メッセージとファイルの保存をカスタマイズする

デフォルトの設定では、音声および動画クリップを含めたあらゆるメッセージとファイルは、ワークスペースが存在する限り残ります。希望に応じて、一定期間の経過後にメッセージとファイルを自動的に削除するよう保存設定を調整することもできます。また、個別のチャンネルやダイレクトメッセージ(DM)のメッセージ保存設定をメンバーが編集できるようにすることも可能です。

次の点をご確認ください。

  • 削除したメッセージとファイルは復元できません。これらの設定は慎重に調整してください。
  • フリープランでは、データの保存のオプションが制限されます。メッセージとファイルを保存しておくことも、90 日が経過したら削除することも選択できます。
  • 削除は 1 日に 1 回実行されるため、保存設定を変更した直後にデータが削除されることがあります。
  • ピン留めアイテムブックマークに登録されたものを含め、すべてのメッセージとファイルにこれらの保存設定が適用されます。

注 :保存設定は、削除したチャンネルのメッセージには適用されません。チャンネルを削除した場合、ワークスペースの保存設定に関係なく、メッセージと変更ログが完全に削除されます。


メッセージ保存設定を変更する

フリープラン

プロプランとビジネスプラスプラン

Enterprise Grid プラン

ワークスペースのオーナーは、会話にメッセージの保存を設定する場合、次のオプションのいずれかを選択できます。

  • すべてのメッセージを保存するが、それらの変更ログは保存しない
    Slack はすべてのメッセージを保持しますが、メッセージの編集や削除は追跡しません。
  • メッセージを 90 日経過後に削除する
    Slack はメッセージを 90 日経過後に削除します。

注意 :基本的なデータ保存設定を適用すると、フリープランで非表示になったメッセージとファイルを自動的に削除できます。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定とその他管理項目」を選択し、「ワークスペースの設定」をクリックします。
  3. 「メッセージ履歴」の横の「展開する」をクリックします。
  4. ドロップダウンメニューから保存設定を選択します。
  5. 「保存」をクリックします。
  6. 変更を確認するボックスにチェックを入れ、「新しい設定を適用する」をクリックします。

ワークスペースのオーナーは、会話にメッセージの保存を設定する場合、次のオプションのいずれかを選択できます。

  • すべて保存する
    Slack はすべてのメッセージを保持し、メッセージの編集や削除も追跡します。
  • すべてのメッセージを保存するが、それらの変更ログは保存しない
    Slack はすべてのメッセージを保持しますが、メッセージの編集や削除は追跡しません。
  • メッセージと変更ログを次の期間経過後に削除
    Slack は、選択された期間の長さに従ってメッセージを削除します。

注意 :ビジネスプラスプランでは、ワークスペースでどの会話からもデータのエクスポートが承認されている場合、チャンネルからのメッセージの削除を選択できますが、エクスポートされたメッセージはアクセス可能にしておくことができます。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定とその他管理項目」を選択し、「ワークスペースの設定」をクリックします。
  3. 「メッセージ履歴」の横の「展開する」をクリックします。
  4. ドロップダウンメニューから保存設定を選択します。
  5. 「保存」をクリックします。
  6. 変更を確認するボックスにチェックを入れ、「新しい設定を適用する」をクリックします。

OrG オーナーは、OrG のすべてのワークスペースに適用されるメッセージ保存ポリシーを設定できます。ポリシーが有効な場合、ワークスペースのオーナーが自分の管理するワークスペースのメッセージ保存設定を変更することはできません。OrG オーナーは、メッセージの保存ポリシーによって完全に削除される前にメッセージを非表示にするようにポリシーを設定することもできます。会話にメッセージの保存を設定する場合、次のオプションのいずれかを選択できます。

  • すべて保存する
    Slack はすべてのメッセージを保持し、メッセージの編集や削除も追跡します。
  • すべてのメッセージを保存するが、それらの変更ログは保存しない
    Slack はすべてのメッセージを保持しますが、メッセージの編集や削除は追跡しません。
  • メッセージと変更ログを次の期間経過後に削除
    Slack は、選択された期間の長さに従ってメッセージを削除します。

