さあ、お仕事の時間です

大企業でのワークスタイルは中小企業のそれとは異なります。Slack の使い方も同じではありません。そこで、より大きな組織向けに誕生したのが Grid です。

Slack にお問い合わせ
Enterprise Grid により、大規模で複雑な組織でも Slack の機能と有用性をそのまま活用いただけるようになりました。

​ど⁠ん⁠な⁠規⁠模⁠で⁠も⁠ ⁠G⁠r⁠i⁠d⁠ ⁠な⁠ら​一⁠元⁠管⁠理⁠が⁠可⁠能​

コミュニケーションが格段にスムーズになる点や、シームレスなワークフローを可能にすることから絶大な支持を集めている Slack が、遂に大企業向けにパワーアップしました。あなたの会社の様々な業務を1つのプラットフォームから一元管理しませんか?

協働する様々なグループの人々のために

ワークスペース間でチャンネルを共有する

ワークスペース間の共有チャンネルは、必要なときにチームをつなぎ、フレキシブルなコミュニケーションを実現し、会社の働き方そのものを変革します。

あらゆるチームのためのワークスペース。

無制限のワークスペース

無制限に作成可能なワークスペースにより、部署ごとにワークスペースを分けることが可能です。同時に、ワークスペース間の連携も可能なため、必要な人や情報、アプリへのワークスペースを跨いだアクセスも可能です。

組織のあらゆる情報へのアクセスを可能に

社内全体の情報を検索する

異なるワークスペース間でも同じ組織内であれば、ダイレクトメッセージの送受信やチャンネルの共有もでき、さらに検索も可能なため、社員が仕事に必要な人や情報にタイムリーにアクセスできるようになります。

Enterprise Grid におススメのアプリこれらのアプリをインストールして、ワークスペースや共有チャンネル間でのシームレスなワークフローを実現しませんか?

Slack のプラットフォームで様々なツールやシステムを一元化

Slack Enterprise Grid 向けのインテグレーションは、全社規模でのプロビジョニングが可能です。もしくは、個々のワークスペースやワークスペース間の共有チャンネル単位でのプロビジョニングも可能です。

Slack に連携可能な 900 以上のアプリやボットの中から、チームが Slack 上で作業を行うときに必要なツールを選んで提供できます。

もっとインテグレーションをチェック

Gartner 社が Slack を業界のリーダーと位置付け

なぜ Slack がビジネスコラボレーションツール市場を先導するのか?その理由を語るとき、そのエンタープライズ対応、市場シェア、顧客満足度はほんの一部にすぎません。

レポートを読む (英語のみ)

いろんなところで Slack をご愛用いただいています

世界中で何千ものチームが Slack を使って、従業員のみなさんのビジネスライフを、よりシンプルに、より快適に、より有意義にしています。

カスタマーストーリーを表示

Concur Slack を愛用しています

「以前は数日かかっていた海外とのやりとりも、Slackを使うことで、1日で終わらせることができるようになりました。」

サービス・サポート部 オペレーション品質管理室 サービスマネージャー
小門 孝至 氏

ストーリーを読む

Nikkei Slack を愛用しています

「Slackがあることで、オフラインで話したことがない人同士にもつながりが生まれます。チームを越えた、横のコミュニケーションが促進されますね。」

デジタル事業部BtoCユニット サービス開発グループ 部次長
鈴木 陽介 氏

ストーリーを読む

Cookpad Slack を愛用しています

「Slackを導入して、気軽な会話がすごく増えました。組織が大きくなると、雑談って本当に価値があるなと実感しています」

執行役 CTO
成田 一生 氏

ストーリーを読む

Slack Enterprise Grid について詳しく知りたい?

Slack のカスタマーサクセスチームとプロフェッショナルトレーニングチームが、お客様それぞれのリクエストに対応します。さらにカスタマーサポートチームが、毎日24時間体制で4時間以内にお問い合わせにお答えします。

Slack にお問い合わせ