トレーニング

さまざまな業種で共有チャンネルを活用

社外パートナーとのやり取りに Slack を使いたいけれど、実際のイメージが湧かない…そんな人のために業種別の活用例を紹介します。

共有チャンネルを使うと、異なる 2 つのオーガナイゼーションがそれぞれの Slack ワークスペース内のチャンネルで共同作業を行うことができます。電子メールとは違って両チーム間で情報を自由にやり取りできるため、チームはリアルタイムで戦略パートナーとコラボレーションし、仕事を進めていくことができます。

共有チャンネルをスムーズに使い始められるよう、業種別の例を用意しました。

ホスピタリティ

ホスピタリティサービス業の運営にはたくさんの人が係わることがあります。そのため、何かの計画を実行しようとすると、さまざまな作業が同時進行することも珍しくありません。また、競争の激しいこの業界では、顧客を深く理解した質の高いエクスペリエンスを提供することが重要になっています。

教育

小学校から大学まで教育業界のデジタルトランスフォーメーションが進むなか、リアルタイムのコラボレーションがますます必要になっています。Slack が教育機関やコミュニティに検索できるプラットフォームを提供することで、リアルタイムのナレッジ共有や学習などさまざまなことが実現します。

合併・買収

合併や買収の際、組織は全体パフォーマンスの相乗効果を引き出しつつ、チームの混乱を最小限に抑えなくてはなりません。成功のためにはこの変革を両組織間で協力して進めることが必要です。Slack はそのプロセスにおいてリーダーとチームの連携をサポートします。

代理店

デジタルチャンネルにより、顧客がお気に入りのブランドに期待するものは絶えず変化しています。急速に変化するトレンドに対応できるよう、代理店は常に進化することが求められています。そのような状況において、代理店、編集者、プロダクトオーナー、開発者がトレンドに合ったプランをどんどん作るのに、共有チャンネルはぴったりです。

医療

医療サービスの需要が増える一方で、医療技術の進歩によるインテリジェントな治療方法がこれまでの業界を変えつつあり、それは患者の全体的なエクスペリエンスにも影響しています。医師、保険会社、薬局、規制機関は、共有チャンネルを活用することで協力してイノベーションを進めることができるようになります。

製造業

これまで製造業では、大量生産によって利益が生まれていました。しかし今、市場は変化しています。メーカーは市場での移り変わるチャンスに対応するために、革新的なソリューションを採用して製品のライフサイクルを短縮し、生産量を減らしています。そんな状況のなかで、共有チャンネルは、OEM やそのグローバルパートナーが迅速に動けるようなコミュニケーションプラットフォームを提供します。

専門サービス

コンサルタントは、クライアントの要件に応じて、さまざまなツールやコミュニケーションチャンネルに通じている必要があります。共有チャンネルを活用すると、進捗を確認するプロジェクトマネージャー、成果物にフィードバックを出すクライアント、財務モデリングに関する情報が必要なコンサルタントが 1 カ所でやり取りできるため、関係者と連携しやすくなり作業に集中できるようになります。

小売業

小売業界がコネクテッドコンシューマーに合わせた変革を行うなか、ブランドには優れたカスタマーエクスペリエンスの設計が求められています。製品開発から在庫管理に至るまで企業が競争をリードするうえで、機敏に状況対応していくことは欠かせません。

テクノロジー

多くの DevOps チームでは Slack チャンネルで共同作業を行い、アプリを使って統合したワークフローを活用しています。ベンダーパートナーと共有チャンネルを活用すれば、プロジェクトベースの作業を合理化できるだけでなく、不具合に関するコミュニケーションや根本原因の分析を改善することができます。

物流

今や国内外を問わず、製品のスピーディな運搬はこれまでにないほど簡単です。サプライチェーンの複雑化や規制変更といった課題にもかかわらず、グローバルな商品貿易は成長しています。

 

この教材は役に立ちましたか?

0/600

助かります!

ご意見ありがとうございました!

了解です!

ご意見ありがとうございました!

うーん、システムがなにか不具合を起こしてるみたいです。後でもう一度お試しください。