メンバーのプロフィール写真と「チームデザイン」や「請求」などのチャンネル名に囲まれた Slack チャンネル
ファイル共有

Slack でファイルを共有&編集

ファイルや関連する会話を集約。すべてを Slack にまとめれば、仕事がぐっと捗ります。

あらゆる場所の資料を 1 か所で

コンピューター、スマホ、クラウドストレージサービスなどあらゆる場所のファイル、文書、写真、ビデオを Slack で共有。タブやウィンドウを切り替える必要はありません。

Slack App ディレクトリをチェック

ファイルをチャンネルで共有

Slack では、ファイルや会話はチャンネルと呼ばれる場所に整理され、すべて検索できます。チャンネルを使うと、必要なメンバーと資料や関連情報を簡単に共有できるうえ、あとから見つけるのも簡単です。

ファイルの共有が簡単

ドラッグ&ドロップでのファイル添付から、Google Drive などに保存された資料の共有まで、Slack でのファイル共有はメッセージの入力や送信と同じくらい簡単です。

ファイルを Slack に追加する方法

高い安全性

Slack ではセキュリティを重視しており、ファイルの安全とプライバシーもその 1 つです。プライベートのチャンネルやメッセージで共有されたファイルは、限られたメンバーだけが閲覧・検索できます。

同じ資料をさまざまなデバイスで

複数のデバイスを使う場合も心配はいりません。Slack はあらゆるチャンネルのメッセージやファイルや文書を自動で瞬時に同期します。

Slack アプリをダウンロード

よくある質問

サイズが 1GB までのファイルであれば、どんな種類のファイルでも利用中のデバイスから共有できます。または、Box、Dropbox、Google ドライブ、OneDrive といったファイル管理アプリから追加することも可能です。

ファイルやメッセージをピン留めしておくと、重要な情報を簡単に参照できて便利です。ピン留めしたいメッセージにマウスポインターを合わせて、3 つのドットアイコン(•••)をクリックしてその他のアクションを表示させてから、メッセージをピン留めするオプションを選びます。これで完了です!

はい。Slack では、広く使われているファイル共有サービスやビジネス向け文書管理アプリの大半と連携しており、プレゼン資料や文書などに Slack から直接アクセスすることが可能です。連携できるアプリの一覧は App ディレクトリを参照してください。

はい。Slack はセキュリティを重視しており、ファイルの安全やプライバシーもその 1 つです。Slack のプロダクションネットワークに保管されているデータは、FIPS 140-2 に準拠する暗号化標準を利用して暗号化されています。この暗号化標準は、リレーショナルデータベースやファイルストレージ、データベースバックアップなど、Slack のシステム内に保管されるあらゆるタイプのデータに適用されます。データを伝送する場合、Slack のサービスは伝送中のすべてのトラフィックの暗号化向けに推奨されている、最新のセキュアな暗号スイートに対応しています。例えば、クライアント側でサポートされている場合には必ず TLS 1.2 プロトコル、AES-256 暗号化、SHA-2 署名を使用します。Slack では、適切な人物が承認されたデバイスを使っている場合にのみ、企業の情報にアクセスできるようにするために、シングルサインオンなどの組み込みセキュリティ機能も多数提供しています。これらの点については、セキュリティページでもっと詳しく説明しています。

Slack ワークスペースに送信されるデータの性質を Slack が管理することはありません。ユーザー企業のデータ(サービスアカウントを介して送信されるメッセージやファイル、その他のコンテンツ)は、ユーザー企業が管理します。Slack が管理する「その他の情報」として定義される個人情報要素を含め、データ要素の詳細については、Slack のプライバシーポリシーセクションから、「当社が収集するおよび受け取る情報」について確認してください。

ご質問ありがとうございます。ストレージ容量は、ご利用のプランと Slack ワークスペースの人数によって異なります。容量は次のとおりです。

• フリープラン : ワークスペース全体で最大 5 GB まで
• プロプラン : メンバーごとに 10 GB
• ビジネスプラスプラン : メンバーごとに 20 GB
• Enterprise Grid プラン : メンバーごとに 1 TB(1,000 GB)

チャンネルやダイレクトメッセージにアップロードしたファイル(PDF、ドキュメント、画像、スクリーンショット、オーディオ、ビデオ)は、すべてファイルストレージの上限に対してカウントされます。