Enterprise Grid でのサービス利用規約のカスタマイズ

Enterprise Grid オーガナイゼーションの設計や構成、サイズは、それぞれユニークなものです。ルールもまた同じです。OrG オーナーと管理者は、Slack OrG に参加・利用する上でのルールとなるカスタムサービス利用規約 (TOS) の概略をつくることができます。

TOS の概要 

  • カスタム TOS の設定と変更ができるのは OrG オーナーと OrG 管理者のみです。
  • メンバーとゲストに対して、別の規約を設定することができます。
  • 新メンバーはアカウント作成時にこの新しい規約への同意が必要となりますが、既存のメンバーにも次回の Slack へのログイン時に同意を求めることができます。


カスタム TOS の設定

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. 「設定とその他管理項目」を選択して、「オーガナイゼーションの設定」をクリックします。
  3. 左側の  「設定」をクリックして、「オーガナイゼーションの設定」を選択します。
  4. 「カスタムサービス利用規約」のとなりの「有効にする」をクリックします。
  5. 「サービス利用規約」を入力します。 16,000 文字まで入力できます。
  6. ゲストにもメンバーと同じ TOS を適用するか、それともゲスト専用の規約を作成するかを選択します。
  7. 次へをクリックします。
  8. 既存のメンバーとゲストが次回 Slack へログインする際にカスタム利用規約への同意を必須とするかどうかを決めます。
  9. 「カスタムサービス利用規約を有効にする」をクリックして終了します。

Tip :  TOS はメンバーが初めて Enterprise Grid にサインインした際に表示されます。その後もメンバーが参照できるように、#general または全社向けアナウンスチャンネルに TOS のコピーへのリンクをピン留めすることをおすすめします。

誰がこの機能を利用できますか?
  • OrG オーナーOrG 管理者
  • Enterprise Grid プランで利用可能です。

Enterprise Grid オーガナイゼーションの設計や構成、サイズは、それぞれユニークなものです。ルールもまた同じです。OrG オーナーと管理者は、Slack OrG に参加・利用する上でのルールとなるカスタムサービス利用規約 (TOS) の概略をつくることができます。

TOS の概要 

  • カスタム TOS の設定と変更ができるのは OrG オーナーと OrG 管理者のみです。
  • メンバーとゲストに対して、別の規約を設定することができます。
  • 新メンバーはアカウント作成時にこの新しい規約への同意が必要となりますが、既存のメンバーにも次回の Slack へのログイン時に同意を求めることができます。


カスタム TOS の設定

  1. デスクトップのサイドバーにあるオーガナイゼーション名をクリックします。
  2. 「ツールと設定」にマウスポインターを重ねてから、「オーガナイゼーションの設定」をクリックします。
  3. 左側の  「設定」をクリックして、「オーガナイゼーションの設定」を選択します。
  4. 「カスタムサービス利用規約」のとなりの「有効にする」をクリックします。
  5. 「サービス利用規約」を入力します。 16,000 文字まで入力できます。
  6. ゲストにもメンバーと同じ TOS を適用するか、それともゲスト専用の規約を作成するかを選択します。
  7. 次へをクリックします。
  8. 既存のメンバーとゲストが次回 Slack へログインする際にカスタム利用規約への同意を必須とするかどうかを決めます。
  9. 「カスタムサービス利用規約を有効にする」をクリックして終了します。

Tip :  TOS はメンバーが初めて Enterprise Grid にサインインした際に表示されます。その後もメンバーが参照できるように、#general または全社向けアナウンスチャンネルに TOS のコピーへのリンクをピン留めすることをおすすめします。

誰がこの機能を利用できますか?
  • OrG オーナーOrG 管理者
  • Enterprise Grid プランで利用可能です。