Webhook を使用してワークフローを作成する

この機能を使えるのは誰?
  • メンバー全員 (デフォルト)
  • スタンダードプラスEnterprise Gridの各プラン

ワークフロービルダーは、定型的なタスクやプロセスを自動化し、Slack から直接実行できるようにするツールです。別のサービスからワークフローを開始し、ワークフロービルダーを使用して Slack に情報を移行するには、Webhook でワークフローを作成します。

はじめに必要なこと

  • コマンドラインまたは別のツールを使用して HTTP リクエストを送信する操作に慣れること。
  • Incoming Webhook に対する理解。Incoming Webhook の詳細については、Slack API のドキュメンテーションを参照するか、ご自身のチームの開発者と確認してください。


Webhook ワークフローを設定する

ワークフローを作成する

Slack のワークフローはトリガーへのレスポンスで開始します。メンバーはチャンネル内の  「ショートカット」メニューからいつでもワークフローを起動することができます。他のワークフローは、メンバーが行うアクション (チャンネルへの参加など) またはイベント (Webhook により情報が別のサービスから Slack へ移行されるなど) へのレスポンスで起動させることができます。例えば、誰かがチケットを提出する度にカスタマーサポートチームのチャンネルにメッセージが投稿されるワークフローを設定することが可能になります。

Tip :ワークフローを作成するための詳しい手順は、ワークフロービルダーで毎日のタスクを自動化のページを参照してください。


Webhook のリクエスト URL を取得する

ワークフローが公開されると、Slack は Webhook のワークフロー向けに独自のリクエスト URL を生成します。リクエスト URL は https://hooks.slack.com/workflows で始まり、その後に安全にランダム化された文字列が続きます。

リンクを持つユーザーであれば誰でもワークフローを実行できるため、リクエスト URL は常に安全に保持するようにしてください

注意 : Webhook のワークフローは、1 秒につき 1 個のリクエストに制限されています。詳しくは、Slack API サイトでのリクエストレートの制限をご覧ください。


カスタム変数を追加する

ワークフローによって、最大 20 個の変数を追加して別のサービスから Slack にデータを移行するか、ワークフローに投稿されるメッセージに Slack 特有の情報 (表示名やメールアドレスなど) を含めることができます。

顧客がサポートチケットを提出する度にメッセージが投稿されるワークフローにおいては、メッセージにサポートチケットへのリンクと割り当てられたサポート担当者の名前を含めておくとよいでしょう。カスタム変数を作成するには、ワークフロービルダーにキーバリューペアをテキストベースの変数として追加します。次に JSON 出力をプレビューして、Slack に連携した他のサービスとその変数が一致するか確認します。

Webhook のワークフローにカスタム変数を追加できる Slack デスクトップアプリのモーダル

サポートチケットのリンクに変数を追加してサポート担当者を割り当てた場合、JSON の出力は以下のようになります。 

{
"support_ticket_link":"テキストの例",
"assigned_support_agent":"U123456789"
}

Tip :ワークフローにステップを追加する時に、自分で作成した任意の変数を使用することができます。


ワークフローの公開とテスト

パブリックチャンネルでワークフローを実行する前に、ワークフローの最初のステップでテストチャンネルまたは個人のダイレクトメッセージを選び、正常に動作しているか確認することができます。変更を公開してワークフローをテストするには、以下の手順に従ってください。 

  1. ワークフロービルダーを開き、リストからワークフローを選択します。 
  2. 左上の「変更内容を公開」をクリックします。 
  3. 変更点が公開されたら、希望のツールを使用してワークフローのリクエスト URL にポストを送信します。

ワークフローが正常に起動することを確認したら、ワークフロービルダーに戻ってワークフローの最初のステップを更新し、適切なチャンネルまたは DM で投稿してください。その後、その変更内容を公開します。 


Webhook の URL を再生成する

Webhook の URL が漏洩したり何らかの理由で変更したりする必要がある場合は、次のステップに従ってください。 

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. Menu から「ワークフロービルダー」を選択します。 
  3. 「自分のワークフロー」をクリックし、リストからワークフローを選択します。 
  4. 「Webhook」の横にある「編集する」をクリックします。 
  5. 「URL を再生成する」を選択し、次に「コピー」ボタンをクリックして新しい URL をクリップボードにコピーします。 
  6. 「保存する」をクリックします。 

注意 :Webhook の URL を再生成すると、Slack 内のあなたのワークフローと別のサービス間の接続が切断されます。業務を引き続きスムーズに進めるためにも、Slack 以外のサービスも新しい URL に更新してください。

Tip :コラボレーターの追加またはステップの変更など、ワークフローの管理についての詳細は、コラボレーターとしてワークフローを管理するを参照してください。