追加のオーガナイゼーションによる、共有されたチャンネルへの参加を許可する

2020 年 6 月 24 日まで、デフォルト設定では、Slack コネクトを使用したチャンネルの共有が 2 つのオーガナイゼーションに制限されています。ほかの外部パートナーを追加するには、招待されたオーガナイゼーションのメンバーがチャンネルの共有を許可する必要があります。その後、チャンネルを所有するオーガナイゼーションはそのオーガナイゼーションをチャンネルに招待できるようになります。

Tip :チャンネルを所有するオーガナイゼーションや、招待済みのオーガナイゼーションを確認するには、チャンネルを開いて  (詳細アイコン)をクリックし、「オーガナイゼーション」を選択します。 


追加のオーガナイゼーションをチャンネルに参加させる

  1. デスクトップから、追加のオーガナイゼーションによる参加を許可するチャンネルを開きます。
  2. 右上の  (詳細アイコン)をクリックします。
  3. 「オーガナイゼーション」をクリックします。
  4. 「チャンネルを共有」を選択します。
  5. 「追加のオーガナイゼーションによるこのチャンネルへの参加を許可する」の横のボックスにチェックを付けます。
  6. 「完了」をクリックします。

追加のオーガナイゼーションの参加を許可すると、チャンネルを所有するオーガナイゼーション内で、共有されたチャンネルの管理権限を持つメンバー全員に通知が届きます。その際は、Slackbot から DM が送られ、チャンネルに追加のオーガナイゼーションを招待できる旨が知らされます。

 

誰がこの機能を利用できますか?
  • ワークスペースのオーナー/管理者OrG オーナー/管理者共有されたチャンネルの管理権限を持つメンバー
  • スタンダードプランプラスプランEnterprise Grid プラン