スタックブロックが、Slack for Enterprise のさまざまなコンポーネントを表している
企業のための Slack

企業とともに作った、企業のための Slack

Slack は安全です。また柔軟性があり、使っていて楽しいソフトウェアです。何よりも Slack はビジネスを加速します。

Slack はあらゆる規模の組織をサポートします。
Nikkei
West Japan Railway Company
Panasonic
Mitsubishi Heavy Industries, Ltd.
Credit Saison Co Ltd.
Softbank
Slack を活用して拡張し、可用性、柔軟性、コントロールを獲得

スケーラビリティ

グローバル企業のニーズを満たす設計

  • SLA で 99.99 % の稼働率を保証
  • 無制限のワークスペースやチャンネルで、自社のビジネスに合わせてカスタマイズ可能
  • すべてのユーザーとチームを 1 か所で管理
大きな組織での Slack 利用について詳しく知る
Slack を活用して拡張し、可用性、柔軟性、コントロールを獲得

「Slack は、サイロの壁を壊すハンマーの役割を果たしてきました。 194 か国、171 のオフィスをまたいだコラボレーションを進めるうえで、Slack はオペレーティングシステムのように機能しており、社内のつながりがこれまでになく深まっています」

Jeff Dow 氏、Executive Vice President、Media and Broadcast Operations

「Slack は、サイロの壁を壊すハンマーの役割を果たしてきました。 194 か国、171 のオフィスをまたいだコラボレーションを進めるうえで、Slack はオペレーティングシステムのように機能しており、社内のつながりがこれまでになく深まっています」

Jeff Dow 氏、Executive Vice President、Media and Broadcast Operations

Slack のセキュリティには、コンプライアンス、オペレーション、機能が含まれる

セキュリティ

エンタープライズグレードのデータ保護

  • FINRA、HIPAA、FedRAMP などのコンプライアンスニーズや規制要件に適合
  • 業界が認めたベストプラクティスとフレームワークを利用
  • Slack Enterprise Key Management などの革新的な機能でデータを保護
セキュリティについて詳しく知る
Slack のセキュリティには、コンプライアンス、オペレーション、機能が含まれる

「追加のセキュリティ機能として Slack Enterprise Key Management を導入したところ、すぐにその価値がわかりました。データを全体的にコントロールできるほか、サプライチェーンでセキュリティの脅威が発生した場合でも確実に保護されているという安心感が得られるようになったのです」

Colin Black 氏、Chief Operating Officer

「追加のセキュリティ機能として Slack Enterprise Key Management を導入したところ、すぐにその価値がわかりました。データを全体的にコントロールできるほか、サプライチェーンでセキュリティの脅威が発生した場合でも確実に保護されているという安心感が得られるようになったのです」

Colin Black 氏、Chief Operating Officer

Slack のエンゲージメントは、ユーザーの熱意、ユーザーエクスペリエンス、モバイルをカバー

エンゲージメント

大事なのはインストール数よりもエンゲージメント

  • シンプルで直感的な操作で自然に使える
  • コード不要のカスタムワークフローで定型タスクを自動化
  • 場所やデバイスを問わずどこからでもプロジェクトを進行
Slack がエンゲージメントを促進する仕組みについて詳しく知る
Slack のエンゲージメントは、ユーザーの熱意、ユーザーエクスペリエンス、モバイルをカバー

従業員が生産性を最大化するまでの時間を短縮 ¹

メールを削減 ²

IDC ロゴAmeritrade ロゴ
¹出典 : IDC レポート、「The Business Value of Slack」
²出典 : ComputerWorld、「米ネット証券会社、Slack の導入でメールを 3 割削減」、2019 年
Slack プラットフォームがもたらすセキュリティ、カスタマイズ、および定着度

プラットフォーム

生産性を高め、ビジネスとともに拡張できるアプリ

  • Slack に対応したサードパーティ製アプリ
  • 組織全体でアプリの権限を一元化
  • 2,400 個以上のアプリで使用を促進
アプリとインテグレーションについて詳しく知る
Slack プラットフォームがもたらすセキュリティ、カスタマイズ、および定着度
Zoom のロゴOutlook の予定表のロゴGoogle ドライブのロゴSalesforce のロゴServiceNow Now Virtual Agent ロゴMicrosoft OneDrive ロゴGmail ロゴDropbox のロゴ
Zoom のロゴOutlook の予定表のロゴGoogle ドライブのロゴSalesforce のロゴServiceNow Now Virtual Agent ロゴMicrosoft OneDrive ロゴGmail ロゴDropbox のロゴ
Slack コネクトにより、アクセス、コラボレーション、自動化が可能

Slack コネクト

外部のオーガナイゼーションと安全に連携

  • データセキュリティプラクティスを保ちつつ、信頼できるオーガナイゼーションと連携
  • 従業員、顧客、パートナーと 1 か所でコラボレーション
  • コンテキストの切り替えを減らし、透明性を高めて仕事をスピードアップ
Slack コネクトの仕組みについて詳しく知る
Slack コネクトにより、アクセス、コラボレーション、自動化が可能