注意 :オーガナイゼーションでどの会話からもデータのエクスポートが承認されている場合、チャンネルと DM からのメッセージの削除を選択できますが、JSON ベースのエクスポートでメッセージにアクセス可能にしておくことができます。

OrG レベルのメッセージ保存ポリシーを設定する

メッセージの保存または非表示について OrG のポリシーを設定するには、サポートチームに連絡してください。ポリシーが設定されると、Slackbot が OrG のプライマリーオーナーに通知し、ポリシー適用の承認をリクエストします。承認されると、ワークスペースのオーナーそれぞれに保存設定の変更について Slackbot から通知が届きます。


OrG レベルのメッセージ保存ポリシーを確認する

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定とその他管理項目」を選択し、その後「オーガナイゼーションの設定」をクリックします。
  3. 左サイドバーの「設定」をクリックし、「メッセージおよびファイルの履歴」を選択します。


ワークスペースレベルのメッセージの保存設定を設定する

注 :保存ポリシーが OrG レベルで設定されている場合、ワークスペースのオーナーはワークスペースのメッセージ保存設定を変更できません。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定とその他管理項目」を選択し、「ワークスペースの設定」をクリックします。
  3. 「メッセージ履歴」の横の「展開する」をクリックします。
  4. ドロップダウンメニューから保存設定を選択します。
  5. 「保存」をクリックします。
  6. 変更を確認するボックスにチェックを入れ、「新しい設定を適用する」をクリックします。

注 :保存設定はエクスポートファイルの内容に影響するので注意してください。


会話ごとの保存設定を許可する

有料プランのワークスペースのオーナーと OrG オーナーは、次のオプションを使用して、個別の会話に対する保存設定の上書きやメッセージの保存設定の編集を、メンバーに許可できます。

  • 「メンバーの上書き」では、有料プランのメンバーに対し、プライベートチャンネルと DM に独自のメッセージの保存期間を設定することを許可します。ワークスペースのオーナーは、パブリックチャンネルに対しても保存期間を変更できるようになります。 
  • 「管理者の上書き」では、ビジネスプラスプランと Enterprise Grid プランの管理者に対し、チャンネル管理ツールを使ってチャンネルのメッセージの保存設定を編集することを許可します。

プロプランとビジネスプラスプラン

Enterprise Grid プラン

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定とその他管理項目」を選択し、その後「ワークスペースの設定」をクリックします。
  3. 「メッセージ履歴」の横の「展開する」をクリックします。
  4. 「ワークスペースのメンバーにこの設定の上書きを許可する」の横にあるチェックボックスをオンにします。
  5. 「保存」をクリックします。
  6. 変更を確認するボックスにチェックを入れ、「新しい設定を適用する」をクリックします。

メッセージの保存の上書きポリシーを設定する

OrG オーナーは、管理者やメンバーが保存設定を上書きし、Enterprise Grid の OrG のあらゆるワークスペースにある個別の会話についてメッセージの保存期間を調整できるよう、ポリシーを設定できます。このポリシーが有効な場合、ワークスペースのオーナーは自分の管理するワークスペースのメッセージの保存設定を変更できません。

OrG にこのポリシーを設定するには、サポートチームに連絡してください。 ポリシーが設定されると、Slackbot が OrG プライマリーオーナーに通知し、ポリシーの適用をリクエストします。承認されると、ワークスペースのオーナーそれぞれに保存設定の変更について Slackbot から通知が届きます。


メッセージ保存の上書きポリシーを確認する

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定とその他管理項目」を選択し、その後「オーガナイゼーションの設定」をクリックします。
  3. 左サイドバーの「設定」をクリックし、「メッセージおよびファイルの履歴」を選択します。
  4. 「メッセージ履歴の上書き」の横のポリシーを確認します。


