エンジニアリング

Slack でエンジニアリングをスピードアップ

ツール、チームメイト、コード変更を Slack で 1 か所にまとめ、より短時間で質の高いコードをリリースしましょう。

ラップトップで Slack チャンネルを操作しながら、温かい飲み物を飲んでいる人のイラスト
Slack のインシデントチャンネルでは、インシデントコマンダーがインシデント対応を支援するチームを投入し、その後状況報告レポートを作成します
問題解決をスピードアップ

スピーディーな対応でアップタイムを最大化

  • チャンネルにリアルタイムのアラートを自動で設定
  • 並行して調査を進め、答えをすばやく見つける
  • 情報源を 1 つにまとめ、迅速でシンプルな分析を可能に

「問題解決までの平均時間が 5 分未満になりました。非常に短い期間で驚くほどの成果を実現できました」

Vodafone のロゴ
Paul Whyte氏, 元 Head of Systems Engineering
Slack のインシデントチャンネルでは、インシデントコマンダーがインシデント対応を支援するチームを投入し、その後状況報告レポートを作成します

「問題解決までの平均時間が 5 分未満になりました。非常に短い期間で驚くほどの成果を実現できました」

Vodafone のロゴ
Paul Whyte氏, 元 Head of Systems Engineering
デプロイを効率的に

チームとプロセスを調整

  • コーディング前に十分な情報に基づいて決定を下せるよう、ドキュメントをチャンネルで共有できます
  • コードレビューやテスト用の単一の場所を確立
  • デプロイの可視性と自動化を促進できるツールを統合

「現代の開発者の働き方は基本的に縦方向ではなく横方向になっており、Slack がこうした働き方を支えてくれています」

RBC ロゴ
Martin Wildberger氏, Executive Vice President of Innovation and Technology
バグ修正用の Jira カードは、Slack のデプロイチャンネルに投稿されます。ストーリーの作成者が GitHub のプルリクエストを作成し、そこで修正やリクエストのレビューが行われます。
バグ修正用の Jira カードは、Slack のデプロイチャンネルに投稿されます。ストーリーの作成者が GitHub のプルリクエストを作成し、そこで修正やリクエストのレビューが行われます。

「現代の開発者の働き方は基本的に縦方向ではなく横方向になっており、Slack がこうした働き方を支えてくれています」

RBC ロゴ
Martin Wildberger氏, Executive Vice President of Innovation and Technology
仕事を楽しく

生産性とエンゲージメントを維持

  • 仕事の記録が確認しやすくなり、新たな開発がよりスピーディーに
  • 自動化によって、価値の低い、定期的なタスクから解放される
  • Slack をワークフローやアプリ、ボットでカスタマイズ
Slack に接続する Salesforce や Google Drive などのアプリのアイコン

53%

Slack を使用する開発者の1

70 万以上

1 日あたりのアクティブな登録開発者数2

1インストールソース : 2020 年 Stack Overflow 開発者アンケート
Slack に接続する Salesforce や Google Drive などのアプリのアイコン
Slack に接続する Salesforce や Google Drive などのアプリのアイコン

2,200 以上のインテグレーションがあり、その数は増え続けています

Slack では、GitHub、Jenkins、Jira、PagerDuty など、お好きなツールを使用できます。

エンジニアリング用インテグレーションをすべて見る

エンジニアリング用 Slack に関するリソース

記事、電子ブックなど

オンデマンドまたはライブのオンラインセッション (英語のみ)

よくあるご質問

Slack が開発者に選ばれているのには、理由があります。Slack によって仕事をもっとシンプルに、そして生産的にできるからです。デプロイやテストなどに使用するツールを自由に選び、Slack に統合できます。これにより、既存の技術スタックの価値を高め、チームの話し合いを 1 か所で行えます。

Slack は、無限にカスタイマイズ可能です。それぞれのチームがボット、ワークフロー、アプリなどを使い、チーム独自の開発サイクルに合わせて Slack を構成できるのです。こちらから、Slack がエンジニアリングチームに愛用されている理由をさらに探りましょう。

Slack へのボットの追加は、チームの生産性を高めるよい方法です。ボットを追加するには、Slack App ディレクトリにアクセスし、ボットをワークスペースにインストールします(この操作は管理者が行う必要のある場合もあります)。または、独自のカスタムボットを作成することもできます。こちらから、ボットの機能やその使い方を詳しくご覧ください。

Slack を使用するグローバルなチームは、特定の種類のデータをどのリージョンで保管するかを選択できます。現在、Slack は 6 つのリージョン(オーストラリア、カナダ、フランス、ドイツ、日本、イギリス)でデータレジデンシーを提供しています。こちらから、Slack でのデータレジデンシーの仕組みについて詳しくご覧ください。

Slack ワークスペースは、チャンネルで構成される共有ハブです。チームのメンバーはチャンネルでお互いにやり取りしながら仕事を進めていきます。参加できるワークスペース数に上限はありません。

Slack の管理者は、ワークスペースに参加可能なメンバー、またメンバーがアクセス可能なファイルとメッセージについて権限を設定できます。インストールを許可するボットやアプリも選択できます。Slack のワークスペースを使用開始する方法ついて詳しくは、こちらをご覧ください
はい。Slack では機密情報について安全に話し合えます。Slack には、情報、会話、ファイルを安全に保つための方法が複数用意されています。すべての層でエンタープライズクラスのセキュリティを提供するほか、SOC 2、SOC 3、ISO/IEC 27001 など、複数のコンプライアンス認定に準拠しています。Slack は GDPR を遵守しており、HIPAA および FINRA コンプライアンスに対応するように設定できます。また、FedRAMP Moderate 認定を取得しています。

さらに、Slack は、Enterprise Key Management などのセキュリティ機能を備えています。このため、管理者はデータの暗号化をきめ細かく制御できます。また、独自のセキュリティツールを Slack と統合し、脅威の検出時に即座に通知を受け取ることもできます。Slack の包括的なセキュリティプログラムについて詳しくは、こちらをご覧ください。