チャンネル共有への招待を承諾する

外部のオーガナイゼーションとチャンネルを共有すると、自分のワークスペースから 1 つのチャンネルにアクセスして、コラボレーションできるようになります。 ほかのオーガナイゼーションからチャンネルの共有に招待された場合は、招待の承諾と承認を受ける方法について、詳細を確認してください。


招待のリクエストへの対応

  • チャンネルを所有するオーガナイゼーションのメンバーから、招待リンクが届きます。あなたのオーガナイゼーションの複数のユーザーが同じチャンネルの共有への招待を受け取った場合、誰か 1 人が承諾すれば大丈夫です。
  • 招待が承諾されたら、そのチャンネルを所有するオーガナイゼーションのメンバーがリクエストを承認する必要があります。また、招待を承諾したメンバーが共有チャンネルを管理する権限を持っていない場合は、あなたのオーガナイゼーションの管理権限を持つメンバーがリクエストを承認しなければなりません。
  • 招待リンクは 7 日後に無効になります。承諾や承認されないまま招待の期限が切れた場合は、チャンネルのオーナーに、新しい招待リンクの送信を依頼してください。
  • 共有チャンネルへの招待を拒否するには、リクエストを無視してください。

注意 :招待を承諾するには、招待されたオーガナイゼーションが Slack の有料プランを利用している必要があります。無料版 Slack を使用している場合は、ワークスペースのアップグレード方法を参照してください。


チャンネル共有への招待を承諾する

  1. 招待リンクをクリックします。
  2. 招待の詳細を確認して、「続行する」をクリックします。
  3. チャンネルが所属するワークスペースを選択するか、「別のワークスペースにサインイン」をクリックします。
  4. チャンネル詳細を確認します。チャンネル名を変更するか、チャンネルをプライベートチャンネルに変更する場合は、 鉛筆アイコンをクリックします (この変更内容は当該ワークスペースにのみ反映されます)。
  5. 「招待を承認する」をクリックします。


さて次は?

あなたやあなたのオーガナイゼーションのメンバーが招待を承諾すると、承認を依頼するリクエストが、そのチャンネルを所有するオーガナイゼーションに送信されます。また、招待を承諾したオーガナイゼーションのメンバーが共有チャンネルを管理する権限を持っていない場合、承認リクエストはあなたのオーガナイゼーションにも送信されます。

注意 : 共有チャンネルでの作業が終わったら、オーガナイゼーションはそのチャンネルを退出できます。 詳細は外部のオーガナイゼーションとのチャンネルの共有を停止するを参照してください。

この機能を使えるのは誰?
  • ゲストを除くメンバー全員
  • スタンダードプラス Enterprise   Grid の各プラン