Slack コール : 基本

Slack コールを使用すると、ワークスペースのどのメンバーにも音声通話やビデオ通話で連絡できます。以下では、Slack の通話機能と対応デバイス・アプリをご紹介します。


機能と仕様

Slack があれば、チームメンバーと連絡を取り合って情報を共有するなんてことは、お茶の子さいさいです。音声通話をかけ、ビデオでつながり、画面を共有して、もっとコミュニケーションを深めましょう! 

機能 説明 仕様
音声通話 チームのメンバーと Slack で通話する 16 kHz
ビデオ通話  Slack で通話またはビデオ会議をする

1280x760
15 フレーム / 秒

画面共有 他の参加者に画面を見せ、必要に応じて書き込みをしてもらいます。 1280x720
3 フレーム / 秒

注意 :  Slack コールの一部の機能は、有料プランのワークスペースでのみ利用できます。これには、グループ通話(音声とビデオ)、画面共有、 (電話アイコン)での複数のアプリの切り替えが含まれます。


対応デバイス

音声通話をかける必要がありますか? それともチームメートと画面を共有しますか?以下の表で、音声、ビデオ、画面共有に対応しているデバイスを確認できます。

  Mac Windows Linux Chrome iOS Android
音声通話  ✓  ✓  ✓  ✓  ✓  ✓
ビデオ通話  ✓  ✓  ✓    

画面の共有 :
プレゼント

 ✓  ✓  ✓  ✓    

画面の共有 :
draw

✓  ✓         

注意 : Slack コールに対応しているブラウザは、Google Chrome のみです。

注意 : Slack コールはバーチャルマシンでは正式にサポートされていません。機能のパフォーマンスと可用性は環境により異なる場合があります。


通話のいろいろな機能

音声通話、ビデオ通話、画面共有関連の全操作のキーです。

デスクトップ

iOS

Android

通話ウィンドウ内から、以下のビルトイン機能を確認できます :

アクション アイコン
チームメンバーを通話に追加する / チャンネルで通話を共有する
マイクをミュートまたはミュートを解除する 
ビデオ通話のON/OFF
画面共有のON/OFF
自分の画面へ書き込む
他のメンバーによる画面への書き込みを許可する  
通話設定(通話名や音声・ビデオの設定)  
絵文字リアクションを送る
通話を終了する

 

以下のショートカットキーを使うことも可能です :

アクション キー
ミュートの ON/OFF
(ミュート時に話すには長押しする)
M
ビデオの ON/OFF V
招待されているメンバーリストを表示 +  または  A
絵文字リアクションの表示・選択 E  > 1 - 9
画面への書き込み中にペンの色を変える (Mac)
Ctrl (Windows/Linux)
📞  通話を開始する
チャンネルまたはダイレクトメッセージの名前をタップして、会話の設定を開き、 (「通話を開始する」)を選択します
☎️  通話を終了する
赤い「終了」ボタンをタップします。
🙋  通話に応答する
ポップアップ通知、または着信している会話の通話メッセージで「応答する」タップします
🙅  通話を拒否する
ポップアップ通知「拒否する」タップして通話を拒否します。
📞  通話を開始する
チャンネルまたはダイレクトメッセージの名前をタップして会話の設定を開き、「通話を開始する」選択します
☎️  通話を終了する
赤い「終了」ボタンをタップします。
🙋  通話に応答する
ダイレクトメッセージでの通話の着信に応答するには、緑の  (電話アイコン) をタップします。通話が行われているチャンネルに参加する場合は、「この通話に参加する」をタップします。
🙅  通話を拒否する
通話を拒否する場合は、「拒否する」をタップします


さて次は?

基本をおさえたので、準備は万端です。Slack コールの詳細については、以下のリンクにアクセスしてください。

📞  Slack で通話する
音声通話とビデオ通話の詳細をご覧ください。

🖥  画面を Slack で共有しよう
通話の始め方と画面の共有方法を習得しましょう。

⚙️  ワークスペースの通話設定をカスタマイズする
オーナーまたは管理者の方は、ワークスペースまたは Enterprise Grid OrG の通話設定のカスタマイズ方法をご確認ください。

🛠  Slack コールのトラブルシューティング
接続、音声、ビデオのトラブルはありませんか?トラブルシューティングの方法を身につけましょう。

🚓  Slack の音声通話とビデオ通話のセキュリティ
私たちにとってプライバシーとセキュリティは重要です — 必要な詳細をお読みください。