ワークスペースレベルでのメッセージの保存に対して上書き設定を設定する :

注 :保存ポリシーが OrG レベルで設定されている場合、ワークスペースのオーナーはワークスペースのメッセージ保存設定を変更できません。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定とその他管理項目」を選択し、その後「ワークスペースの設定」をクリックします。
  3. 「メッセージ履歴」の横の「展開する」をクリックします。
  4. 「メンバーがプライベートチャンネルに独自のメッセージ履歴を設定できるようにする」の横のボックスにチェックを入れます。
  5. 「保存」をクリックします。
  6. 変更を確認するボックスにチェックを入れ、「新しい設定を適用する」をクリックします。

 

ファイル保存設定を調整する

ファイルの保存設定を行うときは、プランに応じて次のオプションのいずれかを選択できます。

フリープラン

プロプランとビジネスプラスプラン

Enterprise Grid プラン

ワークスペースのオーナーは、ファイルの保存を設定する場合、次のオプションのいずれかを選択できます。

  • すべてのファイルを保存する
    共有ファイルはすべて、ワークスペースが存在する限り Slack に保存されます。
  • すべてのファイルを 90 日間に限り保存する
    この設定にすると、ファイル(スニペットアップロードされたファイル、Dropbox や Google Drive といったサードパーティ製のアプリ経由で共有されたファイル)は、90 日を過ぎると完全に削除されます。

注 :サードパーティ製のアプリ経由で共有されたファイルは、引き続き元のサービスで保存されます。そのため、Slack でファイルを削除しても、元のファイルには影響しません。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定とその他管理項目」を選択し、その後「ワークスペースの設定」をクリックします。
  3. 「ファイル履歴」の横の「展開する」をクリックします。
  4. 希望する保存設定を選択します。
  5. 「保存する」をクリックします。
  6. 「はい、この新しい設定を適用します」の横のボックスにチェックし、「設定を保存する」をクリックします。

ワークスペースのオーナーは、会話にファイルの保存を設定する場合、次のオプションのいずれかを選択できます。

  • すべてのファイルを保存する
    共有ファイルはすべて、ワークスペースが存在する限り Slack に保存されます。
  • ファイルを一定期間に限り保存する
    この設定にすると、ファイル(スニペットアップロードされたファイル、Dropbox や Google Drive といったサードパーティ製のアプリ経由で共有されたファイル)は、設定期間を過ぎると完全に削除されます。
  • 削除されたファイルを含めすべてのファイルを保存する
    ファイルはすべて、ワークスペースが存在する限り Slack に保存されます。削除されたファイルはすべての会話のエクスポートおよび Discovery API から利用可能です。
  • 削除されたファイルを含めすべてのファイルを保存しておくが、一定期間のみにする
    この設定にすると、ファイル(スニペットアップロードされたファイル、サードパーティ製のアプリ経由で共有されたファイル)は、設定期間を過ぎると完全に削除されます。削除されたファイルはすべての会話のエクスポートおよび Discovery API から利用可能です。

注 :サードパーティ製のアプリ経由で共有されたファイルは、引き続き元のサービスで保存されます。そのため、Slack でファイルを削除しても、元のファイルには影響しません。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定とその他管理項目」を選択し、その後「ワークスペースの設定」をクリックします。
  3. 「ファイル履歴」の横の「展開する」をクリックします。
  4. 希望する保存設定を選択します。
  5. 「保存する」をクリックします。
  6. 「はい、この新しい設定を適用します」の横のボックスにチェックし、「設定を保存する」をクリックします。

OrG オーナーは、OrG のすべてのワークスペースに適用されるファイル保存ポリシーを設定できます。設定するには、サポートチームに連絡してください。ポリシーが設定されると、Slackbot が OrG のプライマリーオーナーに通知し、ポリシー適用の承認をリクエストします。Org オーナーは、会話にファイルの保存を設定する場合、次のオプションのいずれかを選択できます。