「特定のパートナーに関する情報をすべて 1 か所で利用できるようにしておくことは非常に重要です。 当社では、頻繁にやり取りする企業の担当者と直接コミュニケーションできる環境が整っています」

Mike Yakovlev 氏、Manager of Technology Alliances

「特定のパートナーに関する情報をすべて 1 か所で利用できるようにしておくことは非常に重要です。 当社では、頻繁にやり取りする企業の担当者と直接コミュニケーションできる環境が整っています」

Mike Yakovlev 氏、Manager of Technology Alliances

よくあるご質問

はい。機密情報も Slack 上で安全にやり取りすることができます。Slack では、情報や会話、ファイルを安全に保つために複数の方法を用意しています。また Slack は SOC 2、SOC 3、ISO/IEC 27001 といった複数のコンプライアンス認定に準拠しており、エンタープライズ級のセキュリティをあらゆる層で提供しています。 さらに GDPR にも準拠しているほか、HIPAA および FINRA コンプライアンスに対応するように設定することも可能です。Slack は FedRAMP Moderate 認定も取得しています。

管理者は、Enterprise Key Management などのセキュリティ機能により、データの暗号化を細かく制御できます。 また脅威が検出されると即座に通知を受け取れるよう、独自のセキュリティツールを Slack と連携させることも可能です。 Slack の包括的なセキュリティプログラムについて詳しくはこちらを参照してください。

Enterprise Grid は、大規模または複雑な組織向けの Slack ソリューションです。 Enterprise Grid を使うと、企業は自社のリソースや共有ナレッジを有効活用しつつ、小規模企業に匹敵するスピード感を実現できるようになります。

Enterprise Grid には、エンタープライズソリューションに期待されるセキュリティとガバナンスの機能がすべて含まれています。さらに、直観的なユーザー目線の操作感も備えているため、高い定着率を見せています。Enterprise Grid は、最大 50 万人のユーザーに対応できる唯一のコラボレーションツールであり、IBM、Condé Nast、Oracle、E-Trade といった世界屈指の大企業に導入されています。

Enterprise Grid は有料プランです。 プランの機能と料金は、こちらで比較できます。

はい!データ侵害の要因の 90% を占めるのはスパムやフィッシングですが、メールとは違って Slack ではその心配がほぼありません。そもそも Slack のハンドル名を広告主に販売したり、メーリングリストに登録したりすることはできません。Slack では、 オーガナイゼーション内のメンバー、または Slack コネクトでつながっている信頼できるパートナーからのみメッセージが届きます。また、Asana、Google ドキュメント、Jira など、ワークスペースと連携させたアプリからも通知が届きます。

Slack が提供するのは、エンタープライズグレードのデータ保護とプライバシーです。 管理者は詳細なコントロール機能で各ユーザーのセキュリティをカスタマイズし、メンバーがアクセスできる情報を制限できます。 Slack で社内のメールを安全に置き換える方法について詳しくはこちらを参照してください。

チャンネルは、Slack で仕事を進めるためのスペースであり、チームがメッセージやツール、ファイルを 1 つにまとめて共有できる場所です。よくあるチャンネルには、社内通知、カスタマーサポートの対応順位、IT または人事のサポート窓口、趣味や興味のあるテーマなどがあります。

チャンネルは、パブリック(組織内のすべてのユーザーが利用可能)かプライベート(招待ユーザーのみが利用可能)に設定できます。 さらに、有料の Slack プランを利用している組織は、Slack コネクトを使って代理店やクライアント、ベンダーなどの社外パートナーとチャンネルを共有することも可能です。 チャンネルが毎日の仕事を加速する仕組みについて詳しくはこちらを参照してください。

Slack を使うと、組織は人とツールを 1 か所にまとめられるため、従業員がどこで仕事をしようと生産性を保ち、目指す方向を揃えられるようになります。現在、75 万以上の企業が Slack を使って、メッセージのやり取りやファイルの共有、ビデオ・音声通話を行っています。また、Google ドライブ、Zoom、Salesforce など何千ものツールを連携させたり、組織に合わせてカスタムボットやアプリを作ったりすることも可能です。Slack の仕組みについて詳しくはこちらを参照してください。

Slack コネクトは、複数の組織が安全かつ生産的にコミュニケーションするための方法です。メールでのやり取りをやめて、 社外パートナーやクライアント、ベンダーなどとの会話をすべて Slack にまとめることでコラボレーションが加速します。また Slack コネクトは、エンタープライズグレードのセキュリティ機能を備えているほか、Enterprise Key Management などのコンプライアンス基準に対応しています。 Slack コネクトについて詳しくはこちらを参照してください。

Slack コネクトは、Slack の機能の 1 つです。この機能を使うと、最大 20 のオーガナイゼーションのメンバーが自分の Slack ワークスペースを離れることなく、共有したチャンネルで仕事を進められます。 一方、Enterprise Grid は、社内の複数のワークスペースを接続できる Slack プランです。

Slack コネクトは、すべての有料 Slack プランに含まれています。 つまり、Enterprise Grid を使っている組織は Slack コネクトも利用できます。プランや機能はこちらで比較できます。