ワークスペースまたはオーガナイゼーションの通話設定をカスタマイズする

デフォルトでは、メンバー全員が (電話アイコン) を使用して Slack で通話することができます。ご利用中のプランに応じて、音声通話とビデオ通話の設定は、いくつかの方法でカスタマイズすることができます。

  • すべてのプランで、全メンバーの Slack 通話をすべて無効または有効にすることができます。これにより、電話アイコンが非表示にされるか、表示されるかが決まります。
  • すべてのプランで、メンバーのデフォルトの通話アプリを変更できます。電話アイコンをクリックすると、Slack の通話機能の代わりにサードパーティ製の通話アプリが表示されます。
  • スタンダード、プラス、Enterprise Grid プランでは、Slack の通話機能に加えて、電話アイコンから複数のサードパーティ製の通話アプリを有効にすることができます。発信を許可することもできます。

要注意 :  オーナーまたは管理者がワークスペースや Enterprise Grid オーガナイゼーションの通話設定で行った変更は、すべてのメンバーに影響します。

 

Slack で通話を有効または無効にする

すべてのプランで、メンバーが Slack で通話できるかどうかを選択できます。この設定を無効にすると、 (電話アイコン) がすべてのメンバーに対して非表示になります。Slack コールのビルトイン通話機能についての詳細は Slack で通話するのページを参照してください。


フリープラン

スタンダードプランとプラスプラン

Enterprise Grid プラン

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定と管理」を選択してから、「ワークスペースの設定」を選択します。
  3. 「コール」の項目の「開く」をクリックします。
  4. 「次の方法で Slack での通話を有効にする」の項目のボックスをチェックする、またはチェックを外します。
  5.  「保存する」 をクリックして設定を保存します。
  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定と管理」を選択してから、「ワークスペースの設定」を選択します。
  3. 「コール」の項目の「開く」をクリックします。
  4. 「Slack でのビデオ通話を許可する」の項目のボックスをチェックする、またはチェックを外します。
  5.  「保存する」 をクリックして設定を保存します。

Enterprise Grid オーガナイゼーションでは、オーガナイゼーション (OrG) 内のすべてのワークスペースの通話を有効にして、電話アイコンを表示できます。OrG オーナーと OrG 管理者は、次の手順でこの設定を管理できます。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定と管理」を選択し、その後「オーガナイゼーションの設定」をクリックします。
  3. 「設定」から「オーガナイゼーションの情報」をクリックします。
  4. 「コール」までスクロールします。
  5. 「保存する」 をクリックして設定を保存します。

 

通話アプリを選択する

(電話アイコン) をクリックして、Slack またはサポート対象の別の通話アプリで通話を開始するかどうかを選択できます。サードパーティ製のアプリを選択すると、すべてのメンバーがそのサービスでアカウントを作成する必要があります。

フリープラン

スタンダード、プラス、Enterprise Grid の各プラン

Slack の無料バージョンでは、Slack の通話機能ではなく、(電話アイコン) から、1 つのアプリのみを有効にすることができます。

ステップ 1 :通話アプリを選択してインストールする

  1. デスクトップから Slack の App ディレクトリにアクセスして、通話アプリを選択します。
  2. ワークスペースにアプリをインストールします。

ステップ 2 : デフォルトの通話アプリを設定する

アプリをインストールしたら、次の手順を使用して、アプリをワークスペースのデフォルトの通話オプションにします。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定と管理」を選択し、その後「ワークスペースの設定」をクリックします。
  3. 「コール」の項目の「開く」をクリックします。
  4. Slack での通話機能を有効にするの横のボックスにチェックが入っていることを確認します。
  5. 希望するアプリの横にあるボックスにチェックを入れます。
  6.  「保存する」 をクリックして設定を保存します。

スタンダード、プラス、Enterprise Grid プランでは、電話アイコンから複数のサードパーティ製通話アプリを選択して使用できます。これにより、メンバーは Slack を離れずに、さまざまな通話ツールを簡単に切り替えることができます。

注意 : Enterprise Grid プランを利用しているなら、次の方法で OrG の各ワークスペースにデフォルトの通話アプリを設定できます。

ステップ 1 :通話アプリを選択してインストールする

  1. デスクトップから Slack の App ディレクトリにアクセスして、通話アプリを選択します。
  2. ワークスペースにアプリをインストールします。

ステップ 2 : デフォルトの通話アプリを設定する

ワークスペースに通話アプリをインストールしたら、次の手順で電話アイコンからアプリを利用できるようにします。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定と管理」を選択し、その後「ワークスペースの設定」をクリックします。
  3. 「コール」の項目の「開く」をクリックします。
  4. Slack でのビデオ通話を許可するの横にあるボックスにチェックが入っていることを確認します。
  5. 通話オプションで、電話アイコンをクリックして、アクセスするアプリの横にあるボックスにチェックを入れます。
  6.  「保存する」 をクリックして設定を保存します。

 

発信を許可する

スタンダード、プラス、Enterprise Grid プランでは、サードパーティ製アプリを使用して、Slack のダイレクトメッセージから電話番号に発信することができます。Slack から発信する際には、次のアプリを使用できます。

注意 : Enterprise Grid プランを利用しているなら、次の方法で OrG の各ワークスペースから外部に電話をかけられるようになります。

ステップ 1 :通話アプリを選択してインストールする

  1. デスクトップから Slack の App ディレクトリにアクセスして、通話アプリを選択します。
  2. ワークスペースにアプリをインストールします。

ステップ 2 :電話アイコンから使用するアプリを設定する

上記の通話アプリを 1 つ以上選択してインストールした場合は、次の手順で電話アイコンから利用できるようにします。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定と管理」を選択し、その後「ワークスペースの設定」をクリックします。
  3. 「コール」の項目の「開く」をクリックします。
  4. 「Slack での音声通話を許可する」 (ダイレクトメッセージ内のみ) の横のボックスにチェックが入っていることを確認します。
  5. 通話オプションで、電話アイコンをクリックして、アクセスするアプリの横にあるボックスにチェックを入れます。
  6.  「保存する」 をクリックして設定を保存します。

 

この機能を使えるのは誰?
  • ワークスペースのオーナー/管理者と OrG のオーナー/管理者
  • フリースタンダードプラスEnterprise Grid の各プラン