開発者向けの新しい Slack プラットフォームツール(ベータ版)

ベータ版 Slack プラットフォームの一環として、アプリ開発者向けに発表する新たなツールをいくつかご紹介します。アプリマニフェストはオープンベータ版で誰でも利用可能です。その他のツールはプライベートベータ版として利用できますが、申請書の記入が必要です。

新しいツールのメリット

  • 開発者は、Slack の安全なホスティングやデータストレージを含む、合理化された開発ライフサイクルにより、より高品質のアプリやワークフローを迅速にリリースすることができます。
  • ワークスペースのメンバーは、どのチャンネルでもインテグレーションやワークフローをひと目で把握しアクセスできるようになり、チャンネルを作成する際に構築済みのワークフローを簡単にインストールできるようになります。


提供される内容

  • アプリマニフェスト(オープンベータ版)
    アプリの作成、開発、配布がより簡単になります。アプリマニフェストを活用して、アプリをすばやくセットアップ・管理しましょう。
  • Slack CLI(プライベートベータ版)
    Slack CLI(コマンドラインインターフェイス)を使って、Typescript SDK で新しいアプリのフレームワークを構築し、アプリを容易に Slack のインフラストラクチャにデプロイできます。
  • トリガー(プライベートベータ版)
    ワークフローの起動方法、利用可能な場所やユーザーなどを定義するトリガーを作成することができます。ワークスペースのメンバーは、ベータ版 Slack アプリの一環として作成された新しいトリガーを使ってワークフローを起動することができます。
  • 関数とワークフロー(プライベートベータ版)
    関数は、特定の動作を行う機能が事前設定されたブロックで、グループ化してワークフローを作成することができます。ベータ版では、ワークフロービルダーの新しいワークフローに関数を追加することはできませんが、アプリのコラボレーターであれば誰でも関数にアクセスすることができます。
  • アプリのデプロイとデータストレージ(プライベートベータ版)
    アプリをデプロイし、そのデータを Slack のインフラストラクチャに保存することで、あらゆるコンポーネントを 1 か所に集約し、Slack のセキュリティおよびコンプライアンス基準に自動的に準拠することができます。

注 :プライベートベータ版へ参加するには、ワークスペースのオーナーまたはワークスペースの管理者による承認が必要です。


よくある質問(FAQ)

これらの新しいツールは無料ですか?

新しいプラットフォームツールはすべて、ベータ版の期間は無料でご利用いただけます。ベータ版の終了後も、Slack の有料プランをご利用の皆さまは、これらの機能の多くに引き続きアクセスできます。より高度な機能を利用される場合は、追加料金が必要となります。

Slack のインフラストラクチャにアプリをデプロイする必要がありますか?

プライベートベータ版の機能は、Slack のインフラストラクチャ上でホストされているアプリにのみ適用されます。これらのツールが一般に利用できるようになれば、必要に応じて別のホスティングプロバイダを選択することができます。

管理者は、ベータ版で構築された新しいアプリをどのように管理できますか?

ベータ版への参加が確認された後、管理者は、ベータ版で利用可能な新しいツールを使ってアプリを構築し、デプロイする権限をユーザーに付与することができます。Slack のインフラストラクチャを使用してデプロイされるアプリはすべて、既存のアプリの承認設定で管理および承認することができます。ベータ版で構築されたアプリの Slack へのデプロイリクエストを確認する際、アプリ管理者は、アプリのスコープに加えて、アプリが通信しているドメインを確認します。