コラボレーターとしてワークフローを管理する

この機能を使えるのは誰?
  • ワークフローを作成する権限またはコラボレーターとして管理する権限をもつメンバー全員
  • スタンダードプラスEnterprise Grid の各プラン

ワークフローを作成したりコラボレーターとして追加された場合は、ワークフローの編集、削除、公開の停止、および他のコラボレーターの管理を行う方法を学びましょう。 


ワークフローを編集する

ステップを変更または削除する

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「ワークフロービルダー」を選択します。
  3. 画面上部の「自分のワークフロー」タブをクリックします。
  4. 修正したいワークフローの横にある  (3 つのドットアイコン) をクリックします。続けて、「編集」を選択します。
  5. ワークフローのトリガーまたはステップの横にある 「編集」をクリックし、変更を加えて 「保存」をクリックします。 
  6. ワークフローが公開されている場合には、右上の 「変更内容を公開」をクリックします。

注意 : 現時点ではワークフローの起動方法を変更することはできませんが、ワークフローが起動されるチャンネルを変更することはできます。

ワークフローのタイトルやアイコンを更新する

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「ワークフロービルダー」を選択します。
  3. 画面上部の「自分のワークフロー」タブをクリックします。
  4. 変更したいワークフローの横にある  (3 つのドットアイコン) をクリックし、「編集」を選択します。
  5. 「設定」 タブをクリックします。
  6. 変更したい設定の横の「編集」をクリックします。 
  7. 変更を加えて「保存」をクリックします。


ワークフローのフォームデータをダウンロードする

ワークフローにフォームが含まれる場合、Slack 外からフォームデータを活用する方がよいかもしれません。その場合は、CSV ファイル形式で任意のワークフローフォームのデータをダウンロードすることができます。 

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから 「ワークフロービルダー」を選択します。 
  3. 画面上部の「自分のワークフロー」タブをクリックします。
  4. ダウンロードしたいデータフォームの横にある  (3 つのドットアイコン) をクリックし、「フォームデータをダウンロードする」を選択します。 
  5. 複数のフォームがワークフローに含まれる場合、ドロップダウンメニューから一つを選びます。次に、 「フォームデータをダウンロードする」をクリックします。
  6. ダウンロードの準備が整うと、Slackbot からファイルへのリンク付きダイレクトメッセージが届きます。

注意 :メニューでフォームデータをダウンロードするオプションが表示されない場合、この機能へのアクセスが無効になっている可能性があるため、ワークスペースのオーナーや管理者に問い合わせてください。


ワークフローファイルをダウンロードする

ワークフローをダウンロードして、JSON ファイルとしてコンピューターに保存します。ワークフローファイルをダウンロードしたら、ワークフロービルダーにインポートして新しいワークフローを自動作成することができます。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「ワークフロービルダー」を選択します。
  3. 画面上部の「自分のワークフロー」タブをクリックします。
  4. ダウンロードしたいワークフローの横にある  (3 つのドットアイコン) をクリックします。続けて、「ワークフローファイルをダウンロードする」を選択します。
  5. 「保存」をクリックします。

 

コラボレーターを管理する

チームメンバーが他部署に異動したり別のプロジェクトに参加するようになった場合には、ワークフローでの共同作業が不要になることもあります。ワークフローのコラボレーターは、自分自身や他のコラボレーターの追加や削除ができます。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「ワークフロービルダー」を選択します。
  3. 画面上部の「自分のワークフロー」タブをクリックします。
  4. ワークフローの横にある  (3 つのドットアイコン) をクリックします。続けて、「編集」を選択します。
  5. 「設定」 タブをクリックします。
  6. コラボレーターの横にある「管理」を選択します。
  7. ドロップダウンメニューを開き、他のメンバーの名前をクリックして、コラボレーターとして追加します。コラボレーターを削除するには、ドロップダウンメニュー下のリストでその人の名前の横にある「削除」をクリックします。

Tip : 誤って自分自身をコラボレーターから削除してしまった場合は、別のコラボレーターに追加し直すよう依頼してください。

 

ワークフローの公開を停止またはワークフローを削除する

ワークフローの公開を停止する

ワークフローの公開を停止すると、メンバーがチャンネルでワークフローにアクセスできなくなります。コラボレーター (あなた自身および他のコラボレーターいずれも) は、公開が停止されたワークフローを確認または更新して、メンバーが再び使用できるように再公開することができます。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「ワークフロービルダー」を選択します。
  3. 画面上部の「自分のワークフロー」タブをクリックします。
  4. 公開を停止したいワークフローの横にある  (3 つのドットアイコン) をクリックし、「編集」をクリックします。
  5. 「公開を停止」を選択します。


ワークフローを削除する

ワークフローを削除すると、現在実行中のワークフローが停止し、メンバーはそのワークフローを起動できなくなります。ワークフローはいったん削除すると復元できません。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「ワークフロービルダー」を選択します。
  3. 画面上部の「自分のワークフロー」タブをクリックします。
  4. 削除したいワークフローの横にある  (3 つのドットアイコン) をクリックし、「編集」をクリックします。
  5. 「削除」を選択し、再び「削除」をクリックします。
この機能を使えるのは誰?
  • ワークフローを作成する権限またはコラボレーターとして管理する権限をもつメンバー全員
  • スタンダードプラスEnterprise Grid の各プラン

