チャンネルをアーカイブする

チャンネルをアーカイブすると、Slack ワークスペース画面のアクティブなチャンネルのリストから削除されます。そのチャンネルに新しくメッセージを投稿することはできなくなりますが、履歴はこれまで同様閲覧したり検索したりすることが可能です。ワークスペースのオーナーは、メンバーに対するチャンネルをアーカイブする権限を制限できます。このオプションが見当たらない場合は、オーナーに問い合わせてください。 

Tip : チャンネルを削除する方法は、チャンネルを削除するを参照してください。

設定による影響

  • サイドバーにあるチャンネル名の横に  (「アーカイブ」アイコン) が表示されるようになります。 
  • チャンネルがアーカイブされたことを知らせるダイレクトメッセージが Slackbot からメンバー全員に送信されます。
  • アーカイブされたチャンネルのメッセージは引き続き検索結果に表示されるので、メンバーは Slack での会話の履歴をこれまで同様閲覧できます。 
  • メンバーはアーカイブされたチャンネルから削除されます (パブリックチャンネルのみ)。
  • このチャンネルに接続されたアプリは無効になります。
  • 共有チャンネルをアーカイブするには、まずチャンネルの共有を停止する必要があります。

Tip : プラスプランと Enterprise Grid プランでは、権限を持つオーナーおよび管理者がチャンネル管理ツールでチャンネルをアーカイブできます。


チャンネルをアーカイブする

デスクトップ

iOS

Android

  1. チャンネルの右上の (詳細アイコン)をクリックします。
  2. 「その他」をクリックし、「その他のオプション」を選択します。
  3. 「このチャンネルをアーカイブする」をクリックして、チャンネルをアーカイブします。
  4. 「はい、アーカイブします」をクリックして確定します。
  1. チャンネルの右上の  「詳細」をタップします。
  2.  「その他のオプション」をタップします。
  3. 「チャンネルをアーカイブ」をタップします。
  4. 「アーカイブ」をタップして確定します。
  1. チャンネルの右上の  「詳細」をタップします。
  2. 「アーカイブ」をタップします。
  3. 「アーカイブ」をタップして確定します。

注意 : #general チャンネルをアーカイブすることはできません。


チャンネルを復元させる

アーカイブしたチャンネルは、気が変わった場合はデスクトップアプリまたはブラウザから復元できます。メンバーはアーカイブされたパブリックチャンネルから削除されますが、アーカイブする対象がプライベートチャンネルの場合には、チャンネルが復元された際にメンバーは保持されます。 

  1. デスクトップから、左のサイドバーの上部にある (チャンネルブラウザ)をクリックします。このオプションが見当たらない場合、 「その他」をクリックすると見つけることができます。
  2. チャンネルを検索して選択するか、 「フィルター」をクリックして「チャンネルタイプ」のドロップダウンメニューから「アーカイブしたチャンネル」を選択します。
  3. リストからチャンネルを選択します。
  4. 右上の (詳細アイコン)をクリックします。
  5.  「復元する」をクリックします。

注意 : アーカイブされたチャンネルやアクティブなチャンネルですでに使われているチャンネル名を別のチャンネルにつけることはできません。アーカイブされたチャンネル名をもう一度使いたい場合には、そのチャンネルを復元し、チャンネル名を変更する必要があります。

この機能を使えるのは誰?
  • デフォルトの設定では、ゲスト以外のメンバーなら誰でもこの機能を使えます
  • フリースタンダードプラスEnterprise Grid の各プラン