオーナーがどの OrG かを表示できます。

複数のチャンネルからメンバーを外す

あるメンバーが複数のチャンネルに参加しており、それらのチャンネルでは投稿権限しかない場合、以下の手順でそのメンバーを複数のチャンネルから一括で外すことができます。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定と管理」を選択したら、「オーガナイゼーションの設定」をクリックします。
  3. 左サイドバーの「メンバーディレクトリ」をクリックし、「社外のメンバー」を選択します。
  4. メンバーを検索したら、メンバーの名前をクリックしてプロフィールを開きます。
  5. 右上の「管理」をクリックします。
  6. 「すべてのチャンネル」または「特定のチャンネルを選択する」のいずれかを選択し、「削除」をクリックします。

Tip : パブリックチャンネルの管理権限しかない場合、プライベートチャンネルは表示されません。アクセス権のないプライベートチャンネルからメンバーを削除したい場合は、OrG オーナーに連絡してください。

誰がこの機能を利用できますか?
  • OrG オーナーOrG 管理者
  • Enterprise Grid プランで利用できます。