Slack コネクトチャンネルの設定と権限を管理する

Slack コネクトを使うと、他社のメンバーとチャンネルで一緒に働くことができます。オーナーと管理者は、ワークスペースまたは Enterprise Grid オーガナイゼーション内のこれらのチャンネルに対して、次の設定と権限を調整できます。


Slack コネクトチャンネルを有効または無効にする

デフォルトでは、メンバーはチャンネルで他社のメンバーと共同作業できますが、オーナーと管理者はこのオプションを無効にできます。この権限を変更しても、他社との既存のチャンネルに影響はありません。

プロプランとビジネスプラスプラン

Enterprise Grid プラン

ワークスペースのオーナーと管理者は、ワークスペースの Slack コネクトチャンネルを有効または無効にできます。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定とその他管理項目」を選択し、その後「ワークスペースの設定」をクリックします。
  3. 「権限」タブをクリックします。
  4. 「Slack コネクトチャンネル」の横の「開く」をクリックします。
  5. 「チャンネルへの招待を有効にする」の横のボックスにチェックをつけるか外します。
  6. 「保存」をクリックします。

Slack コネクトチャンネルを管理する 

OrG のオーナーと管理者は、オーガナイゼーションの Slack コネクトチャンネルを有効または無効にできます。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定とその他管理項目」を選択し、その後「オーガナイゼーションの設定」をクリックします。
  3. 左側のサイドバーの 「Slack コネクト」をクリックし、「設定」を選択します。
  4. 「チャンネル」の横の「編集」をクリックします。
  5. 「チャンネルへの招待を有効にする」の横のボックスにチェックをつけるか外します。
  6. 「設定を保存する」をクリックします。


どのワークスペースのメンバーがチャンネルを使用できるかを選択する

Slack コネクトチャンネルが有効にされている場合、デフォルトでは Enterprise Grid OrG のすべてのワークスペースのメンバーがこれらのチャンネルを使用できます。OrG のオーナーと管理者は、必要に応じて、どのワークスペースのメンバーがチャンネルを使用できるかを次の方法で選択できます。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定とその他管理項目」を選択し、その後「オーガナイゼーションの設定」をクリックします。
  3. 左側のサイドバーの 「Slack コネクト」をクリックし、「設定」を選択します。
  4. 「どのワークスペースのチャンネルに対して有効にしますか?」の横にある「編集」をクリックします。
  5. どのワークスペースのメンバーが Slack コネクトチャンネルを使用できるかを選択します。
  6. 「保存」をクリックします。


招待を送信・承諾できるメンバーを決定する

プロプランとビジネスプラスプラン

Enterprise Grid プラン

デフォルトでは、メンバーは他社のメンバーとチャンネルで共同作業するための招待を送信および承諾できます。ワークスペースのオーナーと管理者は、この権限を持つメンバーを変更できます。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定とその他管理項目」を選択し、その後「ワークスペースの設定」をクリックします。
  3. 「権限」タブをクリックします。
  4. 「Slack コネクトチャンネル」の横の「開く」をクリックします。
  5. 「チャンネルへの招待の送信と承諾を行えるメンバー」で、オプションを選択します。
  6. 「保存」をクリックします。

デフォルトでは、メンバーは他社のメンバーとチャンネルで共同作業するための招待を送信および承諾できます。OrG オーナーと OrG 管理者は、この権限を持つメンバーを変更できます。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定とその他管理項目」を選択し、その後「オーガナイゼーションの設定」をクリックします。
  3. 左側のサイドバーの 「Slack コネクト」をクリックし、「設定」を選択します。
  4. 「チャンネル」の横の「編集」をクリックします。
  5. 「チャンネルへの招待の送信と承諾を行えるメンバー」で、オプションを選択します。
  6. 「設定を保存する」をクリックします。


チャンネルの承認・管理ができるメンバーを選択する

プロプランとビジネスプラスプラン

Enterprise Grid プラン

デフォルトでは、ワークスペースのオーナーと管理者のみが Slack コネクトチャンネルの承認と管理を行えます。必要に応じて、次のようにしてワークスペース内のほかのメンバーにもこの権限を付与できます。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定とその他管理項目」を選択し、その後「ワークスペースの設定」をクリックします。
  3. 「権限」タブをクリックします。
  4. 「Slack コネクトチャンネル」の横の「開く」をクリックします。
  5. 「これらのチャンネルの承認と管理を行えるメンバー」で、オプションを選択します。
  6. 「保存」をクリックします。

