メンバーのプロフィールのカスタマイズ

Slack のプロフィールを活用すれば、仕事がもっとしやすくなります。プロフィールに自分のタイムゾーンや担当業務のような便利な情報を載せておくと、メンバー同士で簡単に確認できます。カスタムプロフィール機能を利用して、目的に合わせて新しいプロフィールフィールドを作成できます。これにより、勤務地、勤務開始日、ソーシャルメディア情報など、もっと詳しい情報がメンバー間でシェアできるようになります。

Tip : SCIM プロビジョニングによってメンバーを管理している場合、ご利用の ID プロバイダ(IDP)の情報を Slack のプロフィールフィールドに自動的に同期して、プロフィール情報を最新の状態に保つことができます。

 

カスタムプロフィールフィールドを追加する

フリー、プロ、ビジネスプラスプラン

Enterprise Grid プラン

ワークスペースのオーナーと管理者は、オーガナイゼーションの全メンバーのカスタムプロフィールフィールドを追加できます。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. 「設定とその他管理項目」を選択し、その後「ワークスペースの設定」をクリックします。
  3. ページ上部の「メニュー」をクリックし、左サイドバーの「プロフィール」を選択します。
  4. セクションの下部にある「メンバーを追加する」または「データエレメントを追加する」をクリックし、表示されるメッセージに従って「ラベル」「プレースホルダテキスト」、およびその他のフィールドタイプオプションを設定します。
  5. 「変更内容を公開」をクリックします。

OrG オーナーと OrG 管理者は、オーガナイゼーションの全メンバーのカスタムプロフィールフィールドを追加できます。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. 「設定とその他管理項目」を選択し、「オーガナイゼーションの設定」をクリックします。
  3. 左サイドバーの「Atlas」をクリックします。
  4. セクションの下部にある「メンバーを追加する」または「データエレメントを追加する」をクリックし、表示されるメッセージに従って「ラベル」「プレースホルダテキスト」、およびその他のフィールドタイプオプションを設定します。
  5. 「変更内容を公開」をクリックします。

注 :カスタムプロフィールフィールドは、OrG 内のすべてのワークスペースに表示されます。

注 :フィールドを作成または編集する際に「Show up in Search(検索に表示)」を選択すると、プロフィールフィールドを Slack で検索可能に設定できます。

 

プロフィールフィールドを管理する

フリー、プロ、ビジネスプラスプラン

Enterprise Grid プラン

ワークスペースのオーナーと管理者は、カスタムプロフィールフィールドの「ラベル」「プレースホルダテキスト」、および「データソース」を編集できます。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. 「設定とその他管理項目」を選択し、その後「ワークスペースの設定」をクリックします。
  3. ページ上部の「メニュー」をクリックし、左サイドバーの「プロフィール」を選択します。
  4. プロフィールフィールドまたはセクションの表示 / 非表示の切り替えや編集を行うには、トグルボタンをクリックするか、「編集」をクリックします。
  5. プロフィールフィールドを削除するには、「削除」をクリックします。
  6. 変更を保存するには、「変更内容を公開」をクリックします。    

OrG のオーナーと管理者は、カスタムプロフィールフィールドの「ラベル」「プレースホルダテキスト」、および「データソース」を編集できます。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. 「設定とその他管理項目」を選択し、「オーガナイゼーションの設定」をクリックします。
  3. 左サイドバーの「Atlas」をクリックします。
  4. プロフィールフィールドまたはセクションを変更するには、トグルボタンをクリックするか、「編集」をクリックします。
  5. プロフィールフィールドを削除するには、「削除」をクリックします。
  6. 変更を保存するには、「変更内容を公開」をクリックします。    

Tip : チームのメンバーが使いやすいように、IDP から Slack に送信されたプロフィールフィールドのラベルを変更できます。

誰がこの機能を利用できますか?
  • ワークスペースのオーナー / 管理者(フリー、プロ、ビジネスプラス)OrG オーナー / 管理者(Enterprise Grid)
  • すべてのプランで利用できます

