チームワークをもっと有意義に

フリー

Slack を試す最も手軽な方法

US$0/月

90 日間のメッセージ履歴

Slack で送信されるすべてのメッセージは 90 日間保存され、検索できます。有料プランへアップグレードすれば、過去のメッセージやファイルにも制限なくアクセスできます。

10 件のアプリのインテグレーションと公開ワークフロー

公開ワークフローは、ワークフロービルダーで作成され、ワークスペースで使えます。アプリのインテグレーションで、アプリ(Google ドライブや Office 365 など)を Slack にインストールして使えます。Slack のフリープランでは、最大 10 件の公開ワークフローまたはアプリのインテグレーションを使用できます。

1 対 1 の音声およびビデオ会議

Slack ハドルミーティングを使った音声およびビデオ会議(画面共有を含む)を使って、1 人の相手とリアルタイムで仕事を進めることができます。

社外の人との 1 対 1 のメッセージ

Slack コネクトを使えば、1 対 1 のダイレクトメッセージによって、セキュリティを維持しながら社外の人と一緒に仕事をすることができます。

チャンネルと DM でのみドキュメントの作成とコラボレーションが可能

Slack canvas を使ってテキスト、ファイル、画像、動画などのコンテンツをまとめられます。フリープランでは、チャンネルやダイレクトメッセージで共有される canvas にのみアクセスできます。

組み込みの従業員ディレクトリ

1 つのワークスペース

Slack ワークスペースは、シームレスなチームワークを実現するコラボレーションのハブとして、バーチャルオフィスのような役割を果たします。すべてのチャンネル、ダイレクトメッセージ、アプリがワークスペースに一元化されます。

99.99% のアップタイムを保証

ユーザーのプロビジョニングとデプロビジョニング

SAML ベースのシングルサインオン

すべてのメッセージのデータエクスポート

データ損失防止、e-Discovery、そしてオフラインのバックアッププロバイダーに対応

HIPAA 準拠のメッセージとファイルでのコラボレーション

プロ

中小規模の組織やチームの連携を強化

US$7.25/月*
*アクティブユーザー 1 人あたり、月額 (年払い)


アクティブユーザー 1 人当たり月額 US$8.75(月払い)

無制限のメッセージ履歴

Slack で共有されるメッセージ、ファイル、会話はすべて保存され、検索ができるため、必要な情報をすぐに見つけることができ、チームメンバーによりすばやく情報を把握してもらえます。

制限なく使えるインテグレーションとワークフロー

公開ワークフローは、ワークフロービルダーで作成され、ワークスペースで使えます。アプリのインテグレーションで、Google ドライブや Office 365 といった毎日使うアプリを Slack にインストールして、ワークスペースで使えます。Slack の有料プランでは、アプリのインテグレーションとスタンダードワークフローを制限なしで、プレミアムワークフローを割り当て回数まで無料で使用できます。

1 対 1 およびグループでの音声会議とビデオ会議

Slack ハドルミーティングで音声およびビデオ会議(画面共有を含む)を開いて、最大 50 人とリアルタイムで仕事を進めることができます。

社外の人との 1 対 1 およびグループでのメッセージ

Slack コネクトを使えば、セキュリティを維持しながら社外の人と一緒に仕事をすることができます。1 対 1 のダイレクトメッセージ、グループメッセージ、最大 250 のオーガナイゼーションが参加できる専用チャンネルなどの機能が含まれます。

どこからでも文書の作成とコラボレーションが可能

Slack canvas を使ってテキスト、ファイル、画像、動画などのコンテンツをまとめられます。有料プランでは、共有されたどの canvas にもアクセスできるほか、セキュリティとコントロールがさらに強化されています。

組み込みの従業員ディレクトリ

1 つのワークスペース

Slack ワークスペースは、シームレスなチームワークを実現するコラボレーションのハブとして、バーチャルオフィスのような役割を果たします。すべてのチャンネル、ダイレクトメッセージ、アプリがワークスペースに一元化されます。

