Slack コールに関する更新情報

Slack コールでできることはすべて、ハドルミーティングでできるようになりました。オーガナイゼーションで Slack の 1 つのツールを使ってリアルタイムの会話ができるよう、音声、ビデオ、画面共有の機能がすべてハドルミーティングに統合されました。 

知っておくべきこと
  • Slack コールは 2023 年 3 月 29 日まで利用できます。 
  • 3 月 30 日以降は、音声とビデオによるリアルタイムの会話はすべてハドルミーティングで行われます。 
  • サードパーティ製のアプリによる通話に変更はなく、Slack で使用する通話アプリのサポートは継続されます。 
管理者向けの注意事項
  • ワークスペースのメンバーが通話しようとすると、ハドルミーティングへの切り替えについての情報が製品内のバナーに表示されます。
  • 3 月 30 日より前に Slack コールをオフにして、ツール管理を簡素化し、オーガナイゼーションでのハドルミーティングの使用を促すことができます。

注 :ハドルミーティングへの移行中は、通話の問題に対するトラブルシューティングサポートが制限されます。


よくある質問(FAQ)

ハドルミーティングを使えるのは誰ですか?

フリープランでは、ハドルミーティングには最大 2 人まで参加できます。有料プランでは、ハドルミーティングには最大 50 人まで参加でき、会話に参加している人は誰でも、始まったハドルミーティングに参加できます。

 

ハドルミーティングとコールはどのように違うのですか?

ハドルミーティングを使うと気軽にリアルタイムでコラボレーションでき、会話はコール対象にしたメンバーだけに限定されません。ハドルミーティングはコールより速く、簡単で、気軽に行うことができ、メンバーは好きなときに参加したり退出したりできます。

 

ハドルミーティングではコールと同じ機能がすべて使用できますか?

ハドルミーティングでは、Slack コールで利用可能なすべての機能のほか、追加の機能が提供されています。ビデオ、複数人での画面共有、専用のメッセージスレッド、絵文字リアクション、ステッカー、エフェクトなどを利用できます。コールとハドルミーティングの機能の比較を以下に示します。

機能 電話 ハドルミーティング
動画 はい はい*
画面共有 はい(画面を共有できるのは一度に 1 人だけです) はい(同時に 2 人が画面を共有できます)*
共有画面での書き込み はい はい*
メッセージのスレッド、リンク、ファイル いいえ はい*
絵文字リアクション、アニメーションエフェクト、ステッカー 絵文字リアクション 絵文字リアクション、エフェクト、ステッカー*
ライブ字幕 はい はい
通知 はい(コールではすべての通話対象に通知します) はい(DM の場合。チャンネルでは、現在行われているハドルミーティングに招待されている場合のみ通知されます)*

*2022 年 9 月にハドルミーティングに追加された新機能


これから 2023 年 3 月までの間、コールを利用するとどのようになりますか?

新しいハドルミーティングの機能を利用できるようになってから数週間後、コールを使おうとしたときに、ハドルミーティングを試してみるよう促す通知が Slack に表示されます。Slack コールは 3 月 29 日まで使用できますが、3 月 30 日以降は完全に使用できなくなります。


今後もサードパーティ製のアプリを使って通話することはできますか?

はい。サードパーティ製の通話アプリのエクスペリエンスに変更はなく、Slack と統合したアプリのサポートは継続されます。

 

どこでハドルミーティングについてもっと詳しく知ることができますか?

ハドルミーティングの機能や、その機能を使ってチームメンバーと隣り合って仕事を進める方法について詳しくは、ヘルプセンターを参照してください。