メンバーのプロフィール写真と「チームデザイン」や「請求」などのチャンネル名に囲まれた Slack チャンネル
チャンネル

新しい働き方は、チャンネルから

必要なメンバーや情報をチャンネルに集めましょう。目的ごとに専用の場を作り、アイデアの共有や意思決定を行えば、仕事がスムーズに進みます。

チャンネルとは?

? Slack チャンネルについて説明するビデオ。
異なるプロジェクトやチーム別に作られた3つのチャンネル例

仕事をスッキリ整理

チャンネルを使うと、仕事が整理されてわかりやすい状態に。プロジェクト、トピック、チームごとに専用のチャンネルを作成すれば、それぞれの会話に集中して重要な仕事に専念できます。

チャンネルで仕事を整理する
異なるプロジェクトやチーム別に作られた3つのチャンネル例
メンバーが意思決定の内容をチャンネル内で共有している様子

目指す方向を統一

チャンネルを使うと、チームの認識が揃います。誰もが同じ情報にアクセスできるため、全員が同じ方向に向かって仕事を進められるだけでなく、新たに参加したメンバーが経緯を把握するのも簡単です。さらに仲間と話したい時はいつでも、Slack ハドルミーティングで音声によるライブの会話をさっと始めることができます。

Slack に移行してチームと認識を揃える
メンバーが意思決定の内容をチャンネル内で共有している様子
Slack インターフェイスにチャンネルが表示され、ここでアーカイブからの古いメッセージが共有されている。

仕事をより生産的に

チャンネルで仕事を進めるにつれ、蓄積された会話やファイルは役立つアーカイブと化します。それらはすべて検索できるため、求める答えや経緯、意思決定に必要な情報をあちこち探し回る必要はありません。

Slack で情報を検索して見つける
Slack インターフェイスにチャンネルが表示され、ここでアーカイブからの古いメッセージが共有されている。

どんな仕事も、スムーズに連携

チャンネルは、必要な人、ツール、ファイルをすべて集約できる柔軟なスペースです。

パブリックチャンネル

社内の誰もが参加・検索できるチャンネルです。会話がオープンに進むため、誰でも必要な情報を得られるだけでなく、チームの透明性も高まります。

プライベートチャンネル

機密性の高い会話にはプライベートチャンネルが最適です。チャンネルの閲覧・検索は、招待されたメンバーのみ行うことができます。

Slack コネクト

社外の組織と連携するためのチャンネルです。顧客やベンダー、代理店など複数のパートナーとの仕事が加速します。

よくある質問

リンクは新しいタブで開かれることがあります。

Slack に社外のメンバーを招待すれば、チャンネルを共有できます。あるいはチャンネルを使わずに、ダイレクトメッセージのやり取りへの招待を送信することも可能です。使い方は、ほかの DM のやり取りと同じです。

Slack コネクトはほんの数クリックで始められます。ご質問やご相談がある場合はこちらから Slack エキスパートとの 20 分間の無料通話を予約してください。

1 年分の利用料を前払いする場合、1 人あたり 6.67 ドルから始めることができます。プランの種類を参照して、チームに合うものを選択んでください。

チャンネルを効果的に使って仕事をスムーズに進めるには、次の基本ガイドラインを押さえましょう。

• 組織でチャンネルの命名ガイドラインを定めて、必要なものがどのチャンネルにあるか誰でもすぐにわかるようにする
• 各チャンネルの作成目的を明確にして、チャンネルの説明に記載しておく
• 各チャンネルの概要はこまめに更新し、都度メンバーが取り組んでいる内容をわかりやすく示す
• 新しいチャンネルを立ち上げる時は、まず関連する重要ファイルをアップロードし、歓迎メッセージを投稿する
• 新メンバーが必要な情報をすぐに見つけていつでも参照できるよう、重要なファイルや関連情報をチャンネルにピン留めする
• プロジェクトやトピックの関係者など必要なメンバーをチャンネルに追加し、全員が 1 か所で連携できるようにする

できます。Slack コネクトでは、新しいチャンネルを一から作成できるだけでなく、既存のワークスペースにあるチャンネルに社外の人を招待することも可能です。