99.99% のアップタイムを保証

ユーザーのプロビジョニングとデプロビジョニング

SAML ベースのシングルサインオン

すべてのメッセージのデータエクスポート

データ損失防止、e-Discovery、そしてオフラインのバックアッププロバイダーに対応

HIPAA 準拠のメッセージとファイルでのコラボレーション

ビジネスプラス

成長する企業のニーズに応え、生産性とコラボレーションを加速

US$12.50/月*
*アクティブユーザー 1 人あたり、月額 (年払い)


アクティブユーザー 1 人当たり月額 US$15(月払い)

無制限のメッセージ履歴

Slack で共有されるメッセージ、ファイル、会話はすべて保存され、検索ができるため、必要な情報をすぐに見つけることができ、チームメンバーによりすばやく情報を把握してもらえます。

制限なく使えるインテグレーションとワークフロー

公開ワークフローは、ワークフロービルダーで作成され、ワークスペースで使えます。アプリのインテグレーションで、Google ドライブや Office 365 といった毎日使うアプリを Slack にインストールして、ワークスペースで使えます。Slack の有料プランでは、アプリのインテグレーションとスタンダードワークフローを制限なしで、プレミアムワークフローを割り当て回数まで無料で使用できます。

1 対 1 およびグループでの音声会議とビデオ会議

Slack ハドルミーティングで音声およびビデオ会議(画面共有を含む)を開いて、最大 50 人とリアルタイムで仕事を進めることができます。

社外の人との 1 対 1 およびグループでのメッセージ

Slack コネクトを使えば、セキュリティを維持しながら社外の人と一緒に仕事をすることができます。1 対 1 のダイレクトメッセージ、グループメッセージ、最大 250 のオーガナイゼーションが参加できる専用チャンネルなどの機能が含まれます。

どこからでも文書の作成とコラボレーションが可能

Slack canvas を使ってテキスト、ファイル、画像、動画などのコンテンツをまとめられます。有料プランでは、共有されたどの canvas にもアクセスできるほか、セキュリティとコントロールがさらに強化されています。

組み込みの従業員ディレクトリ

1 つのワークスペース

Slack ワークスペースは、シームレスなチームワークを実現するコラボレーションのハブとして、バーチャルオフィスのような役割を果たします。すべてのチャンネル、ダイレクトメッセージ、アプリがワークスペースに一元化されます。

99.99% のアップタイムを保証

ビジネスプラスプランとエンタープライズプランでは、SLA で 99.99% のアップタイムが保証され、高い安心感が得られます。

ユーザーのプロビジョニングとデプロビジョニング

Slack は、SCIM(System for Cross-domain Identity Management)の仕様に基づくメンバーのプロビジョニングに対応しています。プロビジョニングを使用するには、対応の ID プロバイダの利用とコネクタアプリが必要です。

SAML ベースのシングルサインオン

SAML ベースのシングルサインオン(SSO)を有効にすると、選択した ID プロバイダ(IDP)経由で Slack にアクセスできます。Slack が提携しているプロバイダは、OneLogin、Ping、Microsoft Azure、Okta などです。Enterprise プランでは、最大 12 種類の SSO 設定を使用できます。

すべてのメッセージのデータエクスポート

セルフサービスのデータエクスポートツールを活用すれば、すべてのチャンネルと会話からコンテンツをエクスポートできます。これには、1 人のユーザーが参加しているプライベートチャンネル、ダイレクトメッセージ、およびすべての会話が含まれます(必要に応じ、かつ法律が許可する範囲内)。

データ損失防止、e-Discovery、そしてオフラインのバックアッププロバイダーに対応

HIPAA 準拠のメッセージとファイルでのコラボレーション

Enterprise Grid 

エンタープライズ向けのプロダクティビティプラットフォーム。部門の垣根を越えた大規模な仕事を、安全な環境で標準化・自動化・測定できるツールを提供

$

無制限のメッセージ履歴

Slack で共有されるメッセージ、ファイル、会話はすべて保存され、検索ができるため、必要な情報をすぐに見つけることができ、チームメンバーによりすばやく情報を把握してもらえます。

