Slack のセキュリティ

Slack ではセキュリティを非常に重要視しています。組織の情報を保護し、みなさんに安全にご利用いただくために、業界標準のさらに上をいくセキュリティ対策を組み込んでいます。

Slack のセキュリティ

Slack と EU 一般データ保護規則 (GDPR)

Slackは2018年5月25日に施行された一般データ保護規則(GDPR)に基づく権利と義務をユーザーが理解できるように支援することに専心しています。

当社はGDPRが課す要件に関するコンプライアンスを保証し、顧客もこれを遵守する支援を行うためにツールとプロセスを導入しました。

当社のGDPRに関するコンプライアンスの詳細を知るには当社の GDPRポリシーをお読みください。

セキュリティの特長

送受信時と保存時のデータ暗号化

SAMLベースの SSO

SCIM プロビジョニング

細分化されたアプリケーション管理

メッセージのカスタム保存ポリシー

データ損失防止 (DLP)、エンタープライズモビリティ管理 (EMM)、e-Discovery をサポート

(Slack Enterprise Grid のみ)

Slack のパートナー

MobileIron のロゴ
VMware のロゴ
Blackberry のロゴ
Relativity のロゴ
Bloomberg のロゴ
Palo Alto Networks のロゴ
Skyhigh のロゴ
Netskope のロゴ
セキュリティ白書 (解説)

セキュリティ白書

Slack がどのようにデータのセキュリティを保証し、また、Slack を利用して社内のセキュリティをいかに改善できるのかについて、詳しくはこちらから。

セキュリティ白書を読む

機械を見ている人のイラスト

SOC 3 レポート

Slack のセキュリティ、可用性および機密管理上の内部管理に関する独立監査人による公開レポート。

SOC 3 報告書を読む

スラックのCSO、Geoff Belknap の画像

Slack CSO からのメッセージ

CSO の Geoff Belknap が、Slack のセキュリティチームがどのようにセキュリティ対策に取り組んでいるのかついて Q&A インタビューで解説。

CSO インタビューを読む

セキュリティに関する質問?トラブル?

セキュリティプラクティスプライバシーポリシーサービス利用規約 および GDPR ポリシー もぜひご参照ください。

Slack にお問い合わせ