Enterprise Grid へワークスペースを移行する

ワークスペースを Enterprise Grid OrG に統合することを検討していますか?このガイドでは、OrG オーナーがカスタマーサクセスマネジャー (CSM) の協力を得ながらワークスペースを移行する方法を解説します。このページを読み進め、移行の準備や、移行時にワークスペースに起こる変化などの詳細を確認してください。


移行前

ワークスペースの移行準備として、まずメンバーのアカウントとワークスペースの設定と環境設定を確認します。

アカウントとアクセス権

️設定と環境設定

メンバーのアカウントを確認し、OrG 内でそれぞれに必要なアクセスタイプを検討します。次の設定をおすすめします。

  • コネクタへのアクセスを許可する
    参加するメンバーが ID プロバイダ (IDP) の Enterprise Grid コネクタにアクセスできるようにします。
  • メンバーのメールアドレスを確認する
    Slack は、メールアドレスに基づいてメンバーのアカウントを照合しています。メールエイリアスを使うとアカウントを照合できないので、重複アカウントが作成されてしまいます。メールアドレスを確認するには、メンバーページから CSV 形式のリストをダウンロードしてください。
  • メンバーの種別と権限
    OrG への移行前に各メンバーが適切なアクセス権を持っていることを確認してください。1 人のメンバーに割り当てられるメンバー種別は 1 つだけです。また、ゲストアカウントについても、OrG に移行するかどうかを検討しましょう。

メンバーのメールアドレスとアクセスレベルの確認が終わったら、対象のワークスペースに最適な設定を担当の CSM と一緒に決めていきます。この段階で、次の設定を確認します。

  • アカウントのプロビジョニングをオフにする
    アカウントのプロビジョニングをオフにすると、あとでコネクタを無効にした際に、アカウントのプロビジョニングが解除されてしまうのを防ぎます。
  • メンバーのアクセス設定を切り替える
    移行プロセスの完了時に全メンバーをサインアウトさせる場合は、OrG にアクセスする際に、シングルサインオン (SSO) で安全にサインインする必要があります。
  • カスタムプロフィールフィールドを管理する
    カスタムプロフィールフィールドの扱い方を決めます。カスタムフィールドを OrG に移行する、OrG に一致するフィールドがある場合だけ移行する、カスタムフィールドは移行しないという 3 つのオプションから選択することができます。


移行中

次に、OrG オーナーが移行の表示・承認を行う手順と、移行中に予想される影響について説明します。

移行の表示や承認

ワークスペースの移行当日は、担当の CSM が移行のスケジュールを設定し、OrG オーナーに Slackbot から通知が届きます。OrG オーナーは、次の手順で管理者ダッシュボードで移行を承認したり、進行中の移行を表示できます。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「その他管理項目」を選択し、その後「オーガナイゼーションの管理」を選択します。
  3. 管理者ダッシュボードの 「オーガナイゼーション」をクリックします。
  4. 「移行」を選択します。
  5. ここでは、移行の承認拒否や、進行中の移行のステータス確認ができます。

注意: 短期間に複数のワークスペースを移行する場合は、Slackbot からの通知が 1 件のメッセージにまとめて届きます。

移行中に予想されること

  • 移行の過程では、一時的にワークスペースが利用できなくなります。ダイレクトメッセージの移行がバックグラウンドで実行される間には、メンバーはワークスペースを使用できます。
  • 移行開始の直前に、ワークスペースが一時的に利用できなくなることを伝えるメッセージがメンバーに送信されます。
  • 共有チャンネルと関連するダイレクトメッセージへはどちらの組織からもアクセスできなくなります。移行が完了するまで、移行対象でないワークスペースには、これらの機能が一時的に利用できないことを知らせるメッセージが表示されます。
  • 大きいワークスペースの場合は、移行の完了までに数時間かかることがあります。混乱を避けるため、移行についてメンバーに事前に知らせておいてください。
  • OrG オーナーは、管理者ダッシュボードで移行の進捗状況を確認することができます。(この情報にアクセスするには上記の手順に従ってください)。
  • ワークスペースが OrG に移行した時点で、メンバーにはメールと Slackbot メッセージによる通知が届きます。


移行後

移行後は、次のことが変更されています。

  • メッセージ履歴、ファイル、アプリ、絵文字
    メンバーは、チャンネル、ダイレクトメッセージ (DM) の履歴、ファイル、アプリ、ボット、カスタム絵文字へアクセスできるようになります。複数のワークスペースのダイレクトメッセージはひとつに統合されます。
  • プロフィール
    移行プロセス中に、メンバーのプロフィールの詳細は一致するメールアドレスに基づいて統合されます。複数のワークスペースを移行した場合は、最初に移行したワークスペースのプロフィール詳細がデフォルトとして適用されます。必要に応じて、メンバーは移行後いつでも自分のプロフィールを更新できます。
  • ワークスペースの設定
    OrG の設定とポリシーは個別のワークスペースの設定より優先されます。ワークスペースのオーナー/管理者は、その権限次第で、ワークスペースの設定を変更できるようになることがあります。詳しくは、オーガナイゼーションのメンバー種別と権限を参照してください。
  • ワークスペースへのアクセス
    デフォルトでは、OrG メンバーなら誰でも、移行したワークスペースへの参加をリクエストできます。OrG オーナーはアクセスの設定を変更することで、メンバーによるワークスペースの検索と参加の方法を変更できます。
  • メンバーのアクセス
    以前のワークスペースの URL は OrG のサインインページにリダイレクトされ、メンバーは IDP のコネクタを使ってサインインできます。ゲストは SSO を使ってサインインすることも、メールアドレスとパスワードを使ってワークスペースにアクセスすることもできます。
このガイドの対象
  • OrG オーナー
  • Enterprise Grid プランで利用可能です。