Slack for Intune によるモバイルアプリ管理

登録を必要としない Microsoft Intune モバイルアプリケーション管理(MAM-WE)を組織で使用すると、信頼できるアプリに Slack を追加して、管理されていない個人のモバイルデバイスでも業務上の機密情報を安全に管理できます。このようにすると、従業員のデバイスを全面的にコントロールすることなく、管理者がメンバーの Slack へのアクセスとセキュリティを管理できます。Slack for Intune を設定する前に、次の点を確認してください。

  • すべてのメンバーは、Azure Active Directory(Azure AD)のアカウントを持っている必要があります。
  • すべてのメンバーは、Azure AD アカウントに Microsoft Intune ライセンスが割り当てられている必要があります。
  • すべてのメンバーは、Slack アプリを対象とするアプリ保護ポリシーの対象となるセキュリティグループに属している必要があります。

注意 :Slack for Intune アプリは、登録されたデバイスの管理を希望するユーザーのために、Intune によるモバイルデバイス管理(MDM)ソリューションにも対応しています。


管理対象アプリとして Slack を追加する

Intune ダッシュボードにアクセスして、Slack を Intune で管理されているアプリのリストに追加します。アプリを追加してから、Intune のメンバーに Slack アプリを割り当てます


Intune のアプリ管理ポリシー

Microsoft エンドポイントマネージャー管理センターから、Slack for Intune アプリの設定およびアプリの保護のポリシーを設定できます。iOS および Android のデバイスのアプリで利用可能なアプリ保護ポリシーの一覧については、Microsoft のヘルプセンターを参照してください。


メンバーへの影響

  • メンバーは、App Store や Play ストアから Slack for Intune アプリをダウンロードして、アプリの登録を完了する必要があります。
  • また、Intune(Azure AD アカウントを使用)と Slack の両方へのサインインが必要です。
  • Slack for Intune アプリを使用できるのは、Enterprise Grid オーガナイゼーションのワークスペースのみです。仕事以外のワークスペースでは、通常の Slack アプリを使用する必要があります。
誰がこの機能を利用できますか?
  • OrG オーナーOrG 管理者
  • Enterprise Grid プラン