制限なく使えるインテグレーションとワークフロー

公開ワークフローは、ワークフロービルダーで作成され、ワークスペースで使えます。アプリのインテグレーションで、Google ドライブや Office 365 といった毎日使うアプリを Slack にインストールして、ワークスペースで使えます。Slack の有料プランでは、アプリのインテグレーションとスタンダードワークフローを制限なしで、プレミアムワークフローを割り当て回数まで無料で使用できます。

1 対 1 およびグループでの音声会議とビデオ会議

Slack ハドルミーティングで音声およびビデオ会議(画面共有を含む)を開いて、最大 50 人とリアルタイムで仕事を進めることができます。

社外の人との 1 対 1 およびグループでのメッセージ

Slack コネクトを使えば、セキュリティを維持しながら社外の人と一緒に仕事をすることができます。1 対 1 のダイレクトメッセージ、グループメッセージ、最大 250 のオーガナイゼーションが参加できる専用チャンネルなどの機能が含まれます。

どこからでも文書の作成とコラボレーションが可能

Slack canvas を使ってテキスト、ファイル、画像、動画などのコンテンツをまとめられます。有料プランでは、共有されたどの canvas にもアクセスできるほか、セキュリティとコントロールがさらに強化されています。

組み込みの従業員ディレクトリ

仕事をサポートしてくれる適切なメンバーを見つけましょう。ディレクトリ内でメンバーやキーワードを検索し、チームメンバーのプロフィールを閲覧して必要な背景情報をすべて確認できます。

無制限のワークスペース

Slack ワークスペースは、シームレスなチームワークを実現するコラボレーションのハブとして、バーチャルオフィスのような役割を果たします。すべてのチャンネル、ダイレクトメッセージ、アプリがワークスペースに一元化されます。エンタープライズレベルのプランでは、無制限のワークスペースを利用し、Slack をビジネスに合わせてカスタマイズできます。

99.99% のアップタイムを保証

ビジネスプラスプランとエンタープライズプランでは、SLA で 99.99% のアップタイムが保証され、高い安心感が得られます。

ユーザーのプロビジョニングとデプロビジョニング

Slack は、SCIM(System for Cross-domain Identity Management)の仕様に基づくメンバーのプロビジョニングに対応しています。プロビジョニングを使用するには、対応の ID プロバイダの利用とコネクタアプリが必要です。

複数の SAML 設定をサポート

SAML ベースのシングルサインオン(SSO)を有効にすると、選択した ID プロバイダ(IDP)経由で Slack にアクセスできます。Slack が提携しているプロバイダは、OneLogin、Ping、Microsoft Azure、Okta などです。Enterprise プランでは、最大 12 種類の SSO 設定を使用できます。

すべてのメッセージのデータエクスポート

セルフサービスのデータエクスポートツールを活用すれば、すべてのチャンネルと会話からコンテンツをエクスポートできます。これには、1 人のユーザーが参加しているプライベートチャンネル、ダイレクトメッセージ、およびすべての会話が含まれます(必要に応じ、かつ法律が許可する範囲内)。

データ損失防止、e-Discovery、そしてオフラインのバックアッププロバイダーに対応

エンタープライズレベルのプランでは、Slack の Discovery API によって、承認済みのサードパーティ製アプリを使って、Slack のメッセージやファイルのエクスポートやその他の処理を行うことができます。

HIPAA 準拠のメッセージとファイルでのコラボレーション

Slack では、アップロードされたファイルとメッセージコンテンツで保護対象保健情報(PHI)がサポートされるよう設定できます。

フリープロビジネスプラスEnterprise Grid 
生産性とコラボレーション
メッセージおよびファイルの履歴

使えば使うほど、Slack の利便性がさらにアップ。社内のメッセージすべてが検索対象となるので、過去の意思決定の背景を確認するのも、新しいチームメンバーが業務に追いつくのもよりスムーズに。

