新着情報

2022 年を振り返って

この 1 年間のリリースから、チームの仕事の効率に役立つものを簡単にまとめてみました。

自分で選んだ場所、時間、形態で働くための新しい方法

名前の発音を知らせる

名前の発音を録音するか、プロフィールにふりがなを記載して、チームメンバーが初対面でも名前を間違えないようにできます。

会話を広げる

同僚やパートナーを既存の会話に追加することで、DM をメッセージ履歴のあるグループディスカッションに切り替えることができます。

効率的なサイドバーで、必要なものに集中する

気を散らすものを減らすことで効率を大幅に向上できます。また、より多くのツールでサイドバーを整理・カスタマイズできます。

新しいアクセシビリティオプションで操作性がアップ

新しいキーボードとスクリーンリーダーツールで Slack での業務の速度と確実性が向上し、もっと簡単に使いこなせます。

必要なものすべてに iPad でアクセス

新しい iPad アプリはデスクトップ版やモバイル版と同じように使え、外出先やソファーの上でもさらに多くの作業を完了でき、もっと柔軟に対応できます。

Slack Atlas で同僚ともっと親しく

充実したユーザープロフィールから同僚についての理解を深めれば、良好な人間関係を築き、協力して仕事を進めるのに役立ちます。

すべての送信メッセージを参照

最近送信したメッセージと作成中の下書きを参照して、続きにすばやく取りかかれます。

最近リリースされた管理者ツールでワークスペースのセキュリティを強化

パートナーと連携する時のデータ損失を防止

新しいツールによって、Slack コネクトでの会話のセキュリティをさらに強化できます。Slack の中でカスタムルールを作成して、社内向けの情報がパートナーと共有されるのを防止できます。

チャンネルマネージャーを割り当てる

選択したチャンネル内でユーザー権限を管理するための権限を、適切なチームメンバーに付与できます。

進化する驚異に対する防御

プロアクティブなセキュリティアラート、コード不要の監査ログ、希望する IDP とのインテグレーションによってワークスペースを保護できます。

大規模に Slack コネクトの招待を管理

チームからの Slack コネクトのリクエストが増えても、招待を一覧しながら承認、却下、調査を実行できます。