デフォルトでは、OrG のオーナーと管理者のみが Slack コネクトチャンネルの承認と管理を行えます。必要に応じて、次のようにしてオーガナイゼーション内のほかのメンバーにもこの権限を付与できます。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定とその他管理項目」を選択し、その後「オーガナイゼーションの設定」をクリックします。
  3.  左側のサイドバーの 「Slack コネクト」をクリックし、「設定」を選択します。
  4. 「チャンネル」の横の「編集」をクリックします。
  5. 「これらのチャンネルの承認と管理を行えるメンバー」で、オプションを選択します。
  6. 「設定を保存する」をクリックします。


リクエストの承認が必要になる場合を管理する

各社のワークスペースの設定によって、チャンネルでの連携リクエストに対する承認が必要なこともあります。オーナーと管理者は、ワークスペースや Enterprise Grid OrG で Slack コネクトのリクエストに承認が必要な場合を選択できます。

注意 : この機能は順次展開予定です。すべてのユーザーの皆さんが利用可能になるまで、今しばらくお待ちください。

プロプランとビジネスプラスプラン

Enterprise Grid プラン

ワークスペースのオーナーと管理者は、次のように、チャンネルで他社のメンバーと仕事をするためのリクエストに承認が必要な場合を選択できます。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定とその他管理項目」を選択し、その後「ワークスペースの設定」をクリックします。
  3. 「権限」タブをクリックします。
  4. 「Slack コネクトチャンネル」の横の「開く」をクリックします。
  5. 「チャンネルへの招待に承認が必要な場合」の下で、オプションを選択します。
  6. 「保存」をクリックします。

Org のオーナーと管理者は、次のように、チャンネルで他社のメンバーと仕事をするためのリクエストに承認が必要な場合を選択できます。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. 「設定とその他管理項目」を選択し、「オーガナイゼーションの設定」をクリックします。
  3. 左側のサイドバーの 「Slack コネクト」をクリックし、「設定」を選択します。
  4. 「承認が必要」の横にある「編集」をクリックします。
  5. オプションを選択して「保存」をクリックします。

注意 : 権限を持つメンバー(プロとビジネスプラス)と OrG オーナー / 管理者(Enterprise Grid)は、リクエストに承認が必要な場合に関する設定を上書きできます。また、特定の OrG に対して異なる承認設定を選択できます


チャンネルのリクエストの送信先となるメンバーを選択する

チャンネルのリクエストに承認が必要な場合、オーナーと管理者はリクエストの送信先を選択できます。デフォルトでは、チャンネルの承認と管理の権限を持つメンバー全員に、Slackbot からの DM を介してリクエストが送信されます。ただし、このメッセージを特定のチャンネルに送信することも可能です。

プロプランとビジネスプラスプラン

Enterprise Grid プラン

ワークスペースのオーナーと管理者は、承認リクエストの送信先を選択できます。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定とその他管理項目」を選択し、その後「ワークスペースの設定」をクリックします。
  3. 「権限」タブをクリックします。
  4. 「Slack コネクトチャンネル」の横の「開く」をクリックします。
  5. 「承認リクエストの送信先」で、オプションを選択します
  6. 「保存」をクリックします。

OrG のオーナーと管理者は、承認リクエストの送信先を選択できます。チャンネルにリクエストを送信する場合は、OrG 全体のチャンネルを選択する必要があります。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. 「設定とその他管理項目」を選択し、「オーガナイゼーションの設定」をクリックします。
  3. 左側のサイドバーの 「Slack コネクト」をクリックし、「設定」を選択します。
  4. 「チャンネル」の横の「編集」をクリックします。
  5. 「承認リクエストの送信先」で、オプションを選択します
  6. 「設定を保存する」をクリックします。

Tip :リクエストが承認または拒否されると、選択したチャンネルまたは Slackbot からの DM でリクエストが自動的に更新されます。

誰がこの機能を利用できますか?
  • ワークスペースのオーナー / 管理者(プロプランとビジネスプラスプラン)、Org オーナー / 管理者(Enterprise Grid)
  • 有料プランでご利用いただけます。