セールス部門での Slack の活用方法

ピッチから成約までをスピードアップ

Slack なら、セールスチームが会社全体と連携して顧客とつながり、成約までの時間を短縮できます。

ブリーフケースから上昇傾向のグラフが出てくるイラスト。
Slack チャンネルで、ある社員が新規リードをセールスチームに紹介し、新しい Salesforce エントリーを投稿します。
成約までの時間を短縮

セールスサイクルを短縮

  • 顧客とのさらにスムーズな共同作業を実現
  • 承認スピードを向上して成約までの時間を短縮
  • CRM の記録の表示や編集を Slack の中で実行
  • 自動化されたフォームやメッセージなどを使って商談のサポートを効率化

4 倍

商談サイクルがスピードアップ1

60%

処理の所要時間を短縮 1

1出典 : 自社で Slack コネクトを利用する特定のチームの主張とデータ。結果は組織によって異なることがあります。
Slack チャンネルで、ある社員が新規リードをセールスチームに紹介し、新しい Salesforce エントリーを投稿します。
つながりを深化

Slack コネクトで顧客との関係を拡大

  • Slack チャンネルで見込み客や顧客と直接つながる
  • ほかのチームに情報を回してフィードバックに機敏に対応する
  • 顧客との関係を深めて既存の得意先を拡大
Slack コネクトの仕組みについてもっと詳しく

「Slack コネクトは、お客様がニーズを満たすのを助けるための優れた方法です」

Splunk のロゴ
Kelly Kitagawa氏, Sales Engineer
ある Slack チャンネルで、顧客がアナリティクスについて問い合わせています。セールスチームは回答のためにエンジニアをつかまえます。
ある Slack チャンネルで、顧客がアナリティクスについて問い合わせています。セールスチームは回答のためにエンジニアをつかまえます。

「Slack コネクトは、お客様がニーズを満たすのを助けるための優れた方法です」

Splunk のロゴ
Kelly Kitagawa氏, Sales Engineer
Slack チャンネルで、セールスチームのあるメンバーが、難航している商談をまとめるため、仕事仲間にさらに情報を求めています。
Slack チャンネルで、セールスチームのあるメンバーが、難航している商談をまとめるため、仕事仲間にさらに情報を求めています。
大幅な効率化

セールスチームに力を

  • 業務を全社的に見られるようにすることで、新人担当者を即戦力にする
  • コミュニケーションを集約して大幅に効率化
  • 共有されたチャンネルを通じて、仲間どうしでの学び合いやコーチングを促進
  • 顧客情報を簡単に検索・共有

「Slack により、営業担当者全員が1つのグローバルなチームとして機能するようになりました。国境を超えたコンテンツや知識の共有が実現しています。」

Hubspot のロゴ
Jeetu Mahani 氏, SVP International Operations Hubspot

2,200 以上のインテグレーションがあり、その数は増え続けています

Slack コネクトでは、Salesforce、DocuSign、Highspot など、お好きなツールを使用できます。

セールス向けインテグレーションをチェック

Slack に接続する Salesforce や Hubspot などのアプリのアイコン
Slack に接続する Salesforce や Hubspot などのアプリのアイコン
Slack に接続する Salesforce や Hubspot などのアプリのアイコン

セールス部門での Slack の活用方法に関するリソース

よくあるご質問

そのとおりです!どのような組織であっても、Slack を使えば機能横断型のチームと意思決定者との間の、シームレスで迅速な共同作業を実践でき、セールスはチームスポーツになります。その仕組みをご紹介しましょう。

  • リアルタイムで決定を下せるよう、仕事仲間、パートナー、専門家に最新情報をすばやく提供します。
  • CRM とのインテグレーションによって、組織内のだれでも、重要得意先の詳細情報を Slack 内から参照できるようになります。
  • 共同作業を始めてエキスパートの支援を受けられるようにキーワード通知を設定し、成約までの時間を短縮します。
  • 成約に向けたインサイトや知識を得るため、自分がメンバーではないチャンネルの会話にも耳を傾けます。

いいえ。Slack では CRM ではありません。しかし、Salesforce、Hubspot、Zoho といった、お使いの CRM と統合できます。

Slack と CRM をいっしょに使うことで、チームはリードや得意先の詳細情報などについての最新情報を Slack の中で簡単に得られるようになり、新たな商談機会への対応速度の向上や、組織各所の仕事仲間とのシームレスな共同作業が可能になります。

Salesforce は Slack にとって最初期からのパートナーです。チームは Salesforce のレコードを、Slack の中から簡単に最新に保てるようになっています。

Salesforce と Slack を連携させるアプリには 2 種類あります。Slack の Salesforce アプリを使用するには、Salesforce システム管理者が Salesforce の Slack アプリをインストールして設定する必要があります。これらのアプリの機能は以下のとおりそれぞれ異なります。

Salesforce の Slack アプリ

  • Salesforce の AppExchange で入手可能
  • レコードに関連づけられた Slack メッセージを表示する
  • Salesforce レコードを Slack に送信する
  • Slack チャンネルでレコードアラートを設定する

Slack の Salesforce アプリ

  • Slack の App ディレクトリから入手可能
  • すべての標準オブジェクトの Salesforce レコードを検索・プレビューする
  • 関連するアラートをチャンネルにルーティングする
  • Slack メッセージを Salesforce レコードに追加する

>> セールスチームを Slack + Salesforce のインテグレーションで強化する方法とその仕組みについて、もっと詳しくお読みください。

チャンネルは、Slack で仕事を進めるためのスペースです。 チャンネルは、メッセージ、ツール、ファイルを 1 つに集めてチームで共有する場所です。 チャンネルのよくある作成用途には、社内通知、カスタマーサポートの優先順位づけ、IT または人事のサポート窓口、趣味や興味のあるテーマの共有といったものがあります。

チャンネルは、パブリック(組織内のすべてのユーザーが利用可能)またはプライベート(招待ユーザーのみが利用可能)に設定できます。 さらに、有料の Slack プランを利用している組織は、Slack コネクトを使用して代理店、クライアント、ベンダーなどの外部パートナーとチャンネルを共有できます。 チャンネルが日々の作業をスピードアップする仕組みについては、こちらでもっと詳しく紹介されています。

Slack を使用すると、組織は従業員とツールを 1 か所にまとめて、従業員がどこにいても生産性を維持し、足並みを揃えることができるようサポートできます。75 万社以上の企業が、チームでのメッセージング、ファイル共有、ビデオ・音声通話に毎日 Slack を使用しています。 Google ドライブ、Zoom、Salesforce などの数千ものツールを統合したり、組織に合わせてカスタムボットやアプリを作成したりできます。 Slack の仕組みについて詳しくは、こちらを参照してください。