  • すべてのファイルを保存する
    共有ファイルはすべて、Enterprise Grid OrG が存在する限り Slack に保存されます。
  • ファイルを一定期間に限り保存する
    この設定にすると、ファイル(スニペットアップロードされたファイル、Dropbox や Google Drive といったサードパーティ製のアプリ経由で共有されたファイル)は、設定期間を過ぎると完全に削除されます。
  • 削除されたファイルを含めすべてのファイルを保存する
    ファイルはすべて、Enterprise Grid OrG が存在する限り Slack に保存されます。削除されたファイルはすべての会話のエクスポートおよび Discovery API から利用可能です。
  • 削除されたファイルを含めすべてのファイルを保存しておくが、一定期間のみにする
    この設定にすると、ファイル(スニペットアップロードされたファイル、サードパーティ製のアプリ経由で共有されたファイル)は、設定期間を過ぎると完全に削除されます。削除されたファイルはすべての会話のエクスポートおよび Discovery API から利用可能です。

注 :サードパーティ製のアプリ経由で共有されたファイルは、引き続き元のサービスで保存されます。そのため、Slack でファイルを削除しても、元のファイルには影響しません。


ファイル保存ポリシーを確認する

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定とその他管理項目」を選択し、その後「オーガナイゼーションの設定」をクリックします。
  3. 左サイドバーの「設定」をクリックし、「メッセージおよびファイルの履歴」を選択します。
  4. 「ファイルのアップロード」の横のポリシーを確認します。

注 :現在のところは、特定の会話に対してファイルの保存設定を設定する方法はありません。

誰がこの機能を利用できますか?

デフォルトの設定では、音声および動画クリップを含めたあらゆるメッセージとファイルは、ワークスペースが存在する限り残ります。希望に応じて、一定期間の経過後にメッセージとファイルを自動的に削除するよう保存設定を調整することもできます。また、個別のチャンネルやダイレクトメッセージ(DM)のメッセージ保存設定をメンバーが編集できるようにすることも可能です。

次の点をご確認ください。

  • 削除したメッセージとファイルは復元できません。これらの設定は慎重に調整してください。
  • フリープランでは、データの保存のオプションが制限されます。メッセージ、ファイル、コンテンツをチャンネルの canvas に保存しておくことも、90 日が経過したら削除することも選択できます。
  • 削除は 1 日に 1 回実行されるため、保存設定を変更した直後にデータが削除されることがあります。
  • ピン留めアイテムやブックマークに登録されたものを含め、すべてのメッセージ、ファイル、canvas にこれらの保存設定が適用されます。

注 :保存設定は、削除したチャンネルのメッセージには適用されません。チャンネルを削除した場合、ワークスペースの保存設定に関係なく、メッセージと変更ログが完全に削除されます。


メッセージ保存設定を変更する

フリープラン

プロプランとビジネスプラスプラン

Enterprise Grid プラン

ワークスペースのオーナーは、会話にメッセージの保存を設定する場合、次のオプションのいずれかを選択できます。

  • すべてのメッセージを保存するが、それらの変更ログは保存しない
    Slack はすべてのメッセージを保持しますが、メッセージの編集や削除は追跡しません。
  • メッセージを 90 日経過後に削除する
    Slack はメッセージを 90 日経過後に削除します。

注意 :基本的なデータ保存設定を適用すると、フリープランで非表示になったメッセージとファイルを自動的に削除できます。

  1. デスクトップのサイドバーにあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「ツールと設定」を選択し、その後「ワークスペースの設定」をクリックします。
  3. 「メッセージ履歴」の横の「展開する」をクリックします。
  4. ドロップダウンメニューから保存設定を選択します。
  5. 「保存」をクリックします。
  6. 変更を確認するボックスにチェックを入れ、「新しい設定を適用する」をクリックします。

