桃色の背景がついた、ストライプ模様の救命用浮き袋

Slack コネクトで顧客サービスの運用を再定義

Slack チャンネルでより迅速でよりパーソナライズされたサポートを大手の顧客に提供する

他社にはないサポートで顧客を満足に

顧客ごとにカスタマイズした細やかなサービスを大規模に実現しましょう。Slack コネクトチャンネルを使って顧客やパートナーと連携すれば、Slack のエンタープライズレベルのセキュリティインテグレーションワークフローが持つメリットを社外の人々にまで広げることができます。

  • 15.7%

    カスタマーエフォートスコアが改善*

  • 3 倍

    チケット解決までの速度が向上*

  • 64%

    未解決のサポートチケットが減少*

顧客と共有するチャンネルの見た目や使い心地は、社内チームで使うものと変わりません。最大 20 社のメンバーが参加できるため、全員が 1 つの共有スペースで方向性を揃えて成果を生み出すことができます。

Slack コネクトなら、サービスパートナーのエコシステムを生み出して重要顧客にプレミアムなサポートを提供することで、サポート体験を長く続く関係へと発展させることができます。

1.サービスパートナーのエコシステムを形成

サービスプロバイダーやパートナーとサポート担当者が 1 か所でつながれば、顧客に影響する緊急の問題が起きた場合もすぐに確認して話し合い、行動を起こすことができます。

 

「特に大規模で込み入った注文に対応する際は、当社のレストランパートナーと共有サービス業者をすべて同じ Slack チャンネルに追加します。そうすれば何か問題が発生しても、全員が同じオフィスにいるかのようにやり取りできるんです」

DeliverooCIOWill Sprunt 氏

2.重要顧客にプレミアムなサポートを提供する

重要顧客と専用の Slack コネクトチャンネルでつながれば、まるで同じチームであるかのような独自のプレミアムなサービスを提供でき、顧客ロイヤルティが高まります。

 

「顧客からは、当社がまるでその企業のチームの一員のようだという声が届いています。こうした感覚は、間違いなく Slack を使っているからこそでしょう」

Fastly Director of Customer Experience Kami Richey 氏

10 万を超える組織が Slack コネクトを活用しています

Slack Connect を使い始める

社外パートナー、ベンダー、関係者とのコミュニケーションをスピードアップし、より安全に仕事を進めましょう。

  • チャンネルでパートナー企業と連携するメリットについて詳しくはこちらから
  • チャンネルを共有するには、有料プランの利用が必要です。詳しくは、Slack の料金プランを参照してください。
  • Slack コネクトを使うと、サービス部門の Digital HQ(会社を動かすデジタル中枢)への扉を開けて、他社にはないサポートで顧客満足を実現することができます。

*評価や数字は、Slack コネクトを利用している企業における特定のチームのケースに基づいたものです。結果は組織によって異なることがあります。

この情報はお役に立ちましたか?

0/600

助かります!

ご意見ありがとうございました!

了解です!

ご意見ありがとうございました!

うーん、システムがなにか不具合を起こしてるみたいです。後でもう一度お試しください。