インドで発行されたクレジットカードでの自動決済を再開する

インド準備銀行(RBI)の新しい要件により、Slack ではインドの銀行が発行するクレジットカードへの自動請求の継続を許可していただくことが必要になりました。RBI では、この許可を与えることを、カードに対する電子委任状の登録と呼んでいます。電子委任状を登録するため、お支払い情報の再入力が必要になります。また、これにより支払い通貨が INR に更新されます。

お支払い情報の再入力

お支払い情報の詳細を再入力することで、Slack への自動支払いが継続されます。今後、クレジットカードへの請求は INR で行われます。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定とその他管理項目」を選択します。
  3. 「その他管理項目」「料金・お支払い」をクリックします。 
  4. 「お支払い方法」をクリックします。
  5. クレジットカードの情報を入力し、「カードの追加」をクリックします。

注 : 利用銀行によっては、「カードの追加」をクリックした後に追加認証が必要になります。


よくある質問(FAQ)

RBI の新たな要件はどのようなものですか?

RBI による新たな指示では、インドで発行されたクレジットカードを使用して顧客不在の状況で定期的な請求を自動的に処理する場合、電子委任状を登録するよう規定されています。 

クレジットカード情報はすでに登録してあります。なぜ再入力が必要なのですか?

使用を希望するクレジットカードの情報を再入力することで、カードに対する電子委任状の登録、支払い通貨の INR への切り替え、既定のカードの確認を一度に済ませることができます。これにより規制要件を遵守しながら自動支払いを再開できます。

インド以外で発行されたクレジットカードでの支払いに切り替えることはできますか?

はい。既定のクレジットカードをインド以外で発行されたクレジットカードに変更して自動支払いを再開できます。

インド発行の複数のクレジットカードに対して電子委任状を登録することはできますか?

はい。インド発行のどのカードでも、自動支払いに使用するカードの情報を入力(または再入力)できます。

支払い通貨を USD から INR に変更した場合、料金にはどのような違いがありますか? 

Slack のプロプランとビジネスプラスプランについて、アクティブユーザー 1 人あたりの INR と USD での料金を下表に示します(月払いと年払い)。 

アクティブユーザー 1 人あたりの料金(INR)

  プロ ビジネスプラス
毎月  ₹ 600 INR / 月 ₹ 1,125 INR / 月
年間 ₹ 6,000 INR / 年
(₹ 500 INR / 月)
₹ 11,250 INR / 年
(₹ 937.50 INR / 月)

 

アクティブユーザー 1 人あたりの料金(USD)

  プロ ビジネスプラス
毎月

$8 USD / 月

$15 USD / 月

年間 

$ 80 USD / 年
($6.67 USD / 月)

$ 150 USD / 年
($12.50 USD / 月)

注 :インド国内のセルフサービスチームについては、定価の 60% 割引が継続されます。

誰がこの機能を利用できますか?
  • ワークスペースのオーナーまたはワークスペースをアップグレードしたメンバー
  • プロプランとビジネスプラスプラン