Slack のプロフィールを活用すれば、仕事がもっとしやすくなります。プロフィールに自分のタイムゾーンや担当業務のような便利な情報を載せておくと、メンバー同士で簡単に確認できます。カスタムプロフィール機能を利用して、目的に合わせて新しいプロフィールフィールドを作成できます。これにより、勤務地、勤務開始日、ソーシャルメディア情報など、もっと詳しい情報がメンバー間でシェアできるようになります。

Tip : SCIM プロビジョニングによってメンバーを管理している場合、ご利用の ID プロバイダ(IDP)の情報を Slack のプロフィールフィールドに自動的に同期して、プロフィール情報を最新の状態に保つことができます。

 

カスタムプロフィールフィールドを追加する

フリー、プロ、ビジネスプラスプラン

Enterprise Grid プラン

ワークスペースのオーナーと管理者は、オーガナイゼーションの全メンバーのカスタムプロフィールフィールドを追加できます。

  1. デスクトップのサイドバーにあるワークスペース名をクリックします。
  2. 「ツールと設定」にマウスポインターを重ねてから、「ワークスペースの設定」をクリックします。
  3. ページ上部の「メニュー」をクリックし、左サイドバーの「プロフィール」を選択します。
  4. セクションの下部にある「メンバーを追加する」または「データエレメントを追加する」をクリックし、表示されるメッセージに従って「ラベル」「プレースホルダテキスト」、およびその他のフィールドタイプオプションを設定します。
  5. 「変更内容を公開」をクリックします。

OrG オーナーと OrG 管理者は、オーガナイゼーションの全メンバーのカスタムプロフィールフィールドを追加できます。

  1. デスクトップのサイドバーにあるオーガナイゼーション名をクリックします。
  2. 「ツールと設定」にマウスポインターを重ねてから、「オーガナイゼーションの設定」をクリックします。
  3. 左サイドバーの「Atlas」をクリックします。
  4. セクションの下部にある「メンバーを追加する」または「データエレメントを追加する」をクリックし、表示されるメッセージに従って「ラベル」「プレースホルダテキスト」、およびその他のフィールドタイプオプションを設定します。
  5. 「変更内容を公開」をクリックします。

注 :カスタムプロフィールフィールドは、OrG 内のすべてのワークスペースに表示されます。

注 :フィールドを作成または編集する際に「Show up in Search(検索に表示)」を選択すると、プロフィールフィールドを Slack で検索可能に設定できます。

 

プロフィールフィールドを管理する

フリー、プロ、ビジネスプラスプラン

Enterprise Grid プラン

ワークスペースのオーナーと管理者は、カスタムプロフィールフィールドの「ラベル」「プレースホルダテキスト」、および「データソース」を編集できます。

  1. デスクトップのサイドバーにあるワークスペース名をクリックします。
  2. 「ツールと設定」にマウスポインターを重ねてから、「ワークスペースの設定」をクリックします。
  3. ページ上部の「メニュー」をクリックし、左サイドバーの「プロフィール」を選択します。
  4. プロフィールフィールドまたはセクションの表示 / 非表示の切り替えや編集を行うには、トグルボタンをクリックするか、「編集」をクリックします。
  5. プロフィールフィールドを削除するには、「削除」をクリックします。
  6. 変更を保存するには、「変更内容を公開」をクリックします。    

OrG のオーナーと管理者は、カスタムプロフィールフィールドの「ラベル」「プレースホルダテキスト」、および「データソース」を編集できます。

  1. デスクトップのサイドバーにあるオーガナイゼーション名をクリックします。
  2. 「ツールと設定」にマウスポインターを重ねてから、「オーガナイゼーションの設定」をクリックします。
  3. 左サイドバーの「Atlas」をクリックします。
  4. プロフィールフィールドまたはセクションを変更するには、トグルボタンをクリックするか、「編集」をクリックします。
  5. プロフィールフィールドを削除するには、「削除」をクリックします。
  6. 変更を保存するには、「変更内容を公開」をクリックします。    

Tip : チームのメンバーが使いやすいように、IDP から Slack に送信されたプロフィールフィールドのラベルを変更できます。

誰がこの機能を利用できますか?
  • ワークスペースのオーナー / 管理者(フリー、プロ、ビジネスプラス)OrG オーナー / 管理者(Enterprise Grid)
  • すべてのプランで利用できます