SCIM で同期したプロフィールフィールドを管理する

Slack の SCIM API なら、ご利用の ID プロバイダ (IDP) や内部ディレクトリのメンバーに関する情報を、個々の Slack プロフィールと自動的に同期することができます。

いったん接続すると、あなたが同期することを選択したプロフィールフィールド(役職や担当業務、住所などの属性)を Slack のメンバーが編集できなくなるため、プロフィールの詳細を一貫性のある明確な状態に保てます。

💡 詳細は、SCIM プロビジョニングによるメンバー管理のページを参照してください。

注意 :  Slack でメンバーのプロフィールにマッピング可能な 25 の共通のプロフィールフィールドのリストからお選びください。

 

プロフィールフィールドを非表示にする

特定のプロフィールフィールドを選択してメンバーおよびゲストに非表示にすることができます。管理者とオーナーは、メンバーの Slack プロフィール上でこれらのフィールドを確認することができます。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定とその他管理項目」を選択してから、「[ワークスペース名] をカスタマイズする」をクリックします。
  3. 「ワークスペースのカスタマイズ」ページで、「プロフィール」タブを選択します。
  4. 「ワークスペースのプロフィール欄を編集する」をクリックします。
  5. 非表示にするフィールドの横にある  (歯車のアイコン) をクリックして、「非表示にする」を選択します。プロフィールフィールドは非表示にする前に同期する必要があります。

 

フィールドのラベルを変更する

チームのメンバーが使いやすいように、IDP から Slack に送信されたプロフィールフィールドのラベルを変更しましょう。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定とその他管理項目」を選択してから、「[ワークスペース名] をカスタマイズする」をクリックします。
  3. 「ワークスペースのカスタマイズ」ページで、「プロフィール」タブを選択します。
  4. 「ワークスペースのプロフィール欄を編集する」をクリックします。 
  5. 編集するプロフィールフィールドを選択します。
  6. 新しいラベルを入力して、必要に応じてヒントのテキストを追加します。
  7. 「保存」をクリックします。

Tip :  「プロダクトマネージャー」や「デザイナー」のようなプロフィール属性を検索して、Slack メンバーディレクトリでメンバーを見つけることもできます。

誰がこの機能を利用できますか?
  • ワークスペースのオーナーがこの機能を有効にすることができ、管理者はプロビジョニングを管理することができます。
  • プラスプランと Enterprise Grid プランで利用できます。