ワークスペースのオーナーは、会話にメッセージの保存を設定する場合、次のオプションのいずれかを選択できます。

  • すべて保存する
    Slack はすべてのメッセージを保持し、メッセージの編集や削除も追跡します。
  • すべてのメッセージを保存するが、それらの変更ログは保存しない
    Slack はすべてのメッセージを保持しますが、メッセージの編集や削除は追跡しません。
  • メッセージと変更ログを次の期間経過後に削除
    Slack は、選択された期間の長さに従ってメッセージを削除します。

注意 :ビジネスプラスプランでは、ワークスペースでどの会話からもデータのエクスポートが承認されている場合、チャンネルからのメッセージの削除を選択できますが、エクスポートされたメッセージはアクセス可能にしておくことができます。

  1. デスクトップのサイドバーにあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「ツールと設定」を選択し、その後「ワークスペースの設定」をクリックします。
  3. 「メッセージ履歴」の横の「展開する」をクリックします。
  4. ドロップダウンメニューから保存設定を選択します。
  5. 「保存」をクリックします。
  6. 変更を確認するボックスにチェックを入れ、「新しい設定を適用する」をクリックします。

OrG オーナーは、OrG のすべてのワークスペースに適用されるメッセージ保存ポリシーを設定できます。ポリシーが有効な場合、ワークスペースのオーナーが自分の管理するワークスペースのメッセージ保存設定を変更することはできません。OrG オーナーは、メッセージの保存ポリシーによって完全に削除される前にメッセージを非表示にするようにポリシーを設定することもできます。会話にメッセージの保存を設定する場合、次のオプションのいずれかを選択できます。

  • すべて保存する
    Slack はすべてのメッセージを保持し、メッセージの編集や削除も追跡します。
  • すべてのメッセージを保存するが、それらの変更ログは保存しない
    Slack はすべてのメッセージを保持しますが、メッセージの編集や削除は追跡しません。
  • メッセージと変更ログを次の期間経過後に削除
    Slack は、選択された期間の長さに従ってメッセージを削除します。

注意 :オーガナイゼーションでどの会話からもデータのエクスポートが承認されている場合、チャンネルと DM からのメッセージの削除を選択できますが、JSON ベースのエクスポートでメッセージにアクセス可能にしておくことができます。

OrG レベルのメッセージ保存ポリシーを設定する

メッセージの保存または非表示について OrG のポリシーを設定するには、サポートチームに連絡してください。ポリシーが設定されると、Slackbot が OrG のプライマリーオーナーに通知し、ポリシー適用の承認をリクエストします。承認されると、ワークスペースのオーナーそれぞれに保存設定の変更について Slackbot から通知が届きます。


OrG レベルのメッセージ保存ポリシーを確認する

  1. デスクトップのサイドバーにあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「ツールと設定」を選択し、その後「オーガナイゼーションの設定」をクリックします。
  3. 左側のサイドバーの 「設定」をクリックし、「履歴」を選択します。


ワークスペースレベルのメッセージの保存設定を設定する

注 :保存ポリシーが OrG レベルで設定されている場合、ワークスペースのオーナーはワークスペースのメッセージ保存設定を変更できません。

  1. デスクトップのサイドバーにあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「ツールと設定」を選択し、その後「ワークスペースの設定」をクリックします。複数のワークスペースを管理している場合、ドロップダウンメニューで 1 つ選択します。
  3. 「メッセージ履歴」の横の「展開する」をクリックします。
  4. ドロップダウンメニューから保存設定を選択します。
  5. 「保存」をクリックします。
  6. 変更を確認するボックスにチェックを入れ、「新しい設定を適用する」をクリックします。

注 :保存設定はエクスポートファイルの内容に影響するので注意してください。


会話ごとの保存設定を許可する

有料プランのワークスペースのオーナーと OrG オーナーは、次のオプションを使用して、個別の会話に対する保存設定の上書きやメッセージの保存設定の編集を、メンバーに許可できます。

