よりシンプルで効率的な働き方

Slack とメールの比較

メールでは情報が埋もれがち。Slack ならあらゆる情報が整理され、仕事が確実に進みます。

長々と続くメールではなく、プロジェクト専用のチャンネルでやり取り

あるプロジェクトに関するすべての会話を受信トレイで確認するには、異なる件名がついたメールへの返信をすべてチェックしなければなりません。一方 Slack なら、プロジェクトに関する会話やファイルがチャンネルに一元化できるため、必要な情報がすぐさま見つかります。

チャンネルについて詳しく知る

「メールでは十分なやり取りができず、時間もかかります。そこですべてを Slack チャンネルに集約したところ、日々の経営にまつわるトピックを議論しやすくなりました。その価値ははかり知れません」

Benjamin Sternsmith 氏

Lyft Business、Area Vice President of Sales

事例を見る

適切なメンバーにいち早くリーチ

Slack なら、どんなメンバーやチームとでもリアルタイムで会話が実現。新着メールの優先順位が存在しないメールとは違い、すぐに返信が欲しい時には通知を使って特定のメンバーの注意を引くこともできます。

チーム全員で常に現状を共有

宛先に含まれているメンバーしか内容を確認できないメールでは、情報が分断されてしまいます。対して Slack では、チャンネルのメンバー全員が同じメッセージを確認でき、担当範囲や仕事の進め方を把握するのもスムーズです。

「チャンネルを覗けば、進捗状況がすべてわかります。確認のために誰かの手を煩わせたり、ミーティングを開いたりする必要はありません。すべてがリアルタイムで進められるようになり、全社的な効率が大幅に改善しました」

David Maddocks 氏

Cole Haan、CMO

事例を見る

コンテキストの切り替え時間を節約

メールとほかのアプリを同時に使う場合、タブやウインドウを頻繁に切り替えなければなりません。しかしそうした些細なことが集中力を削いでしまいます。Slack なら、いつも使うツールのすべてと連携できるため、会話の場を離れることなく必要な情報を発見し、すばやくアクションすることができます。

Slack App ディレクトリをチェック

よくある質問

はい。Slack を使うと仕事がスムーズに進みます。メールで長々とやり取りする代わりに、仕事に必要なメンバーやツール、ファイルをすべてチャンネルに集約して仕事を整理できるからです。またメールではメッセージがすぐに埋もれてしまいますが、Slack なら通知機能で特定の人の注意を引いてメッセージをすぐに確認してもらうことができます。さらに、よく使うツールを Slack と連携することも可能です。これはメールでは叶いません。

Slack を使用してグループでダイレクトメッセージをやり取りする場合、9 人まで参加できます。グループ DM は、チャンネルの全員が加わる必要のないちょっとした会話に適しています。人数が 9 人を超える場合はチャンネルを作りましょう。

はい。Slack ではセキュリティを非常に重視しており、ワークスペース内の情報は安全に保護されます。Slack のデータセキュリティについて詳しくは、セキュリティプラクティスを参照してください。

Slack では、会話がチャンネルに整理されます。チャンネルは全員が集まってアイデアを共有し、意思決定を行い、仕事を進めるための場所です。これにより、各自が働く場所にかかわらずチームの認識を揃えて仕事を速やかに進めることができます。

さらにSlack コネクトのチャンネルにパートナーやベンダー、顧客とのやり取りをまとめれば、社外とのコミュニケーションもスムーズです。

はい。Slack では、メールも含めた仕事のやり取りをすべて 1 か所にまとめられます。詳しくは Slack へメールを送信する方法を参照してください。