スタンダードまたはプラスプランで共有チャンネルを管理する

スタンダードプランプラスプランでは、デフォルトの設定ではワークスペースのオーナー管理者のみが共有チャンネルを管理できます。また、オーナーと管理者は以下の操作を行えるよう、共有チャンネルの管理権限を他のメンバーに付与することもできます。

Tip : Enterprise Grid オーガナイゼーションのワークスペースで共有チャンネルを管理する方法をチェックしてみましょう。


共有チャンネルの管理に必要な権限を設定する

ワークスペースのオーナーと管理者のみが、共有チャンネルの管理権限を付与するメンバーを決めることができます。権限の付与は次の手順で行います。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「その他管理項目」>「ワークスペースの設定」をクリックします。
  3. Permissions (権限) のタブをクリックします。
  4. 「共有チャンネルのリクエスト」 の横にある「開く」をクリックします。
  5. 「共有チャンネルの作成と承認ができるメンバーは?」から、ワークスペースで共有チャンネルを管理できるメンバーを選びます。
  6. Save (保存) をクリックして終了です。

 

共有チャンネルの管理

ワークスペースのオーナー、管理者と共有チャンネルの管理権限を持つメンバーが以下の操作を行えます。

すべての共有チャンネルを表示する

ワークスペース内の共有チャンネルや共有先の外部の組織をすべて表示するには、以下の手順に従います。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから 「その他管理項目」 を選択します。
  3. 「共有チャンネルを管理する」をクリックします。
  4. 左側の「オーガナイゼーション」タブから、ワークスペースの共有チャンネルとその共有先の組織の一覧を確認します。

注意 : コンテンツを非公開に保つため、プライベート共有チャンネルの名前は表示されませんが、ワークスペースの共有チャンネルをすべて表示すればこうしたチャンネルが存在することはわかります。


共有チャンネルリクエストを管理する

ワークスペースのオーナー、ワークスペースの管理者、さらに共有チャンネルの管理権限を持つメンバーは、次の手順でリクエストを承諾または拒否できます。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「その他管理項目」 を選択します。
  3. 「共有チャンネルを管理する」 をクリックします。
  4. 左側にある「承諾待ちのリクエスト」 タブを選択します。
  5. チャンネル名の横にある「承認する」または「拒否する」を選択します。

注意 : 両ワークスペースのオーナーと管理者にも承認のリクエストが Slackbot からのダイレクトメッセージ (DM) で送信されます。

チャンネルの共有を停止する

共有チャンネルの共有を解除するには以下の2つの方法があります。

詳細は他の組織とのチャンネルの共有を停止するを参照してください。 

誰がこの機能を使用することができますか?
  • ワークスペースの オーナー 管理者  (デフォルト)
  • スタンダードプランプラスプラン