  • 「メンバーの上書き」では、有料プランのメンバーに対し、プライベートチャンネルと DM に独自のメッセージの保存期間を設定することを許可します。ワークスペースのオーナーは、パブリックチャンネルに対しても保存期間を変更できるようになります。 
  • 「管理者の上書き」では、ビジネスプラスプランと Enterprise Grid プランの管理者に対し、チャンネル管理ツールを使ってチャンネルのメッセージの保存設定を編集することを許可します。

プロプランとビジネスプラスプラン

Enterprise Grid プラン

  1. デスクトップのサイドバーにあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「ツールと設定」を選択し、その後「ワークスペースの設定」をクリックします。
  3. 「メッセージ履歴」の横の「展開する」をクリックします。
  4. 「ワークスペースのメンバーにこの設定の上書きを許可する」の横にあるチェックボックスをオンにします。
  5. 「保存」をクリックします。
  6. 変更を確認するボックスにチェックを入れ、「新しい設定を適用する」をクリックします。

メッセージの保存の上書きポリシーを設定する

OrG オーナーは、管理者やメンバーが保存設定を上書きし、Enterprise Grid の OrG のあらゆるワークスペースにある個別の会話についてメッセージの保存期間を調整できるよう、ポリシーを設定できます。このポリシーが有効な場合、ワークスペースのオーナーは自分の管理するワークスペースのメッセージの保存設定を変更できません。

OrG にこのポリシーを設定するには、サポートチームに連絡してください。 ポリシーが設定されると、Slackbot が OrG プライマリーオーナーに通知し、ポリシーの適用をリクエストします。承認されると、ワークスペースのオーナーそれぞれに保存設定の変更について Slackbot から通知が届きます。


メッセージ保存の上書きポリシーを確認する

  1. デスクトップのサイドバーにあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「ツールと設定」を選択し、その後「オーガナイゼーションの設定」をクリックします。
  3. 左サイドバーの「設定」をクリックし、「メッセージおよびファイルの履歴」を選択します。
  4. 「メッセージ履歴の上書き」の横のポリシーを確認します。


ワークスペースレベルでのメッセージの保存に対して上書き設定を設定する :

注 :保存ポリシーが OrG レベルで設定されている場合、ワークスペースのオーナーはワークスペースのメッセージ保存設定を変更できません。

  1. デスクトップのサイドバーにあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「ツールと設定」を選択し、その後「ワークスペースの設定」をクリックします。複数のワークスペースを管理している場合、ドロップダウンメニューで 1 つ選択します。
  3. 「メッセージ履歴」の横の「展開する」をクリックします。
  4. 「メンバーがプライベートチャンネルに独自のメッセージ履歴を設定できるようにする」の横のボックスにチェックを入れます。
  5. 「保存」をクリックします。
  6. 変更を確認するボックスにチェックを入れ、「新しい設定を適用する」をクリックします。

 

ファイル保存設定を調整する

ファイルの保存設定を行うときに選択できるオプションは、プランによって異なります。

フリープラン

プロプランとビジネスプラスプラン

Enterprise Grid プラン

ワークスペースのオーナーは、ファイルの保存を設定する場合、次のオプションのいずれかを選択できます。

  • すべてのファイルを保存する
    共有ファイルはすべて、ワークスペースが存在する限り Slack に保存されます。
  • すべてのファイルを 90 日間に限り保存する
    この設定にすると、ファイル(スニペットアップロードされたファイル、Dropbox や Google Drive といったサードパーティ製のアプリ経由で共有されたファイル)は、90 日を過ぎると完全に削除されます。

注 :サードパーティ製のアプリ経由で共有されたファイルは、引き続き元のサービスで保存されます。そのため、Slack でファイルを削除しても、元のファイルには影響しません。

  1. デスクトップのサイドバーにあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「ツールと設定」を選択し、その後「ワークスペースの設定」をクリックします。
  3. 「ファイル履歴」の横の「展開する」をクリックします。
  4. 希望する保存設定を選択します。
  5. 「保存する」をクリックします。
  6. 「はい、この新しい設定を適用します」の横のボックスにチェックし、「確認」をクリックします。

