ワークフローを作成する

ワークフロービルダーは、定型的なプロセスを Slack で使えるワークフローに変換するためのツールです。簡単なものから複雑なものまで自由にワークフローを作成でき、仕事に使用しているほかのアプリやサービスを連携させることもできます。

このチュートリアルでは、以下のことを行う方法を学べます。

  • ワークフローを作成する
  • ワークフローを公開する

Tip : ワークフローを初めて使用する場合は、1 つ前のチュートリアルにアクセスしてワークフローとその使い方について学ぶことをおすすめします。

 

ワークフローを作成する

ワークフローをゼロから作成する場合でも、テンプレートを使用する場合でも、主な用語を知っておくことが役立ちます。

期間 定義
トリガー これはワークフローを開始する方法です。 リンクのクリックやチャンネルへの参加のようなアクションによって、ワークフローを開始できます。
ステップ ワークフローに実行させるアクションです。 メッセージを送信するステップや、フォームで情報を収集するステップがあります。サードパーティ製アプリからのステップを追加することもできます。
変数 ワークフローに送られ、別の場所で参照できるようになる情報です。 ワークフローの実行者の名前などを変数にしてチャンネルへの歓迎メッセージに含めるようなことができます。
コラボレーター ワークフローの管理権限を持つ、ワークスペースのメンバーです。 コラボレーターはワークフローの編集、公開停止、削除を実行できます。ほかのコラボレーターの追加と削除も行えます。

 

主な用語がわかったところで、以下のステップに従ってワークフローを構築してみましょう。

テンプレートを使用する

ゼロから始める

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「ツール」を選択して、「ワークフロービルダー」をクリックします。
  3. 「ワークフローを作成する」をクリックします。
  4. 「その他のテンプレート」をクリックして、すべてのワークフローテンプレートを表示します。
  5. 左側でテンプレートを選択してプレビューを確認してから、「このテンプレートを使用する」ボタンをクリックします。または、「その他のテンプレート」をクリックして、全テンプレートのリストからテンプレートを選択することもできます。
  6. ワークフローの開始方法、ステップ、変数に変更を加える場合は、プロンプトに従ってテンプレートをカスタマイズします。
  7. テンプレートのカスタマイズが完了したら、次のセクションに従ってワークフローを公開してください。
  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「ツール」を選択して、「ワークフロービルダー」をクリックします。
  3. 「ワークフローを作成する」をクリックします。
  4. ワークフローの開始方法をリストから選択し、プロンプトが表示された場合は追加情報を入力します。
  5. ワークフローにステップを追加する。
  6. セットアップが完了したら、次のセクションに従ってワークフローを公開してください。

 

ワークフローを公開する

ワークフローを公開すると、すぐにほかの人も使えるようになります。ワークフローは次のステップに従って公開します。

  1. ワークフローがまだ構築されていなければ、上記のステップに従って構築してください。
  2. ワークフロービルダーウィンドウの最上部付近にある「公開」をクリックします。
  3. ワークフローの用途と開始方法について、一緒に働く人たちに知らせましょう。

 

もっと詳しく

最初のワークフローの構築が完了し、もっと詳しく調べたい場合は、ワークフロービルダーについてのその他のヘルプリソースを参照してみてください。

ワークフロービルダーは、定型的なプロセスを Slack で使えるワークフローに変換するためのツールです。簡単なものから複雑なものまで自由にワークフローを作成でき、仕事に使用しているほかのアプリやサービスを連携させることもできます。

このチュートリアルでは、以下のことを行う方法を学べます。

  • ワークフローを作成する
  • ワークフローを公開する

Tip : ワークフローを初めて使用する場合は、1 つ前のチュートリアルにアクセスしてワークフローとその使い方について学ぶことをおすすめします。

 

ワークフローを作成する

ワークフローをゼロから作成する場合でも、テンプレートを使用する場合でも、主な用語を知っておくことが役立ちます。

期間 定義
トリガー これはワークフローを開始する方法です。 リンクのクリックやチャンネルへの参加のようなアクションによって、ワークフローを開始できます。
ステップ ワークフローに実行させるアクションです。 メッセージを送信するステップや、フォームで情報を収集するステップがあります。サードパーティ製アプリからのステップを追加することもできます。
変数 ワークフローに送られ、別の場所で参照できるようになる情報です。 ワークフローの実行者の名前などを変数にしてチャンネルへの歓迎メッセージに含めるようなことができます。
コラボレーター ワークフローの管理権限を持つ、ワークスペースのメンバーです。 コラボレーターはワークフローの編集、公開停止、削除を実行できます。ほかのコラボレーターの追加と削除も行えます。

 

主な用語がわかったところで、以下のステップに従ってワークフローを構築してみましょう。

テンプレートを使用する

ゼロから始める

  1. デスクトップのサイドバーにあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「ツールと設定」を選択して、「ワークフロービルダー」をクリックします。
  3. 「ワークフローを作成する」をクリックします。
  4. 「その他のテンプレートを見る」をクリックして、すべてのワークフローテンプレートを表示します。
  5. 左側でテンプレートを選択してプレビューを確認してから、「このテンプレートを使用する」ボタンをクリックします。または、「その他のテンプレート」をクリックして、全テンプレートのリストからテンプレートを選択することもできます。
  6. ワークフローの開始方法、ステップ、変数に変更を加える場合は、プロンプトに従ってテンプレートをカスタマイズします。
  7. テンプレートのカスタマイズが完了したら、次のセクションに従ってワークフローを公開してください。
  1. デスクトップのサイドバーにあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「ツールと設定」を選択して、「ワークフロービルダー」をクリックします。
  3. 「ワークフローを作成する」をクリックします。
  4. ワークフローの開始方法をリストから選択し、プロンプトが表示された場合は追加情報を入力します。
  5. ワークフローにステップを追加する。
  6. セットアップが完了したら、次のセクションに従ってワークフローを公開してください。

 

ワークフローを公開する

ワークフローを公開すると、すぐにほかの人も使えるようになります。ワークフローは次のステップに従って公開します。

  1. ワークフローがまだ構築されていなければ、上記のステップに従って構築してください。
  2. ワークフロービルダーウィンドウの最上部付近にある「公開」をクリックします。
  3. ワークフローの用途と開始方法について、一緒に働く人たちに知らせましょう。

 

もっと詳しく

最初のワークフローの構築が完了し、もっと詳しく調べたい場合は、ワークフロービルダーについてのその他のヘルプリソースを参照してみてください。