90 日間のアクセス対象対象対象
Slack ハドルミーティング

キーボードを打つ手を休めて、音声を使ったリアルタイムのビデオ通話をチャンネルやダイレクトメッセージで発信できます。画面共有、メッセージスレッド、そして楽しい絵文字リアクションやエフェクトが利用できます。スイッチ 1 つでブレインストーミング、意思決定、情報確認を実施できます。

1 対 1 のみ対象対象対象
音声クリップと動画クリップ

仕事の活性化に音声と動画を役立てましょう。音声クリップでアイデアを録音することも、画面を動画クリップに録画して共有することも、Slack から離れずに行えます。一緒に仕事をする人たちは、いつでも都合のよい時に対応できます。

対象対象対象対象
外部の人と連携する

Slack コネクトで、組織の壁を超えたシームレスなコラボレーションが実現。異なる組織がそれぞれの Slack ワークスペース内から共同作業を行うことができます。

1 対 1 のみ対象対象対象
Slack canvas

チャンネルやダイレクトメッセージ、プロジェクトで重要なドキュメントを整理できる canvas は、チームでの認識の共有やコラボレーションに役立つスペースです。やることリスト、よくある質問、新メンバー向けのガイドなどをまとめておくのに便利で、ワークフローの埋め込みも可能です。

チャンネルと DM のみ対象対象対象
カスタムテンプレート

カスタムテンプレートは、Slack canvas でのコラボレーションを標準化・効率化するのに役立つ機能です。強力な自動化を組み込んだ、すぐに使えるテンプレートの作成・共有が可能。OrG 内のメンバー全員が、ボタンをクリックするだけで利用できます。

対象
カスタマイズできるセクション

サイドバー内の折りたたみ可能なカスタムセクションにチャンネルと会話を整理しておくと、それぞれのプロジェクト、チーム、および優先事項を区別できるようになります。

対象対象対象
Slack Atlas

ともに仕事を前に進めるための、適切なメンバーが見つかる機能です。ディレクトリ内でメンバーやキーワードで検索して、プロフィールや背景情報を確認。必要な人にすぐにリーチできます。

アドオン対象
Slack AI

Slack AI は、Slack 内での仕事の流れに組み込める、シンプルで直感的な AI 機能です。

アドオン
自動化ツール
ほかのアプリとのインテグレーション

Slack App ディレクトリでは、Salesforce、Jira、Google ドライブ、ChatGPT など、2,600 種類を超えるアプリを選ぶことができ、どんな業務にも対応できます。

10対象対象対象
ワークフロービルダー

定型的なタスクとプロセスを Slack で直接自動化できます。コーディングは一切不要です。簡単なものから複雑なものまで自由にワークフローを作成でき、仕事に使用しているほかのアプリやツールを連携させることもできます。

対象対象対象
カスタムワークフローステップ

カスタムワークフローを使えば、自社独自のシステムやビジネスロジックをワークフローに組み込めます。開発者が Slack API を使用して構築します。

対象対象対象
アプリを Slack インフラストラクチャにデプロイする

開発者は、追加コストなしでカスタム関数を Slack の安全なマネージドインフラストラクチャにデプロイできます。

対象対象対象
自動化用途
公開ワークフローの合計またはほかのアプリとのインテグレーションの合計

公開ワークフローはワークフロービルダーで作成され、ワークスペースで使えるようになるワークフローです。
公開インテグレーションは App ディレクトリからインストールして、ワークスペースで使えるようになるものです。

無制限無制限無制限
スタンダードワークフロー

スタンダードワークフローは、Slack ステップと最大 1 つのコネクタステップを使って構築されます。コネクタステップを使うと、ワークフローに Salesforce、Google スプレッドシート、Jira といったほかのツールを組み込めます。

対象対象対象
プレミアムワークフロー

プレミアムワークフローには少なくとも 1 つのカスタムステップまたは 2 つ以上のコネクタステップが含まれます。コネクタステップを使うと、ワークフローに Salesforce、Google スプレッドシート、Jira といったほかのツールを組み込めます。Slack の有料プランには、プランに応じて月に 1,000 ~ 5,000 回の実行数が含まれます。その割り当て回数を超過すると、プレミアムワークフローの実行 1 回につき 0.05 ドルがかかります。