ワークスペースのオーナーは、ファイルの保存を設定する場合、次のオプションのいずれかを選択できます。

  • すべてのファイルを保存する
    共有ファイルはすべて、ワークスペースが存在する限り Slack に保存されます。
  • ファイルを一定期間に限り保存する
    この設定にすると、ファイル(スニペットアップロードされたファイル、Dropbox や Google Drive といったサードパーティ製のアプリ経由で共有されたファイル)は、設定期間を過ぎると完全に削除されます。
  • 削除されたファイルを含めすべてのファイルを保存する
    ファイルはすべて、ワークスペースが存在する限り Slack に保存されます。削除されたファイルはすべての会話のエクスポートおよび Discovery API から利用可能です。
  • 削除されたファイルを含めすべてのファイルを保存しておくが、一定期間のみにする
    この設定にすると、ファイル(スニペットアップロードされたファイル、サードパーティ製のアプリ経由で共有されたファイル)は、設定期間を過ぎると完全に削除されます。削除されたファイルはすべての会話のエクスポートおよび Discovery API から利用可能です。

注 :サードパーティ製のアプリ経由で共有されたファイルは、引き続き元のサービスで保存されます。そのため、Slack でファイルを削除しても、元のファイルには影響しません。

  1. デスクトップのサイドバーにあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「ツールと設定」を選択し、その後「ワークスペースの設定」をクリックします。
  3. 「ファイル履歴」の横の「展開する」をクリックします。
  4. 希望する保存設定を選択します。
  5. 「保存する」をクリックします。
  6. 「はい、この新しい設定を適用します」の横のボックスにチェックし、「確認」をクリックします。

OrG オーナーは、OrG のすべてのワークスペースに適用されるファイル保存ポリシーを設定できます。設定するには、サポートチームに連絡してください。OrG オーナーは、ファイルの保存を設定するときに、次のオプションのいずれかを選択できます。

  • すべてのファイルを保存する
    共有ファイルはすべて、Enterprise Grid OrG が存在する限り Slack に保存されます。
  • ファイルを一定期間に限り保存する
    この設定にすると、ファイル(スニペットアップロードされたファイル、Dropbox や Google Drive といったサードパーティ製のアプリ経由で共有されたファイル)は、設定期間を過ぎると完全に削除されます。
  • 削除されたファイルを含めすべてのファイルを保存する
    ファイルはすべて、Enterprise Grid OrG が存在する限り Slack に保存されます。削除されたファイルはすべての会話のエクスポートおよび Discovery API から利用可能です。
  • 削除されたファイルを含めすべてのファイルを保存しておくが、一定期間のみにする
    この設定にすると、ファイル(スニペットアップロードされたファイル、サードパーティ製のアプリ経由で共有されたファイル)は、設定期間を過ぎると完全に削除されます。削除されたファイルはすべての会話のエクスポートおよび Discovery API から利用可能です。

新しい保存ポリシーが適用されると、Slackbot が OrG プライマリーオーナーに通知し、更新内容を適用するための承認をリクエストします。

注 :サードパーティ製のアプリ経由で共有されたファイルは、引き続き元のサービスで保存されます。そのため、Slack でファイルを削除しても、元のファイルには影響しません。


ファイル保存ポリシーを確認する

  1. デスクトップのサイドバーにあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「ツールと設定」を選択し、その後「オーガナイゼーションの設定」をクリックします。
  3. 左側のサイドバーの 「設定」をクリックし、「履歴」を選択します。
  4. 「ファイルのアップロード」の横のポリシーを確認します。

