Slack フリープランでのメッセージ、ファイルやアプリの制限

Slack のフリープランは無期限で使うことができ、招待できるメンバー数の上限もありませんが、以下のようにいくつかの制限もあります。

  • メッセージおよびファイルの表示
    過去 90 日間のメッセージとファイルを表示および検索できます。
  • データの保存
    データの保存を使用して、90 日が経過したメッセージとファイルを自動的に削除します。
  • アプリ
    インストールできるサードパーティ製アプリやカスタムアプリは最大 10 個です。

Tip : 有料プランへアップグレードすると、メッセージやアプリの上限がなくなり、データの保存オプションが増え、ワークスペースのファイルストレージ容量が増加します。

 

メッセージおよびファイルの表示制限

Slack のフリープランでは、ワークスペース内の過去 90 日間のメッセージとファイルを表示および検索できます。ファイルには、クリップ、PDF、ドキュメント、画像、スクリーンショット、音声、動画などがあります。検索時にはパブリックチャンネル、自分が参加しているプライベートチャンネル、そしてダイレクトメッセージ内のメッセージだけが表示されます。 

ワークスペースがフリープランでの表示上限に達すると、新しいファイルやメッセージを表示できるように、90 日が経過したメッセージとファイルが非表示になります。ワークスペースを有料プランへアップグレードすると、いつでもメッセージとファイルの全履歴にアクセスできるようになります。 

 

データの保存

フリープランのワークスペースのオーナーは、基本的なデータの保存設定を使用して、90 日が経過したメッセージとファイルを削除できます。基本的なデータ保存設定を適用すると、フリープランによる制限で非表示になったメッセージとファイルを自動的に削除できます。


アプリのインストール制限

Slack のフリープランを利用するワークスペースのメンバーは、最大 10 個のアプリを追加できます。Slack の App ディレクトリのアプリやチーム用に開発されたカスタムアプリは、この上限に対して加算されます。 

ワークスペースがアプリとインテグレーションの上限に達した場合、インストール済みのアプリをアンインストールして新しいアプリをインストールするためのスペースを確保することもできますが、有料プランにアップグレードすれば、無制限にアプリをインストールできるようになります。