メンバーとデフォルトのサインインファイルを共有する

Slack へサインインするには、ワークスペースの Slack URL が必要です。 ワークスペースのオーナーと管理者は、デフォルトのサインインファイルをダウンロードしてチームと共有することで、メンバーがデスクトップアプリにより簡単にサインインできるようにすることができます。


この機能でできること

  • メンバーがコンピューターにこのサインインファイルを保存すると、ワークスペースの URL が自動的にデスクトップアプリに追加されます。ただし希望に応じて、メンバーは引き続きワークスペースの URL を手動で入力することもできます。
  • メンバーがデスクトップアプリでワークスペースにサインインしたことがない場合のみ、デフォルトのサインインファイルによってワークスペースの URL が自動追加されます。これ以外の場合には、ワークスペースの URL を入力するためのサインイン画面が表示されます。

Tip : Enterprise Grid オーガナイゼーションのメンバーは、お問い合わせのうえ、OrG のデフォルトのサインインファイルをリクエストできます。ご連絡いただく際に、OrG の URL を記載してください (例 : acmeorg.enterprise.slack.com)

ステップ 1 : デフォルトのサインインファイルをダウンロードする

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定と管理」を選択し、その後「ワークスペースの設定」をクリックします。
  3. 「認証」タブをクリックします。
  4. 「メンバーに対してこのワークスペースを自動で開く」の横にある「ダウンロード」をクリックします。

 

ステップ 2 : デフォルトのサインインファイルを共有する

Windows

Mac

Linux

  1. コンピュータ上の「ダウンロード」フォルダで Signin.slacktoken ファイルを見つけます。
  2. ファイルをチームメンバーに配布し、それをチームメンバーのコンピューター上の関連するアプリデータフォルダに格納します。%APPDATA%/Slack/Signin.slacktoken

直接ダウンロードバージョン

  1. コンピュータ上の「ダウンロード」フォルダで Signin.slacktoken ファイルを見つけます。
  2. ファイルをチームメンバーに配布し、それをチームメンバーのコンピューター上の関連するアプリデータフォルダに格納します。~/Library/Application Support/Slack/Signin.slacktoken

Mac App Store バージョン

  1. コンピュータ上の「ダウンロード」フォルダで Signin.slacktoken ファイルを見つけます。
  2. ファイルをチームメンバーに配布し、それをチームメンバーのコンピューター上の関連するアプリデータフォルダに格納します。~/Library/Containers/Slack/Data/Library/Application Support/Slack
  1. コンピュータ上の「ダウンロード」フォルダで Signin.slacktoken ファイルを見つけます。
  2. ファイルをチームメンバーに配布し、それをチームメンバーのコンピューター上の関連するアプリデータフォルダに格納します。Linux の場合 : ~/.config/Slack/Signin.slacktoken、Linux Snap の場合 : ~/snap/Slack/current/.config/Slack/Signin.slacktoken
誰がこの機能を利用できますか?
  • ワークスペースのオーナーワークスペースの管理者
  • フリープロビジネスプラスプラン