1,000 回 / 月2,000 回 / 月5,000 回 / 月
セキュリティ機能
データ保存時と転送時の暗号化対象対象対象対象
2 要素認証対象対象対象対象
Google 経由の OAuth対象対象対象
SAML ベースのシングルサインオン(SSO)対象マルチ SAML をサポート
Slack Enterprise Key Managementアドオン
エンタープライズ モビリティ管理(EMM)とのインテグレーション対象
監査ログ

監査ログで Enterprise Grid 上の変更や使用の履歴を確認できます。Slack で直接監査ログを確認したり、CSV 形式でエクスポートしたり、監査ログ API を使用してカスタムモニタリングツールを作成したりできます。

対象
ID プロバイダ(IDP)グループ

お使いの IDP で作成したグループを Enterprise Grid オーガナイゼーション内のワークスペースとチャンネルに同期します。お使いの IDP がグループの同期に対応していない場合には、SCIM API を使って手動で同期することができます。

対象
コンプライアンス機能
メッセージとファイルのカスタム保存ポリシー対象対象対象
すべてのメッセージのデータエクスポート対象対象
HIPAA 準拠のサポート対象
データレジデンシー対象対象
Slack コネクトのネイティブデータ損失防止(DLP)

Slack コネクトのデータ損失防止機能は、オーガナイゼーションのメンバーが送信したメッセージとファイルをスキャンし、機密コンテンツ、悪意のあるコンテンツ、個人を特定できるコンテンツが外部の組織に共有されるリスクを軽減します。

対象
情報バリア

IDP グループ間に情報バリアを作成し、特定のメンバーが DM を送信したり、ハドルミーティングを開始したりできないようにすることで、利益相反を回避し、機密情報を安全に保護します。

対象
訴訟ホールド
対象
管理機能
ワークスペース

Slack ワークスペースは、シームレスなチームワークを実現するコラボレーションのハブとして、バーチャルオフィスのような役割を果たします。すべてのチャンネル、ダイレクトメッセージ、アプリがワークスペースに一元化されます。

111無制限
チャンネルへの投稿権限を管理する#general チャンネルのみに限定

ワークスペースのメンバーが全員参加するチャンネルが #general チャンネル。社内通知など全員に知らせる必要がある情報の共有に便利です。

#general チャンネルのみに限定

ワークスペースのメンバーが全員参加するチャンネルが #general チャンネル。社内通知など全員に知らせる必要がある情報の共有に便利です。

チャンネル数に制限なしチャンネル数に制限なし
カスタムユーザーグループ

通知の送信がしやすくなり、チーム、部署またはグループ全体への情報の伝達もスムーズになります。

対象対象対象
SCIM プロビジョニングによるユーザー管理対象ゲストをサポート
データ損失防止(Data Loss Prevention=DLP)、eDiscovery、そしてオフラインのバックアッププロバイダとのインテグレーションに対応対象
ドメインのクレーム対象
カスタムサービス利用規約対象
細かなメンバー種別の設定

システムメンバー種別を個別のメンバーや IDP グループに割り当てることも、複数のシステムメンバー種別に複数のメンバーを割り当てることもできます。詳細なコントロール機能により、メンバーが管理タスクを実行できる場所を、Enterprise Grid オーガナイゼーションの全ワークスペースにするか、指定のワークスペースだけにするかも選択できます。

対象
管理者向けアナリティクス API

指定した日付のアナリティクスデータを JSON 形式の圧縮ファイルで取得できます。

対象対象
管理者向けアナリティクスダッシュボード

Slack アナリティクスダッシュボードを使えば、オーガナイゼーションでの Slack の利用状況をさまざまなデータから確認できます。担当するワークスペースや Enterprise Grid オーガナイゼーション内のメッセージ、チャンネル、メンバーについてより理解できる情報を簡単に発見・ソートできます。

対象対象対象
メッセージアクティビティアナリティクス

メッセージアクティビティを使用すると、オーナー、管理者、権限のあるメンバーは、Slack の特定のメッセージにリアクションした人の数を確認できます。メッセージアクティビティを使用して、オーガナイゼーション向けの通知や社内コミュニケーションのキャンペーンの影響を評価できます。

