営業チームのための Slack

提案から成約までをスピードアップ

Slack なら営業チームが全社と連携できるため、顧客とのつながりを深めて商談をすばやく成立できます。

ブリーフケースから上昇傾向のグラフが出てくるイラスト。
Slack チャンネルで、ある社員が新規リードをセールスチームに紹介し、新しい Salesforce エントリーを投稿します。
すばやく成約

営業サイクルを短縮

  • 顧客とのスムーズなコラボレーションを実現
  • 承認スピードを上げて成約までの時間を短縮
  • CRM のレコードを Slack で表示・編集
  • フォームやメッセージなどを自動化して商談サポートを効率化

4 倍

商談サイクルがスピードアップ1

60%

問い合わせ対応時間が 60% に短縮 1

1出典 : Slack コネクトを利用する企業における特定のチームでの効果。結果は組織によって異なることがあります。
Slack チャンネルで、ある社員が新規リードをセールスチームに紹介し、新しい Salesforce エントリーを投稿します。
つながりを強化

Slack コネクトで顧客との関係を拡大

  • Slack チャンネルで見込み客や顧客と直接連携
  • ほかのチームを巻き込んでフィードバックをすばやく共有
  • 顧客との関係を深めて既存の取引を拡大
Slack コネクトの仕組みについてもっと詳しく

「Slack コネクトは、顧客が求めるものをすばやく届けるうえで優れた方法です」

Splunk のロゴ
Kelly Kitagawa 氏, Sales Engineer
ある Slack チャンネルで、顧客がアナリティクスについて問い合わせています。セールスチームは回答のためにエンジニアをつかまえます。
ある Slack チャンネルで、顧客がアナリティクスについて問い合わせています。セールスチームは回答のためにエンジニアをつかまえます。

「Slack コネクトは、顧客が求めるものをすばやく届けるうえで優れた方法です」

Splunk のロゴ
Kelly Kitagawa 氏, Sales Engineer
Slack チャンネルで、セールスチームのあるメンバーが、難航している商談をまとめるため、仕事仲間にさらに情報を求めています。
Slack チャンネルで、セールスチームのあるメンバーが、難航している商談をまとめるため、仕事仲間にさらに情報を求めています。
生産性を向上

営業チームをパワーアップ

  • すべての業務を見える化し、新人担当者を即戦力に
  • コミュニケーションを 1 か所に集めて生産性を加速
  • 共有するチャンネルで、仲間同士の学びやコーチングを促進
  • 顧客情報をさっと検索・共有

「Slack によって、国境を超えてコンテンツやナレッジを共有できるようになりました。今では営業担当者全員が 1 つのグローバルなチームとして機能しています」

Hubspot のロゴ
Jeetu Mahani 氏, SVP International Operations Hubspot

2,400 個以上のインテグレーションがあり、その数は増え続けています

Slack コネクトで Salesforce、DocuSign、Highspot など、いつものツールをつなげましょう。

営業向けインテグレーションをもっと見る

Salesforce
Xactly Incent
Highspot
Apttus Max
DocuSign eSignature
Drift
SalesLoft
Gainsight Sally
Gong
Oracle CX Sales & Service
Troops
Seismic
Zapier
Intercom
Dealbot by Pipedrive
HubSpot
Salesforce
Xactly Incent
Highspot
Apttus Max
DocuSign eSignature
Drift
SalesLoft
Gainsight Sally

営業チームでの Slack 活用法

よくあるご質問

そのとおりです!どんな組織でも Slack を使えば営業がチームスポーツのようになり、さまざまな部門のメンバーからなるチームが意思決定者と連携して商談を進めることができます。その仕組みは次のとおりです。

  • 同僚やパートナー、エキスパートを巻き込むのが簡単になり、リアルタイムに決断できます。
  • CRM とのインテグレーションによって、重要な取引先の情報を誰でも Slack 上で参照できるようになります。
  • キーワード通知によって会話に参加したりエキスパートを巻き込んだりすることで、すばやい成約につながります。
  • 参加していないチャンネルからも、商談に役立つインサイトやナレッジを得られます。

いいえ。Slack では CRM ではありません。しかし、Salesforce、Hubspot、Zoho など普段使っている CRM と連携できます。

Slack と CRM を一緒に使うと、リードや取引先の詳細などの情報を Slack 上で簡単に得られます。そのため新たな商談にすばやく対応できるほか、チームをまたいだコラボレーションをスムーズに進めることができるのです。

Salesforce は Slack 初期からのパートナーです。両者をつなげると、Salesforce レコードの最新状況を Slack 上で簡単に把握できるようになります。

Salesforce と Slack を連携させるアプリには 2 種類あります。Slack の Salesforce アプリを使うには、Salesforce システム管理者が Salesforce の Slack アプリをインストールして設定する必要があります。これらのアプリの機能は以下のとおりそれぞれ異なります。

Salesforce の Slack アプリ

  • Salesforce の AppExchange で入手
  • レコードに関連づけられた Slack メッセージを表示
  • Salesforce レコードを Slack に送信
  • Slack チャンネルでレコードアラートを設定

Slack の Salesforce アプリ

  • Slack の App ディレクトリで入手
  • 標準オブジェクトの Salesforce レコードを検索・プレビュー
  • 関連するアラートをチャンネルにルーティング
  • Slack メッセージを Salesforce レコードに追加

>> Slack + Salesforce のインテグレーションで営業を強化する方法とその仕組みについて詳しくはこちらを参照してください。

チャンネルは、Slack で仕事を進めるためのスペースであり、チームがメッセージやツール、ファイルを 1 つにまとめて共有できる場所です。よくあるチャンネルには、社内通知、カスタマーサポートの対応順位、IT または人事のサポート窓口、趣味や興味のあるテーマなどがあります。

チャンネルは、パブリック(組織内のすべてのユーザーが利用可能)かプライベート(招待ユーザーのみが利用可能)に設定できます。 さらに、有料の Slack プランを利用している組織は、Slack コネクトを使って代理店やクライアント、ベンダーなどの社外パートナーとチャンネルを共有することも可能です。 チャンネルが毎日の仕事を加速する仕組みについて詳しくはこちらを参照してください。

Slack を使うと、組織は人とツールを 1 か所にまとめられるため、従業員がどこで仕事をしようと生産性を保ち、目指す方向を揃えられるようになります。現在、75 万以上の企業が Slack を使って、メッセージのやり取りやファイルの共有、ビデオ・音声通話を行っています。また、Google ドライブ、Zoom、Salesforce など何千ものツールを連携させたり、組織に合わせてカスタムボットやアプリを作ったりすることも可能です。Slack の仕組みについて詳しくはこちらを参照してください。