ファイルの共同編集やドキュメントの共有も Slack で

ファイルや関連する会話を Slack へまとめ、一元化。こうすれば、実際の作業内容をチームメンバーと確認し合いながら進めることができます。

デスクトップでもモバイルでもドキュメントを共有

ファイル、ドキュメント、写真、ビデオ。他のクラウドストレージサービスからのものも含め、モバイルやデスクトップアプリで簡単に共有できます。

Google ドライブWeTransferDropboxObie

多くのチームが関わる資料の共同編集もスムーズに

さまざまなソフトウェアを利用したり、複数の部門が関わる資料は複雑化しがち。でも、会話の中でファイルやドキュメントを共有すれば、全体をみながら作業を進められ、最終製品の完成度を高めるのに役立ちます。

Troops アプリのインテグレーションの使用例
販売-ebook
高橋 さや15:2415ページ目のインフォグラフィックがだいたい完成しました。最終的な数値の確定待ちです。
宮本 春香15:24その数値、もう出ています!添付ファイルの3枚目のシートを参照してください。
販売実績.xls298kb Excel スプレッドシート
このファイルをアップロードしました: 販売実績.xls
👍1

ファイルをチャンネルで共有

Slack では、ファイルやチームの会話は「チャンネル」と呼ばれる場所にまとめられ、検索が可能です。チャンネルを使うことで、適切なメンバーとファイルや関連するコンテキストの共有がしやすくなります。後に検索してファイルを見つけるのも簡単です。

ファイル共有機能の統合

ドラッグ&ドロップによるドキュメント追加から、Google Drive などのサービスからのすばやいファイル追加まで、Slack でのファイルの共有はメッセージの入力や送信と同様に簡単&スムーズに行えます。

ファイルを Slack に追加する方法

多彩なデバイスでひとつのドキュメントを利用

毎日の業務の中でさまざまなデバイスを利用する場合でも、Slack が自動で即座にチャンネルやメッセージ内のメッセージやファイル、ドキュメントを同期してくれます。どこにいても、どんなデバイスを使用していても、ファイルの共有や検索が可能です。

安心・安全・検索可能なファイル共有

セキュリティは Slack の最優先事項のひとつ。ユーザーのファイルもこの対象に含まれます。さらに、ファイルの機密性の維持に配慮し、プライベートチャンネルや DM で共有されたファイルは、そこのメンバーだけが確認でき、ファイル検索時の検索結果にもそのメンバーだけに表示されます。

どんな仕事にもぴったりのコラボレーションハブ

Slack の機能をもっとチェック

Slack のデスクトップアプリとモバイルアプリをダウンロード

複数のワークスペースへの同時サインインやデスクトップ通知が利用でき、Dock からの直接起動もできます。

ダウンロード