対象対象
サポート
カスタマーサポートへのアクセススタンダードサポート年中無休・24 時間のサポート4 時間のレスポンスタイムを誇る年中無休・24 時間体制のサポート4 時間のレスポンスタイムを誇る年中無休・24時間体制のプライオリティサポート
99.99% のアップタイムを保証するサービス品質保証契約対象対象

Slack AI で、仕事をもっとスマートに

Slack AI は組織内のあらゆる人の力になります。ぜひ Slack の営業担当者にお問い合わせいただくか、待機リストにご登録ください。

  • AI を活用した検索で、質問への回答をすばやく取得

  • ワンクリックで会話を要約

  • 自社のデータを安全に保護しながら利用できるので安心

アクセスする

現在、Enterprise プランのアドオンとして、英語のみに対応しています。その他のプランや言語への対応については、利用可能になり次第お知らせいたします。

エンタープライズセキュリティの最先端をリード

保存・送受信時のデータの暗号化をはじめ、Slack では幅広いコンプライアンスや保証プログラムに対応しています。

セキュリティについてもっと詳しく

よくあるご質問

クレジットカードはどのプランのお支払いにも使えます。年払いの有料プランで、支払い額が US$5,000 以上となる場合は、Slack から請求書を発行することも可能です。支払い手続きを始めるにはヘルプセンターで詳細を確認するか、Slack にお問い合わせください

Slack では皆さまのチームのメンバーがアクティブかどうか毎日確認しています。一定期間非アクティブなメンバーがいる場合には、そのメンバーへの請求はすぐに停止し、さらに支払済みの料金を日割り計算して、相当する Slack クレジットポイントをアカウントへ還付します。つまり、利用した分だけ請求が発生するということです。わかりやすくてフェア、それが Slack の「フェアビリングポリシー」です。

チームが有料プランを契約した場合、利用料金はまずクレジットポイントから引き落とされ、ポイント残高がゼロになった時点でクレジットカードへの請求が始まります。クレジットポイントの有効期限が切れる前に有料プランを契約すれば、クレジットポイントの有効期限はなくなるため、すべて使い切ることが可能です。

新しいメンバーの利用額は、現在の請求期間の残日数に応じて日割り計算され、通常の支払いとは別にクレジットカードに請求されます。

例えば、あるチームで「プロプラン」を利用しており、その料金がアクティブユーザー 1 人あたり月額 US$8.75(月払い)であるとします。請求期間の 10 日目にメンバーが 1 人追加され、次の請求期間の開始まで 20 日が残っているとします。各ユーザーあたりの 1 日の費用は US$8.75 ÷ 30 となるため、登録されたチームのクレジットカードに通常の請求とは別に US$5.83(US$8.75 ÷ 30 日 × 20 日)の請求が 1 回発生します。

オーナーはチームの契約レベルを変更することができます。有料プランから無料プランへのダウングレードには次の 2 つの方法があります。

  • 今すぐ無料プランへダウングレードする場合、更新日までの残り日数が 1 日以上あれば、アカウントの残高を日割り計算した金額が Slack クレジットポイントとしてチームのアカウントに付与されます。この Slack クレジットポイントは今後有料プランの利用を再開する際に使うことができます。
  • 次回更新日に無料プランへ自動でダウングレードを行います。現在の契約内容はすでにお支払い済みの請求期間の終了まで有効となります。

なお、返金対応は行っていません。

Slack は、世の中に貢献する世界中の皆さんをサポートしたいと考えています。そのため、非営利団体および教育機関を対象に特別割引価格を提供しています(対象団体として認可された場合に限ります)。

Slack の NPO 支援プログラム

Slack の 教育支援プログラム

詳しくは Slack 料金請求ガイド をご確認ください。

詳しくは Slack 料金請求ガイド
ご確認ください。

  • Docomo
  • Askul
  • Recruit
  • Kakuichi
  • Mercari
  • NewsPicks
  • dip