メッセージがあとで送信されるようにスケジュールする

Slack で共有する重要なメッセージがあるものの、まだ送信するベストなタイミングではない場合、送信日時を設定できます。現在よりあとの日付と時間を設定しておけば、その時に自分がデスクにいても外出中でも、メッセージが送信されます。

Slack のデスクトップアプリからメッセージの送信日時を設定する様子

Tip :メッセージの書式を設定する方法を覚えると、Slack でのコミュニケーションがもっとわかりやすくなります。


メッセージの送信日時を設定する

デスクトップ

モバイル

  1.  「新規メッセージボタン」をクリックするか、メッセージを送信する会話を開きます。
  2. メッセージフィールドにメッセージを入力します。
  3.  紙飛行機アイコンの右側にある 矢印アイコンをクリックします。
  4. リストから日付と時間を選択するか、「カスタム時間」を選択して日付と時間を自由に設定します。
  1.  ホームタブ 新規メッセージボタンをタップするか、メッセージを送信する会話を開きます。
  2. メッセージフィールドにメッセージを入力します。
  3.  紙飛行機アイコンをタップして長押しします。
  4. リストから日付と時間を選択するか、「カスタム時間」を選択して日付と時間を自由に設定します。


送信日時を設定済みのメッセージの表示、編集、管理

送信日時より前であれば、いつでも送信日時を設定済みのメッセージの表示、編集、管理を行えます。次のような選択肢があります。

  • メッセージを編集する
  • メッセージの送信日時を再設定する
  • メッセージを送信する
  • スケジュールをキャンセルして下書きに保存する
  • メッセージを削除する

デスクトップ

モバイル

  1. 左サイドバー最上部の 「送信日時を設定済み」をクリックすると、送信日時が設定されたメッセージすべてを確認できます。
  2. メッセージにマウスポインタを合わせ、右上隅にあるアイコンを選択してアクションを実行します。
  1. 「ホーム」タブで、最上部の 「送信日時を設定済み」をタップします。
  2. メッセージをタップして長押しし、リストからアイコンを選択してアクションを実行します。