メンバーのプロフィール写真と「チームデザイン」や「請求」などのチャンネル名に囲まれた Slack チャンネル
チャンネル

新しい働き方は、チャンネルから

必要なメンバーや情報をチャンネルに集めましょう。目的ごとに専用の場を作り、アイデアの共有や意思決定を行えば、仕事がスムーズに進みます。

チャンネルとは?

Slack チャンネルについて説明するビデオ。

仕事をスッキリ整理

チャンネルを使うと、仕事が整理されてわかりやすい状態に。プロジェクト、トピック、チームごとに専用のチャンネルを作成すれば、それぞれの会話に集中して重要な仕事に専念できます。

チャンネルで仕事を整理する

目指す方向を統一

チャンネルを使うと、チームの認識が揃います。誰もが同じ情報にアクセスできるため、全員が同じ方向に向かって仕事を進められるだけでなく、新たに参加したメンバーが経緯を把握するのも簡単です。さらに仲間と話したい時はいつでも、Slack ハドルミーティングで音声によるライブの会話をさっと始めることができます。

Slack に移行してチームと認識を揃える

仕事をより生産的に

チャンネルで仕事を進めるにつれ、蓄積された会話やファイルは役立つアーカイブと化します。それらはすべて検索できるため、求める答えや経緯、意思決定に必要な情報をあちこち探し回る必要はありません。

Slack で情報を検索して見つける

1 つの場所で、一緒に働く

チャンネルは、どのような働き方をしていても、仕事に必要なすべての人、ツール、ファイルを集約できる柔軟なスペースです。

パブリックチャンネル

社内の誰もが参加・検索できるチャンネルです。会話がオープンに進むため、誰でも必要な情報を得られるだけでなく、チームの透明性も高まります。

プライベートチャンネル

機密性の高い会話にはプライベートチャンネルが最適です。チャンネルの閲覧・検索は、招待されたメンバーのみ行うことができます。

Slack コネクト

外部の組織の人にも、安全に Slack チャンネルを利用してもらえる方法です。顧客、ベンダー、代理店といったパートナーとチャンネルで連携することで、コミュニケーションがスピードアップし、仕事が効率よく進みます。

よくある質問

リンクは新しいタブで開かれることがあります。

社外のメンバーを招待して、Slack でチャンネルを共有できます。チャンネルを使わずに、ダイレクトメッセージの交換への招待を送信することもできます。ほかの DM と同じように使えます!

わずか数クリックで、ベンダーや顧客と密接に連携して仕事を進められるようになります。営業チームが喜んで導入をお手伝いします。

次のガイドに従うと、チャンネルを効果的に使うことができ、仕事の効率も上がります。

• グループチャットをチャンネルに変換することを検討しましょう。チャンネルにすることで、会話の内容を見つけたり、参照したりしやすくなります。
• 組織で一貫したチャンネルの命名方法を定めましょう。それにより、チャンネルの内容が誰でもすぐにわかるようになります。
• チャンネルを作成する目的を明確にし、それをチャンネルの説明欄に明記しましょう。
• チャンネルのトピック欄を定期的に更新し、現在の取り組みなどを簡潔にわかりやすく伝えましょう。
• 新しいチャンネルを立ち上げる際には、関連情報をチャンネルの canvas にまとめ、プロジェクトに関する重要なファイルをアップロードし、歓迎メッセージを投稿してやり取りを始めましょう。
• 役に立つ参照リンクをチャンネルのブックマークバーに追加しましょう。重要なメッセージをピン留めしておくのも便利です。
• そのプロジェクトやトピックに関わるメンバーをチャンネルに追加しましょう。それにより、関係者全員が 1 つの場所で連携できるようになります。

できます。Slack コネクトでは、新しいチャンネルを一から作成できるだけでなく、既存のワークスペースにあるチャンネルに社外の人を招待することも可能です。

グループチャットは、あなたと相手の間だけのやり取りです。小さな部屋でプライベートな会話をしているようなイメージです。

一方、チャンネルは、共通の目標に向けて、関係者を 1 つの場所に集めたいときに役立ちます。チャンネルはパブリックにもプライベートにも設定できます。チャンネルに参加したメンバーは、過去のメッセージを読むことで、簡単に会話に追いつけます。