ワークフローを作成したりコラボレーターとして追加された場合は、ワークフローの編集、削除、公開の停止、および他のコラボレーターの管理を行う方法を学びましょう。 


ワークフローを編集する

ステップを変更または削除する

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「ツール」を選択して、「ワークフロービルダー」をクリックします。
  3. 画面上部の「自分のワークフロー」タブをクリックします。
  4. 修正したいワークフローの横にある  (3 つのドットアイコン) をクリックします。続けて、「編集」を選択します。
  5. ワークフローのトリガーまたはステップの横にある 「編集」をクリックし、変更を加えて 「保存」をクリックします。 
  6. ワークフローが公開されている場合には、右上の 「変更内容を公開」をクリックします。

注意 :  現時点ではワークフローの起動方法を変更することはできませんが、ワークフローが起動されるチャンネルを変更することはできます。

ワークフローのタイトルやアイコンを更新する

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「ツール」を選択して、「ワークフロービルダー」をクリックします。
  3. 画面上部の「自分のワークフロー」タブをクリックします。
  4. 変更したいワークフローの横にある (3 つのドットアイコン) をクリックし、「編集」を選択します。
  5. 設定 タブをクリックします。
  6. 変更したい設定の横の「編集」をクリックします。 
  7. 変更を加えて「保存」をクリックします。


ワークフローのフォームデータをダウンロードする

ワークフローにフォームが含まれる場合、Slack 外からフォームデータを活用する方がよいかもしれません。その場合は、CSV ファイル形式で任意のワークフローフォームのデータをダウンロードすることができます。 

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「ツール」を選択して、「ワークフロービルダー」をクリックします。 
  3. 画面上部の「自分のワークフロー」タブをクリックします。
  4. データフォームをダウンロードしたいワークフローの横にある (3 つのドットアイコン) をクリックし、「フォームデータをダウンロードする」を選択します。 
  5. 複数のフォームがワークフローに含まれる場合、ドロップダウンメニューから一つを選びます。次に、「フォームデータをダウンロードする」をクリックします。 
  6. ダウンロードの準備が整うと、Slackbot からファイルへのリンク付きダイレクトメッセージが届きます。

注意 : フォームデータをダウンロードするオプションがメニューに表示されない場合、この機能へのアクセスが無効になっている可能性があるため、ワークスペースのオーナーや管理者に問い合わせてください。


ワークフローファイルをダウンロードする

ワークフローをダウンロードして、JSON ファイルとしてコンピューターに保存します。ワークフローファイルをダウンロードしたら、ワークフロービルダーにインポートして新しいワークフローを自動作成することができます。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「ツール」を選択して、「ワークフロービルダー」をクリックします。
  3. 画面上部の「自分のワークフロー」タブをクリックします。
  4. ダウンロードしたいワークフローの横にある  (3 つのドットアイコン) をクリックします。続けて、「ワークフローファイルをダウンロードする」を選択します。
  5.  Save  をクリックして設定を保存します。

 

コラボレーターを管理する

チームメンバーが他部署に異動したり別のプロジェクトに参加するようになった場合には、ワークフローでの共同作業が不要になることもあります。ワークフローのコラボレーターは、自分自身や他のコラボレーターの追加や削除ができます。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「ツール」を選択して、「ワークフロービルダー」をクリックします。
  3. 画面上部の「自分のワークフロー」タブをクリックします。
  4. ワークフローの横にある  (3 つのドットアイコン) をクリックします。続けて、「編集」を選択します。
  5. 設定 タブをクリックします。
  6. コラボレーターの横にある「管理」を選択します。
  7. ドロップダウンメニューを開き、他のメンバーの名前をクリックして、コラボレーターとして追加します。コラボレーターを削除するには、ドロップダウンメニュー下のリストでその人の名前の横にある「削除」をクリックします。

Tip :  誤って自分自身をコラボレーターから削除してしまった場合は、別のコラボレーターに追加し直すよう依頼してください。

 

ワークフローの公開を停止またはワークフローを削除する

ワークフローの公開を停止する

ワークフローの公開を停止すると、メンバーがチャンネルでワークフローにアクセスできなくなります。コラボレーター (あなた自身および他のコラボレーターいずれも) は、公開が停止されたワークフローを確認または更新して、メンバーが再び使用できるように再公開することができます。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「ツール」を選択して、「ワークフロービルダー」をクリックします。
  3. 画面上部の「自分のワークフロー」タブをクリックします。
  4. 公開を停止したいワークフローの横にある  (3 つのドットアイコン) をクリックし、「編集」をクリックします。
  5. 「公開を停止」を選択します。


ワークフローを削除する

ワークフローを削除すると、現在実行中のワークフローが停止し、メンバーはそのワークフローを起動できなくなります。ワークフローはいったん削除すると復元できません。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「ツール」を選択して、「ワークフロービルダー」をクリックします。
  3. 画面上部の「自分のワークフロー」タブをクリックします。
  4. 削除したいワークフローの横にある  (3 つのドットアイコン) をクリックし、「編集」をクリックします。
  5. 「削除」を選択し、再び「削除」をクリックします。