どのような職種でも、ビジネスに Slack を活用できます。

Slack を試してみる営業担当者にお問い合わせ
Ameritrade
Target
Uber
One Medical
Time
US Department of Veteran Affair
Intuit
Oracle

よくあるご質問

よい質問ですね。 Slack は、企業全体でコミュニケーションを行うための新しいツールです。 Slack があればメールを使わずにすみ、スピーディーかつ安全にやり取りし、会話を整理できます。 一度きりのメールのやり取りの代わりに、すべてのコミュニケーションをチャンネルで整理することで、メッセージの作成、会話への参加、検索が簡単になります。 社内の業務すべてに関するチャンネルがあれば、全員が仕事に必要な情報を確実に入手できます。

この点について詳しくは、リソースライブラリをご覧ください。

Slack を上手に使うカギはチャンネルにあります。 プロジェクト、チーム、オフィス、部門など、すべての業務用にチャンネルを作成することで、会話をすべて 1 か所に集めることができます。 Slack のチャンネルは参加と作成が簡単なため、ニーズの変化に柔軟に対処できます。 新たなメンバーがプロジェクトに参加した場合、そのメンバーはチャンネルに追加されると、過去の会話の内容をスクロールして閲覧できるようになります。 新たなプロジェクトを始める場合は、新しいチャンネルを作成して適切なメンバーを招待してください。

詳しくは、チャンネルで効果的にコラボレーションする方法をご覧ください。

はい。 Slack で機密情報について安全に話し合うことができます。 Slack では、情報、会話、ファイルを安全に保つために、複数の方法が用意されています。 Slack は、SOC 2、SOC 3、ISO/IEC 27001 といった複数のコンプライアンス認定に準拠しているため、あらゆる面でエンタープライズ級のセキュリティを提供します。 Slack は GDPR に準拠しており、HIPAA および FINRA コンプライアンスに対応するように設定できます。 Slack は FedRAMP Moderate 認定を取得しています。

さらに、Slack は、Enterprise Key Management などのセキュリティ機能を備えています。このため、管理者はデータの暗号化をきめ細かく制御できます。 また、独自のセキュリティツールを Slack と統合し、脅威の検出時に即座に通知を受け取ることもできます。 Slack の包括的なセキュリティプログラムについて詳しくは、こちらをご覧ください。

はい!メールとは異なり、Slack はスパムやフィッシング(データ侵害の要因の 90% を占める)の影響を受けにくいシステムになっています。 Slack のハンドル名を広告主に販売したり、メーリングリストに登録したりすることはできません。 組織内のメンバー、または Slack コネクトを使用していてる、信頼できるパートナーからのみ Slack メッセージが届きます。 Asana、Google ドキュメント、Jira など、ワークスペースに統合されたアプリから通知を受け取ることもできます。

Slack は、エンタープライズ級のデータ保護とプライバシーを提供します。 詳細なコントロール機能により、管理者は各ユーザーのセキュリティをカスタマイズできるため、メンバーの閲覧できる情報を制限できます。 Slack で社内のメールを安全に置き換える方法について詳しくご覧ください。

Slack コネクトは、組織がより安全かつ生産的にコミュニケーションを行うための方法です。 外部パートナー、クライアント、ベンダーなどとの会話すべてを Slack に移動させ、メールを廃止してコラボレーションを促進できます。 Slack のエンタープライズ級のセキュリティ機能と、Enterprise Key Management などのコンプライアンス基準は、Slack コネクトにまで拡張されています。 Slack コネクトについて詳しくは、こちらをご覧ください。