注 :現在のところは、特定の会話に対してファイルの保存設定を設定する方法はありません。

 

canvas の保存設定を調整する

Slack canvas の保存設定を行うときに選択できるオプションは、プランによって異なります。

注 :エクスポートによって canvas を取得する場合、最新バージョンのみが含まれます。

フリープラン

プロプランとビジネスプラスプラン

Enterprise Grid プラン

ワークスペースのオーナーは、チャンネルの canvas に保存を設定する場合、次のオプションのいずれかを選択できます。

  • すべての canvas を保存する
    チャンネルの canvas にあるコンテンツはすべて、ワークスペースが存在する限り Slack に保存されます。
  • canvas を 90 日間に限り保存する
    チャンネルの canvas にあるコンテンツは、90 日が経過したら完全に削除されます。
  1. デスクトップのサイドバーにあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「ツールと設定」を選択し、その後「ワークスペースの設定」をクリックします。
  3. 「canvas の履歴」の横の「展開する」をクリックします。
  4. 希望する保存設定を選択します。
  5. 「保存する」をクリックします。
  6. 「はい、この新しい設定を適用します」の横のボックスにチェックし、「確認」をクリックします。

ワークスペースのオーナーは、canvas の保存ポリシーを設定する場合、次のオプションのいずれかを選択できます。また、選択した保存ポリシーはすべての canvas タイプに適用されます。

  • すべての canvas を保存する
    canvas はすべて、ワークスペースが存在する限り Slack に保存されます。手動で削除された canvas は保存されず、エクスポートにも表示されません。
  • 設定した日数に限り canvas を保存する
    選択した日数が経過すると、すべての canvas が完全に削除されます。
  • 削除された canvas を含むすべての canvas を保存する
    canvas はすべて、ワークスペースが存在する限り Slack に保存されます。削除された canvas(手動で削除された canvas を含む)は、すべての会話および Discovery API から利用可能です。
  • 設定した日数に限り削除された canvas を含む canvas を保存する
    選択した日数が経過すると、canvas が完全に削除されます。削除された canvas は、指定した期間が経過するまで、すべての会話および Discovery API から利用可能です。
  1. デスクトップのサイドバーにあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「ツールと設定」を選択し、その後「ワークスペースの設定」をクリックします。
  3. 「canvas の履歴」の横の「展開する」をクリックします。
  4. 希望する保存設定を選択します。
  5. 「保存する」をクリックします。
  6. 「はい、この新しい設定を適用します」の横のボックスにチェックし、「確認」をクリックします。

OrG オーナーは、OrG のすべてのワークスペースに適用される canvas 保存ポリシーを設定できます。設定するには、サポートチームに連絡してください。OrG オーナーは、canvas の保存ポリシーを設定する場合、次のオプションのいずれかを選択できます。また、選択したポリシーはすべての canvas タイプに適用されます。

  • すべての canvas を保存する
    canvas はすべて、Enterprise Grid OrG が存在する限り Slack に保存されます。手動で削除された canvas は保存されず、エクスポートにも表示されません。
  • 設定した日数に限り canvas を保存する
    選択した日数が経過すると、すべての canvas が完全に削除されます。
  • 削除された canvas を含むすべての canvas を保存する
    canvas はすべて、Enterprise Grid OrG が存在する限り Slack に保存されます。削除された canvas(手動で削除された canvas を含む)は、すべての会話および Discovery API から利用可能です。
  • 設定した日数に限り削除された canvas を含む canvas を保存する
    選択した日数が経過すると、canvas が完全に削除されます。削除された canvas は、すべての会話のエクスポートおよび Discovery API から利用可能です。

新しい保存ポリシーが適用されると、Slackbot が OrG プライマリーオーナーに通知し、更新内容を適用するための承認をリクエストします。


canvas の保存ポリシーを確認する

  1. デスクトップのサイドバーにあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「ツールと設定」を選択し、その後「オーガナイゼーションの設定」をクリックします。
  3. 左側のサイドバーの 「設定」をクリックし、「履歴」を選択します。
  4. 「canvas」の横のポリシーを確認します。
誰がこの機能を利用できますか?