よりシンプルで効率的な働き方

Slack とメールの比較

大量のメッセージに埋もれがちなメールとは違い、Slack なら、日々の業務が確実に、スピーディに前進します。

プロジェクト専用のチャンネルを用意し、終わりのないメールでのやり取りとはさようなら

受信トレイでひとつのプロジェクトに関する会話をすべて確認するには、長々と続く大量のメールを一通一通チェックしなければなりません。Slack ではプロジェクトに関する会話やファイルがチャンネルに一元化されるので、スピーディに必要な情報が見つかります。

チャンネルについてもっと詳しく

「メールのやり取りだけでは仕事に追いつかず、以前はきちんとしたコミュニケーションが取れていませんでした。そこで Slack を導入したのですが、経営上の話し合いが毎日チャンネル上で手軽に交わせるようになり、今はもう手放せなくなっています」

Benjamin Sternsmith 氏

Area Vice President of Sales、Lyft Business

事例を見る

適切なメンバーにいち早くリーチ

Slack なら、どんなメンバーやチームとでもリアルタイムで会話が実現。新着メールの優先順位が存在しないメールとは違い、すぐに返信が欲しい時には通知を使って特定のメンバーの注意を引くこともできます。

チーム全員で常に現状を共有

宛先に含まれているメンバーしか内容を確認できないメールでは、情報が分断されてしまいます。対して Slack では、チャンネルのメンバー全員が同じメッセージを確認でき、担当範囲や仕事の進め方を把握するのもスムーズです。

「チャンネルを覗いてみれば、進捗状況すべてがチェックできます。誰かの手を煩わせたり、確認のためにミーティングを開く必要はありません。すべてがリアルタイムで進行できるようになり、全社的な効率性が大幅に改善しました。」

David Maddocks 氏

CMO, Cole Haan

事例を見る

ツール間の切り替えに要する時間を短縮

メールと他のアプリを一緒に使うのは簡単ではありません。タブやウインドウを常に切り替え、ちょっとした作業にも注意を奪われることがしばしばです。いつも仕事で使っているツールすべてと連携する Slack なら、会話を続けながら必要な情報を見つけて、すばやく対応を取ることができます。

Slack App ディレクトリをチェック

よくある質問

はい。Slack を使うと、シンプルで効率的な働き方を実現できます。終わりのないメールのやり取りの代わりに、Slack ではチャンネルで仕事を進めることができます。チャンネルは柔軟なスペースで、仕事を完成させるために必要なメンバーやツール、ファイルをすべて集めることができます。メッセージがすぐに埋もれてしまいがちなメールとは異なり、Slack の通知機能を使用すると、回答がすぐに必要な時に特定のメンバーの注意をひくことができます。仕事で頻繁に使うツールを Slack と連携することも可能です。これはメールでは不可能です。

Slack を使用してグループでダイレクトメッセージをやり取りする場合、9 人まで参加できます。グループ DM は、チャンネルの全員が加わる必要のないちょっとした会話に適しています。人数が 9 人を超える場合はチャンネルを作りましょう。

はい。Slack のセキュリティは、私たちにとって非常に重要です。Slack なら、ワークスペースの情報を安全に管理できます。Slack のデータセキュリティに関する詳細は、セキュリティプラクティスを確認してください。

Slack を使用すると、会話をチャンネルで整理できます。全員がチャンネルに集まって、アイデアを共有し、決定を下して、仕事を進めていけます。このようにすることで、チームの作業スピードが上がり、メンバーがどこにいても認識を統一できます。

Slack コネクトを使ってパートナーやベンダー、クライアントと Slack で会話することで、よりスムーズなコミュニケーションが可能になります。

はい。Slack を使うと、仕事上のコミュニケーションをすべて 1 か所にまとめられます。メールもまとめられます。Slack へメールを送信する方法についてお読みください。